第7回MMD杯 > 第7回からの変更点


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第7回MMD杯で「すごいかもしれないシステム」(以下単にSKSS、URL: http://charlieworks.com/skss/)が導入され登録エントリー制となりましたが、SKSSのシステム側判定との兼ね合いで第6回までのMMD杯への作品投稿と比較してレギュレーションがいろいろと変更されています。
以下にそれらを示しますので投稿時・投稿後のレギュレーションチェックにご利用下さい。
レギュレーションの詳細については大会概要をご参照下さい。

※具体的にはSKSSに登録していれば登録マイページから全て確認出来ます。

SKSSへの登録・キーコード貼付

第7回でSKSSが導入されたことに伴い、MMD杯への参加に際してはSKSSへの登録が必須 推奨 になりました。(2011年8月8日改訂)
SKSSに登録後、第7回MMD杯の各テーマへ参加することでキーコードが自動的に発行されますので、それを投稿動画の説明文へ貼付することでMMD杯参加動画として認証されます。
この認証・貼付作業は本選投稿終了締切から3時間後 (2011年8月22日 23時59分59秒 ) が期日です。

SKSS非登録・キーコード未発行で投稿・参加も出来ますが、その場合は以下の対処が適用されます。

SKSS非登録の参加者に対する運営対処

  • 非登録でも投稿作品はSKSSに登録されます(SKSSの該当動画ページで認証がされてないエラーメッセージが出ます)(2011年8月8日改訂)
  • SKSSの各種ランキングにも掲載され、参加作品と同等に扱われます。
  • レギュレーションに適合しないため、閉会式で公開される受賞動画の対象になりません(2011年8月8日改訂)
  • 運営側は非登録参加者の名前を人力チェックしないので、閉会式動画のエンドロールで参加者一覧クレジットには掲載されません。

以上の対処となりますが、投稿作品に対して、SKSSに登録されていないことを理由にした積極的な排除はしません

詳しくはSKSSトップページ(http://charlieworks.com/skss/を確認して下さい。

動画説明文中の必須文字列

第7回から大会Wiki・公式マイリスの案内文・URL表記がSKSSのシステムで判定され、SKSSで指定した日本語の文字列が違っていれば注意メッセージがSKSSのページに表示されますが、これはSKSS側の判定処理の変更が難しいためで、既知の不具合です(2011年8月8日改訂)

具体的には、

MMD杯公式⇒http://www31.atwiki.jp/mmdcup/ 公式マイリス⇒mylist/25854887 SKSS⇒http://charlieworks.com/skss/

の文字列で、大文字/小文字、余計な文言の挿入などがSKSSによる自動判定によって赤文字の注意文が表示されますが、上述の通り、実際のレギュレーションには影響を及ぼしません(2011年8月8日改訂)

SKSSで注意メッセージが出やすい例

以下に示すのは、SKSSによる自動判定の例です。必須変更事項ではありません(2011年8月8日改訂)

用例 理由
大会公式ページ:http://www31.atwiki.jp/mmdcup/ 「MMD杯公式⇒」の文字列を変更している
MMD杯公式はこちら⇒http://www31.atwiki.jp/mmdcup/ 間に余計な文言を挿入している
MMD杯公式:http://www31.atwiki.jp/mmdcup/ 「⇒」を「:」に変更している

タグロック

第7回からは従来の強制タグロックが廃止になりました。しかし視聴者の検索用として使用する際には有意であるため、タグを付けたりロックする行為は禁止ではありません。
また、廃止されたレギュレーションですので、以前までのようにタグロックしていないのでレギュレーション違反とはなりません。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。