※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

風土設定


特徴

  • FFのようなリアルで美しい3Dグラフィック。
  • 購入できる土地とできない土地がある。(⇒建設システムをご覧下さい)
  • 町も含め、フィールドは単純で平坦なものではなく、探検したくなるような入り組んだリアルなもの。
  • 高いところから落ちると、ダメージをくらう。高さによって減少値が変化。
  • 夜や洞窟などは暗いので、松明やランタンが活躍する。
  • 普通のMMOより夜が長いため、Pkerが動きやすい。
  • 季節によって、雰囲気が変わる。
ゲーム時間 リアル時間
1日 5 or7時間
1シーズン 4週間
1年 4ヶ月
一般的なMMOより、一日を長めにし、リアル感とドラマを演出する。

世界図

 3つの大陸と大陸周辺に島々が散らばる。3つの大陸は、北、南西、南東の位置にあり、それぞれが国にわかれている。
 大陸の内海に位置する《聖域》は、中央に空中遺跡が望む。

聖域
   空中遺跡を囲むように点在する島、空中遺跡を含むそれらは聖域と呼ばれる。
   6つの島にも遺跡があり、それらは空中遺跡の謎を解く手がかりであるとか、或は空中遺跡への道を開く扉であると言われている。
   《エルフの力》 に魅せられた者たちが、力を得ようとこの聖域を奪い合う争いが絶えない。

空中に浮かぶ、古代遺跡
   それは古代に君臨していた 《エルフ》 という種族の遺物。失われた力により構成されたもの。
   《エルフ》 は、現代より遥かに超越した力を持っていた……というのが通説だが、何もわかっていない。
   科学者は、こぞって失われた 《エルフの力》 を研究するが、まったく進歩がない。
   しかし、《異世界人》が現れ、地球の科学を取り入れるようになり、研究は新たな段階に入る。

瘴気地帯
   原因不明の瘴気により、生物が生きられない地帯。中には瘴気の影響で変質して生き残った生物もあるらしいが、この世界の者は立ち入れないのでよくわかっていない。
   なぜか、《異世界人》は瘴気の影響を受けず、この地帯でも生活できる。
   ただし、統治する者がいないために強奪や殺人が日常茶飯事の危険な無法地帯となっている。
   また、日々エリア拡大しているため、原住民の不安の元。