5スレ>>503-2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フライゴンの新たな一面を垣間見た数日後。
俺が朝食に行くと、フライゴンがそこにいないのに気付いた。

「おはようございます、マスター」
「ああ、おはようシャワーズ。…フライゴンはまだ来てないのか」
「みたいです…」
「…よし、じゃあちょっと様子を見てくる」
「お願いします」




「フライゴン、入るぞ?」

俺は部屋のドアをノックし、それから入った。
ベッドにうずくまっている姿を確認し…とりあえずその傍まで行く。

「ご、御主人様…」
「………」

フライゴンはメガネをかけていなかった。

「お前、メガネは?」
「な、ないから出られないんですよぅ…」

なるほど、そう言う事か。

「心当たりは?」
「わからないです…」

んー…どうしたものかな…

「とりあえず、朝飯くらいは運んできてやる。待ってろ」
「は、はぃ…」



     * * *

とりあえずシャワーズには簡単、かつ内密に事情を説明してから朝食を運んでもらい、俺はリビングを捜索し始めた。
…まぁ、ここにあればすぐ分かるのだが。

「…ん?」

ふと気付くと、ソファーテーブルの上にメガネが置いてある。フライゴンのではない。
そういえばフーディンが時々これをかけて本を読んでいたか。

「…ちょっと借りていくか」


     * * *

「マスター、ありましたか?」
「いや。…だが、気になるものを見つけた。
 フライゴン、これをかけてみろ」
「は、はぃぃ」

縁なしのメガネを手渡す。

「マスター、これ…フーディンのですよね?」
「ああ、借りてきた。見つかるまでこれで代用出来ればいいと思うんだが」

メガネなしの状態のフライゴンはドジなだけでなく、頭の回転も悪くなるらしい。
なので、とりあえずこれをかけさせて思い出させようと思ったわけだ。

「…どうだ、フライゴン」
「…ええ、頭は多少回りそうです」
「「…あれ?」」

なんか違うような…

「昨日の私はほとんどジムからでていませんので、メガネはジム内にあると思われます。
 ただ、昨日アルコールを多量に摂取していたため記憶に不備があり――んにゃ!?」
「要するに思い出せないんだな、ならいい」
「あ、あぅぅ…」

解説の途中でメガネを外した。
…こいつ、かけるものによって性格変わるのか?

「とにかく、代用品とメガネを並行して探してみる。
 シャワーズはフライゴンのフォローを頼む」
「わかりました」
「御主人様、いってらっしゃーい…」

…なんか気が抜ける…




     * * *


玄関の棚の上から調べる。
多分、どこかの机の上にでも放り出されているのだろうから、とりあえずは目立つところから…という魂胆だ。

「……マスク、か?」

なぜか置いてあった、白い竜か何かを模したマスク。
…目を隠せるなら、これでもいいだろう。なんとなく被らせてみたい気もするし。



「と言うわけで被れ」
「きゃー!」
「…マスター…何か目的が変わってる気がします…」

おお、ピッタリだ…って、フライゴンの様子が…

「強靭☆無敵☆最強ぉー!!」
「「ええええーっ!?」」

なんか叫びだした!?
シャワーズも壁際まで慌てて後退する。

「粉砕☆玉砕☆大・喝・采!!ワハハハハハハハハハハ……」

高笑いしてる…フライゴンが…高笑いしてる…!!
って、あのモーションは…!?

「ブルーアイズホワイトドラゴンの攻撃!滅びのバーストストリィーム!!」
「破壊光線を撃つなぁあぁぁぁーーーっ!!」



     * * *


「全く…酷い目にあったぜ…」

シャワーズが冷凍ビームで相殺してくれなければ、俺は死んでいたな…
とりあえずマスクを元の場所に帰す。

「…俺の部屋には…ないな」

そもそもあいつは昨日俺の部屋に来てないし。
…何か代わりになるものはないだろうか…。

「…ん?」

目を覆うための目隠しか…。使えるかもな。
なんで俺の部屋にあるのかって?…聞くなよ、それは。



「と言うわけで、こんなものを用意してみた」
「目隠しですか…何か、いろいろ間違ってる気もしますけど」

とりあえず目隠しを広げてフライゴンに迫る。

「さぁフライゴン、大人しくこれをつけろ」
「い、ぃゃぁ…こわい、です…御主人様…」
「…マスター、なんか犯罪者みたいですよ…」

「ええぃっ、問答無用!」
「あ~~れ~~!」

と言うわけで、半ば無理やりに目隠しをさせたわけだが…

「どうだ?」
「…ぉ?ぉぉ、行ける行ける!マスター、目隠しでもいけるっぽいで!」
「そうか…よかった…」

「…でもマスター、これはこれで外に出られない気がするんですけど」
「そうだな」

…そこまで考えてなかった…。
と、何やらフライゴンの様子がおかしい。

「おい、大丈夫か、フライゴン」
「な、なんか…変な気分って言うか…ウチ、興奮してきた…」
「「ぇ?」」

なにやらフライゴンの頬が上気している。
よろり、とベッドからはい出てきて…俺に手を伸ばしてきた。

「ま、マスタぁあ…」

ヤバイ。アレに捕まったらヤバイ。
俺の体は無意識に、左隣にあったものを身代わりにしてフライゴンの手につかませた。

「……ぇ?」
「………ぁ」

次の瞬間、シャワーズがフライゴンの馬鹿力でベッドに引きずり込まれる!

「マスタぁぁぁぁぁっ!?」
「…許せ、シャワーズ…たぶん、死ぬことはないだろうから」

目を閉じたまま、俺は出口へ向かう。
耳にシャワーズの悲鳴が届く。…何か別のニュアンスの声も混じってる気がしたが気のせいだ。うん。
ベッドの方をなるべく見ないようにして部屋を出て、俺は鍵をかけた。力の限り。



     * * *


なるべく時間をかけてメガネを探す。
と、俺の目には奇妙なものが止まった。メガネのような、ゴーグルのような…まぁ、オモチャだ。

「ウルト○アイ…か?」

…目を隠すという点ではこれも一緒だろう。
その後、小一時間ぐらい探し回ったが、メガネは見つからずじまいだった。



「あ、おかえりなさい、御主人様」

部屋に戻ると、フライゴンが迎えてくれた。シャワーズは…ベッドで倒れて荒い息をついている。
「お嫁に行けない…」などと呟いているようだが、お前既婚者だろ。というか俺のとこに嫁に来てるだろ。

「フライゴン、とりあえずこれ付けてみろ」
「え…はぃ、わかりましたぁ」

右の手でウ○トラアイを持ち…勢いよく顔に装着する!

「ジュワッ!…って、できるかーっ!!」

…ジョウト特有のノリツッコミは健在らしい。

「もぉ、御主人様…ふざけてないでどうにかしてくださいよぉ…」
「そうですよ、マスター…」

ぉ、シャワーズが復活した。

「とは言ってもなぁ…フライゴンが思い出してくれないと、ジム内は結構広いんだぜ?」

文句を呟きながら、頭に手をやる。と…髪とは違う感触に気づいた。

「あ、そうだ。コイツを試してなかったな」

がちゃり、と。重量感のあるゴーグルを、額から外す。
シルフ社製多機能ゴーグルの試作型ワンオフモデル。俺が普段から愛用してる代物だ。

「じゃあフライゴン、これつけてみろ」
「あ、は、はぃ…重い…です」
「落とすなよ?」

少々不安定な手つきながらも、なんとかゴーグルを着け終わるフライゴン。

「…おぉ、行ける!行けるでマスター!」
「副作用もないか?」
「今のところないなあ。むしろ調子ええわ、50%増しってとこやな!」

…恐るべし、シルフ社製。

「で、どうだ、思い出せそうか」
「んーと…せやせや。ウチ、昨日はフーディンとお酒のんどって、そのまま寝てしもてん。
 フーディンが知ってるかもしれへんね」
「そうか…聞いてみるよ。行くぞ、シャワーズ」
「は、はい」




     * * *


「ああ、フライゴンの眼鏡かい?預かってるよ」
「ホントか!?」
「昨日フライゴンが部屋に戻るとき落としたらしくてね。
 返そうと思ってたんだけど姿が見えないから困ってたのさ」


…なるほどな。
フーディンからメガネを受け取る。シャワーズにそれを預け、俺はリビングに戻ることにした。


まだ昼前なのに…なんでこんなに疲れてるんだ、俺。
無性に眠くて仕方がない。ソファーでひと眠りするかな…

「……はぁ」

とりあえず、フライゴンのために今度ネックストラップでも買いに行こう。
俺はそう決意して、ソファーに横になり…意識を手放した。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。