5スレ>>522-1


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「あれ? 何してんのよ」
荷物の整理も佳境に入ったところで、ゴースに話しかけられた。

「何って…見ての通り引越し準備」
「はぁ!? ちょ、ちょっと待って、引っ越しって…!」


大学の寮に空き部屋ができたので、めでたく寮に入れる事になった。
そんなわけで引っ越す準備をしている。

…と伝えると、彼女はなぜか怒り出した。


「なんで私に教えてくれないのよ!?」

正直なところ、どう言い出したらいいか分からなかったのだが…

「君なら放っといても勝手についてくるでしょ?」

そう考えていたところも確かにあった。


「~~~……なによ! 絶対ついて行ってやらないんだから!」
「ふーん、そう」
「寂しくて泣いたって知らないんだからね!」
「誰が」
「アンタが!」
「ないない。一人暮らしをエンジョイさせていただきますとも」
「ッ…! ばかーーーーーーーーーーーっ!!」


出ていってしまった。
…ちょっと言い過ぎたかもしれない。
でもあの子の過剰反応はいつものことだし、別にいっか。


そう思ったあの日から引越しの日まで、一度もゴースの姿を見ることはなかった。



「はー…あそこまで怒ることかなぁ。」
ため息をつきながら荷物を開封していく。
「ちょっと心配だけど、ここまで来たらもうどうしようもないし…」
あまりの箱の多さに少しうんざりしてくる。
「…ま、日々を過ごしながらのんびり考えますか」
ゴースのことも、部屋の片付けも。


学校へ行って授業を受ける。
部屋に戻り、コンビニ弁当の夕飯。
予想していたほどの変化もない、平凡な日々。


…ただ違うのは、ゴースがいないことくらい。

学校へついてきてくれたり。
そうでないときは、帰ったとき「おかえり」と言ってくれたり。
授業中に教室内を飛び回って目障りなこともあるけど…いないとほんの少し寂しい。



そして数日が過ぎたころ。
いつものように授業を終え、部屋に戻ると…


綺麗に片付いた部屋、並べられた料理。
それに…

「アンタねぇ! いくら引越し直後だからって、もう少し部屋片付けなさいよ!」
「食事もずっとコンビニ弁当だったわね!? お金かかるし栄養偏るからダメ!」
「それでも私のマスターなの? しっかりしてよね!!」

うるさいけど、少し懐かしいゴースの小言。


結局ついてきてんじゃん、とか
色々してくれてありがとう、とか
言うことは色々思いついたけど。

とりあえず、

「ただいま」
「……おかえりっ」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。