5スレ>>525


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 よっ、唐突だが、オレはふつうによくいるロケット団団員!
 今日も幼……萌えっ娘たちをつかって悪さをするぜぃ!
 さて、今日はどんなことしよっかなーなんて悪巧みしてると、我らが首領サカキ様が直々の命令を与えてくださったのだ!



 ~今日の指令~

 おつきみ山で化石ほってこーい。



「おつきみ山……化石?」

 オレは、ふとあることに気づき、部屋の片隅に放りだされているリュックに目をやった。
 中から出てきたもの。それは、サカキ様の指令にあった“化石”そのものだった。

 これは、すこしさかのぼること、数週間前だ。

 ――こっから回想だぜ。



 そうだ、あれはたしか、トキワシティでロケット団の入団式の帰りだったかな。
 ハナダに住むばぁちゃんにこのことを早く伝えたくって、おつきみ山を歩いているときだったか。

 がつっ

「んあっと……?」

 オレは、洞窟の中でなにかにつまづいたようで、もっていた懐中電灯で足下を照らすと、なにやら変わった形の石が、見たところふたつならんでたんだよな。ぱっと見変わった石だなぁとおもって、持ち帰っていたんだ。



 ――回想終了。

 あのときはよく見えなかったし、今まで忘れていたが、よく見たらコレ、なんか化石っぽいよなぁ……。
 とりあえず指令だし、もし違ったとしても、とにかくみせるべきだろう。そうおもい、オレはそのふたつの化石をもって、サカキ様のもとへむかった。



 結果、本物でした。
 研究所の職員によると、『みまごうことなく本物です』だそうだ。
 めっちゃサカキ様がほめてくれた。なぜかふしぎなアメくれたから、とりあえず食いながら通路を歩いていると、

「あっ」

「きゃっ」

 廊下で誰かにぶつかった。

「いつつ……」

「いったぁ……」

 声のしたほうをみると、そこには同じくしりもちをついているピッピがいた。

「あぁ、わるいな、前を見ていなかったよ」

「あうぅ……こちらこそごめんなさい。急いでいたので」

「大変ですね」

 オレは立ち上がり、かわいくしりをさすってるピッピに、手を差し出す。

「あ、ありがとうございます」
 差し出した手をつかみ、立ち上がる。

「気をつけてくださいね、この辺は結構人いますから」

「はい、本当にすいませんでした」

 オレに一礼してさっさか走り去っていった。うむ、礼儀正しい娘でなによりだが、走るのは危ないぞ!
 さあ、やはりいいことしたあとはすっげぇ気分がいいな! 部屋に帰ってシャワーでも浴びるかとおもいながら、オレは通路を歩いていた。



   ……続く?
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。