5スレ>>534-536


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 よっ、再びだが、オレはそのへんの背景も同様のロケット団団員!(涙目)
 今日もおにゃのこたちをつかって悪さをするぞ!
 さて、今日はどこ爆破しようかなーなんて悪巧みしてると、我らが首領サカキ様が今回も直々の命令を与えてくださったのだ!



 ~今日の指令~

 ハナダであなをほるパクってこーい。



 なるほど、空き巣か。
 まさに悪の秘密結社ににぴったりの仕事! おら、わくわくしてきたお。
 ついでに同封されている地図を見て、オレは驚いた!

「……ここ、オレのばぁちゃんちじゃねぇか」

 そう、ハナダジムのななめ右上の家だよ。ばぁちゃん元気にしてっかなぁ。
「久々の帰省だなぁ、なにをもっていこうかな」
 リュックにロケット団名物のRせんべいを詰め、オレは部屋を後にした。



「やっとついたぁ」

 長い道のりだったな。アジトがタマムシだから、だいぶ長いよな。

「サンド、お前もご苦労様な」

 ここまでの道のりを安全に導いてくれた、オレの相棒のサンドだ。子供の頃からのつきあいでな。
 頭をなでてやると、目を細めて喜んでくれるんだ。

「いえ、マスターをお守りするのがわたしの役目ですっ」

「うれしいこと言ってくれるじゃないの!」

 さらに頭をなでまくり、肩車をしてやる。

「もうっ、わたしは子供じゃないんですからっ」

 と口では言いつつ、頭に抱きついてくるんだ。前が見えないぞ。

 さて、久しぶりの帰省(目的がもう変わってるが気にしない)に胸を躍らせつつ、オレは玄関のドアをたたいた。なんだかんだ忙しくて、1年くらい来ていないのを思い出す。

「ばぁちゃん、オレだよー!」

 しばらくして、中からドアがあけられた。中からでてきたばぁちゃんは、本当に元気そうだ。
 オレの顔をまじまじみて、孫だと判断してくれたらしく、

「おやまぁ、ずいぶん大きくなったねぇ」

 と、いつものボケをかましてくれた。


 いま、オレらはばぁちゃんちの居間でくつろいでいる。なにせ町をひとつまたいだところにあるんだ。結構疲れた。

「あんたも、遠くからわざわざご苦労様ねぇ」
「いやいや、大丈夫だよ」

 ばぁちゃんが出してくれた茶をすすりつつ、お茶うけのせんべいを、サンドと一緒にかじる。

「お茶、おいしいよ」
「すごくおいしいです、おばあちゃん」
「ありがとねぇ」

 それからオレたちは、1年の出来事を話した。

「まだまだしたっぱだけど、上司の言葉にめげずがんばってるよ」
「そうかい、そうかい、あんたも立派になったねぇ」
「へへっ、そんなことないよ」「つらかったら、いつでもばぁちゃんち帰っておいでねぇ。ばぁちゃん、いつでも歓迎するよさ」

 ばぁちゃんの一言一言は、オレの胸に染み渡っていく。

「オレはくじけないさ!」
「そうかえ、そうかえ、たくましくなってまぁ」

 と、危ない。あやうく本題を忘れるところだった。

「あ、そういえばオレ、取りに来たものがあるんだ」

 そう、盗みの指定された技マシンは、昔オレが買った、初回限定版、数量限定で発売された“あなをほる”だったんだ!
 なぜサカキ様がオレの家に“あなをほる”の技マシンがあることを知ったのか……。たぶんツッコんじゃいけないんだよな!
 2階へ続く階段を上り、昔オレが使ってた部屋のドアを開ける。
 室内は、オレが去った数年前の、そのままの形で残っていた。

「うおっ、懐かしいなぁ」

 家具、におい、かべがみ、床のじゅうたん……すべてが、前に来たままで止まっている。まるで、この部屋だけ時が止まっているようかのようだ。
 ふと机を見ると、そこには幼き頃のオレと、しゃがんでいるオレに後ろから抱きついているサンドが、屈託のない笑顔で写っている写真が飾ってある。

「懐かしいな」
「そうですね」

 足下にいたサンドが、背中に飛びついてきた。

「昔は、よくこーやってマスターにしがみついてました」
「たしかになぁ」

 遠い昔を振り返る。
 壁に貼り付けてある写真が、2人にいっそう思い出させていく。



 さて、オレとサンドで昔にふけってるうちに、いつの間にやら外は真っ暗だ!

「わたしたち、何時間話してたんでしょうね……」
「わからん……」

 顔を見合わせる。くすりと笑うサンド。オレもつられて笑う。

「夕食できたえぇ~」

 そして下から、ばぁちゃんの呼ぶ声。

「「はーい」」

 昔のように、子供みたいに返事をして、部屋を出て行った。



「ばぁちゃん、ごちそーさん」「はいはい、お粗末様でした」「おばあちゃん、おいしかったです」
「おぅおぅ、ありがとねぇ」

 腹を満たし、部屋へと戻っていく。
 腹ごなしにと、棚からファミコンを取り出して起動させてみる。
 マリ○カート、昔はオレの方が強かったのに、いまじゃサンドに一回も勝てなかった。
 星のカー○ィDXも懐かしい記憶だ。

「サンド、ちと上司に連絡入れてくるわ。すこしまってて」
「わかりました」

 家を出て、携帯を取り出す。
 着信履歴 36件
 全部上司だ。

「……こりゃ怒られるな」

 電話帳から上司の番号を選び、電話をかけた。


 結果? 上司ブチギレまくりっすよ。
 ようやく切ってもらったときにはもう2時間越えてた。

「電話代払うのオレなんだけどなぁ……」

 しぶしぶ携帯をポケットにしまい、家へと戻った。

「おや、長電話だねぇ」

 ばぁちゃんが出迎えてくれる。

「ほんと、頭のかてぇ上司でね」
「大変ねぇ」

 と、麦茶を出してくれた。

「ありがと」

 出された麦茶をすすりつつ、そういえば、サンドはどうしたんだろうと心配になりはじめた。
 まさか、『すこしまってて』が、2時間になってしまうとは、誰もが予想しえない状況。
 残りの麦茶を一気に飲み干し、「麦茶、ごちそうさま」と言いのこして、階段を駆け上った。



「サンド」

 部屋のドアを開ける。そこには、テレビの前にちょこんと座り、画面とにらめっこしているサンドがいた。

「あ、マスター、おかえりです」

 ドアの音で気づいたのか、こちらを振り向き、コントローラーを投げ捨てて走り寄ると、正面から抱きついてきた。
 なんとかふんばり、キャッチしてやると、俺の胸元に顔を埋める。

「わるいな、長引いちまって」
「いえ、大丈夫です……」

 顔はみえないが、寂しそうな声。……まあ、2時間も待たせちまったんだからな。さすがに悪いことしたな……。

「ほんとにすまんな、……おわびに、なんか1つなんでもしてやるよ」
「……ほんとう、ですか?」

 埋めた顔を上に向かせて、オレを見あげる。

「ああ。……まあ、オレにできること限定だがな」
「そう、ですか……」

 ……おや、サンドさん。なぜ目をそらす潤わす頬を染めるんですか?

「えーっと、うーんっと……」

 視線をあちらこちらにまわすサンド。やがて、なんかの意を決したのか、上目遣いでオレを見上げ、

「じゃぁ……」
「じゃぁ?」
「……わっ……わたしと、お風呂にはいってくださいっ!」
「……ヒョ?」



   つづく……のか?
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。