5スレ>>543-544


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ~今日の指令~

 サンドとお風呂



 サンドとのお風呂なんざ、何年ぶりだろうなぁ。
 オレも年を重ねていくにつれ、男女を分けるようになった頃から、サンドと入ってない。
 まあ、なんだ……こう、久しぶりにサンドと入るもんだから、いらぬ緊張とかを、すこし感じているところだ。
 して、しばらく湯船に浸かっていると、

 ――こんこん

 ふいに、ドアがノックされ、

「あのっ……入って、いいでしょうか……?」

 サンドの、緊張したような声があとを追う。

「ああ、いいよ」

 オレが許可をだすと、ドアがおずおずといった感じにあけられる。その隙間からひょこっと頭を出し、

「しっ……失礼します……」

 と、声のあとにドアの閉まる音。どうやら、サンドが浴室に入ってきたようだが、ゆけむりでぼやけてしか見えない。

「まってたよ、サンド」

 お湯が流れる音。サンドがお湯を体にかけたのだろうか。
 水音がやむ。しかし、サンドがこちらに来る気配がない。

「……サンド?」
「すこし……恥ずかしいです」

 バスタブ越し、サンドが入るか入らないか悩んでいるようで、サンドの髪だろうもののシルエットが、左右に動き回っている。

「こぉら、サンド」
「ひゃっ」

 動いていたサンドに手を伸ばし、捕獲! つかまえたぞ。そのままサンドを抱きかかえて、湯船へと強制連行。

「マっママ……」
「サンドが誘ってくれたんだろ? せっかくだから、一緒に入ろう」

 顔をきょろきょろさせて本当に悩んでいるようだったが、やがて吹っ切れたのか、

「……そうですねっ」

 と言って、オレに背を向けた。

「こっちむけよ~」
「いやですよ~」

 と、どこかうれしそうな、まだ恥ずかしがってるような反応をする。

「サンド」

 頭をなでながら、できる限りの優しい声で呼んでやる。

「なんですか?」

 そんなサンドも、柔らかい物言いで、答えてくれるんだ。

「これからも、よろしくな」

 というと、きっとサンドは、満面の笑みで、

「もちろんです」

 と、いってくれただろう。

 天井を見上げると、落ちてきた水滴が俺の目に直撃した。



 簡単に後日談。

「あの水滴、地味にいたかった」
「急に叫ぶんですから、驚きましたよ」
「ああ、悪いな」
「いいんですよーだっ(ほんとに……ムード打ち壊しですっ)」
「さて、次からはバンバカ悪事を働きまくるぜっ!」
「んもう、無理はいけませんからね」
「わかっているさ! では、また会おう!」
「さよならです~」










「して、サンドよ」
「はい?」
「お風呂のとき、バスタオル身につけて な か っ た み た い だ な ? 」
「……えっ? ちょっ……うそっ!?」
「忘れてたのか? ……あいかわらずのロリ体型、やっぱりサンドはふつくし――うわなにをするやめ」
「うわぁぁああああん!」
「ギャース!!」



   つづく……かも
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。