5スレ>>541


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここはとある森の中 今は、豪雨であまり周りが見えない。

ザッ ザッ ザッ パシャン
???「何なんだあいつら?」

今、奴らから逃げている萌えもんが一人(一匹?)この豪雨のなか走っている。

     ー30分前にさかのぼるー

???「今日も、この辺の奴らには勝ったな!」
   俺は、この地方には珍しい『ラルトス』という萌えもん。ここ22番道路の自称最強萌えもんだ。
  何故俺がカントー地方の22番道路にいるのかというと、好奇心で乗ってみたペリッパーの背中から
  ここの上空で落ちてしまった。我ながらよく生きていたと思う。「まぁここの奴らと勝負でもして
  みるか」と思いここ一週間の間勝負が一日の始まりになっている。こんな性格だが俺はれっきとした
  「♀」だ。

ラルトス「さぁ~て、勝負にも勝ったし~♪散歩でもするか。」
   
   ゴロ ゴロゴロ ゴロ 辺りが暗くなってきた。

ラルトス「やべ、こりゃ一雨くるな。どっか雨宿りできる場所を探さないと…」
    「ん?何だありゃ?」

 ??「おい、この辺の強い萌えもんを全て取って来い。」
下っ端「「「了解」」」

ラルトス(あいつら馬鹿か?全身黒い服着込んでRのマーク付けて)

 ??「我らロケット団は、この腐りきった世界を直す。そのためには、強い力がいる。何でもいい強い
    萌えもんを取って来い!」
下っ端「「「分かりました。ロキ様」」」
 ロキ「よし!とりまくれ!!」

  この後のR団は酷かった。逃げる萌えもんには『おいうち』、抵抗するものは一人を3~4人で囲み
 集中攻撃。文字通り乱狩りである。

下っ端「ロキ様あそこに珍しいラルトスが!」
 ロキ「何!そいつは強そうだ。俺も行く逃がすな!!」

ラルトス「やべぇ、見つかった!一人ずつなら絶対勝てるが、多勢に無勢…」
    (歯を食いしばり)「チッ 仕方ねぇ逃げるしかねぇ!!」

    そして、今ラルトスはR団から逃げている。

ラルトス「雨もいつの間にか激しくなってやがる。どうs…」
    ズルッ バシャーン
ラルトス(しまった!!)
  ロキ「フッ 貴様の運も尽きたな。…強いかどうか試してやる、お前ら手お出すなよ。」
ラルトス(よしっ一人ならいける。) ゆっくり立ち上がり
ラルトス「いいのか?この俺に勝てるとでも?」
  ロキ「威勢だけはいいな…いけニドリーノ!」
    ロキの投げたボールからニドリーノとよばれる萌えもんを出してきた。
ニドリ-ノ「お呼びで?」
  ロキ「奴を試せ。」
ラルトス「テメェー、なめんじゃねー!」
ニドリーノ「威勢はいいが、甘い!」「つのでつく」
ラルトス「グッッ」「クッ、テレポート」

   このテレポートがいけなかった。頭に血が上っていたせいか後にある壁にきずかず、距離をとって
  体制を整えるはずが、後に壁があり自分を追い詰める結果になってしまった。

ラルトス「しまった!」
  ロキ「ニドリーノ『とっしん』」
ニドリーノ「はぁーっ!」 どん!
ラルトス「ぐはぁー、くそう。」
  ロキ「終わりだ。お前達帰るぞ。」
 下っ端「こいつはと取らないんですか?」
  ロキ「さっき見ただろ、こいつは弱い。」
 下っ端「あっ、なるほど!」
ラルトス「グッ、な・なにお~!」
  ロキ「まぁそういうことだ。とどめ『にどげり』」
ラルトス「がはっ」(ちぃくしょう意識が…)
ニドリーノ「じゃーな」

   奴らがいなくなって何分たっただろう?一人の男が通りかかった。

???「おっ、ここにも食えそうな野草が!」「今日は、豪華な食事が食えるかな~?」
ラルトス(だ、誰だ?誰でもいい)「た、助け…」
???「ん?今、声が聞こえたような?」「こっちかな?」

  男はラルトスの倒れている場所に近ずいていった。

ラルトス「た、助け、て」
???「だ、大丈夫か!!」「こりゃ酷い。こっから近い萌えセンは…トキワかよ!しかたねぇ抱えて行く
    しかねぇな!」
ラルトス「あ、ありが…」
???「しゃべんな!あと、しっかり捕まっとけ!」

ラルトス(俺が覚えているのはここまでだ。気がついたら萌えセンのベッドの上だった。)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。