5スレ>>549


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ジュゴンと」「チルタリスの」
「「なんでもラジオ~」」
ひょうこ「さてさて、今回も前回よりもかなり間が開きました。」
りゅうこ「そうね、どうしてこうも間が開くのかしら」
ひょうこ「大人の事情とのこと」
りゅうこ「一体何の事情があるのか私たちにも教えて欲しいわよ」
ひょうこ「あ~、なんでも重大発表があるかないとか」
りゅうこ「それが、今回の大人の事情なのかしら?」
ひょうこ「え~っと、そうみたいですねあとなんかカンペに自己紹介サッサとしろって指示が」
りゅうこ「良いじゃないですか。もうこのラジオだってほとんど聞いている人なんていないのは前回のはがきコーナーで判ってるんだから、それとカンペとかいわない。」
ひょうこ「ラジオ放送終了のお知らせですね。」
りゅうこ「案外、大人の事情も其処から来てそうねそれはさておきこの何でもラジオは司会者チルタリスのりゅうこと」
ひょうこ「同じく司会者ジュゴンのひょうこが送りしました。」
りゅうこ「終わってる、終わってるわよひょうこ」
ひょうこ「え~、だってこれから私たち何するの~このまま終わってもいいじゃない」
りゅうこ「そういうわけにもいかないわよ、それに手元の原稿にはお知らせ前にネタをしなさいとの事。」
ひょうこ「えぇ~、ネタって言っても何もないよ~だって、作者がネタがないからこのラジオもずっと間が開いてたんじゃない」
りゅうこ「ちょ、いきなりなに言ってるのそんなメメタ発言」
ひょうこ「もうこの際だからぶっちゃけるのよ~」
りゅうこ「ぶっちゃけないでよ、これラジオよそんな発言したらこれどうなっちゃうのよ」
ひょうこ「ぶー、それじゃぁ、りゅうこちゃんの恥かしい体験談をぐふぅ」
りゅうこ「もー何を言ってるのかな~ひょうこちゃんは~」
ひょうこ「げほげほ、ふ、腹筋に大ダメージ……ひどいようりゅうこちゃん」
りゅうこ「ひょうこが変な事をいうからよ」
ひょうこ「だって、だってさー何話したらいいのよ!」
りゅうこ「逆切れ、それに話なんてなんだって良いんだよ」
ひょうこ「だったら、恥かしい体験談でもいいじゃないか。」
りゅうこ「だからそれは私が許さないわよ、そんなにしたいなら自分の体験談にしなさい」
ひょうこ「え~、わかった。この前ね、部屋で寝てたらね私のマスターが部屋に入ってきて」
りょうこ「待て待て待て待て待て、ひょうこまさかあることないこというつもりじゃないでしょうね」
ひょうこ「あることないことって?」
りゅうこ「たとえば、○○○を○○○○したり○○○を○○○に○○したりって何でスッタフの皆は慌ててるよ」
ひょうこ「それはりゅうこちゃんが公共の電波で禁止用語を連発したから」
りゅうこ「……………い、いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」
ひょうこ「これで、スタッフの要望ばっちしね♪
     そんなこんなで今日のラジオも終わりが近づいてきました。
     ここから重大発表です。本日を持ってこのジュゴンとチルタリスのなんでもラジオは終わりお迎えます」
りょうこ「ちょっと待ちなさい。そんな発表をさらっと言わないでよ」
ひょうこ「あれ、もう復活したのりゅうこちゃん。」
りょうこ「まだ、へんこでますよ。それよりも終わるって……なになに、プロデューサーが変わるからそれによってこのラジオも変わるため
     今いるスタッフおよび司会者も変更になるっと。」
ひょうこ「やったね、これでもうりゅうこちゃんが恥かしい思いしなくてすむね」
りょうこ「誰のせいよ誰の」
ひょうこ「気にしない気にしない、それよりも新スタッフとか新司会者とかにがんばってもらうように何か送ろう」
りゅうこ「それはいいわね、何送りましょうか」
ひょうこ「ん~、蕎麦とか?」
りょうこ「なんで蕎麦!」
ひょうこ「えっと、挨拶よかよろしくとかの意味で」
りゅうこ「引越しの挨拶じゃないんだから蕎麦おくるとか意味が分からないわよ」
ひょうこ「え?面白いから送っちゃおう」
りゅうこ「ちょっと待ってよスタッフそれはいくらなんでもってもう終わりの曲がいいの、こんな終わり方でいいの?」
ひょうこ「私たちならではの終わり方だね」
りゅうこ「もう知らないんだから」
ひょうこ「それでは、本日のなんでもラジオは司会者ジュゴンのひょうこと」
りゅうこ「もう何も言わないわよ、同じく司会者チルタリスのりゅうこが」
「「送りしました。お疲れです。」」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。