5スレ>>550


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

テニア「テニアと!」フェレア「フェレアの!」
「「萌えもん!何でもラジオっ!!」」

~♪(軽快なメロディーが流れる。そのあとに続くように「目指せ萌えもんマスター」が流れる)

 テニア「はい、始まりました『萌えもん何でもラジオ』!パーソナリティーは私サンドパンことテニアとっ!」
フェレア「オオタチこと、フェレアがお送りするわ。」

 テニア「えー、このラジオは私とフェレアさんの2人で各地のトレーナーさんをゲストに呼んで話を聞いたりだとか!」
フェレア「皆さんの質問にお答えしたりする……まぁふっつーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーのラジオね。」
 テニア「普通言わないでくださいっ!私たちで盛り上げていきましょう!」
フェレア「言われてもねぇ。初回だとやりづらいわよ。」
 テニア「まぁ気持ちはわかりますけどね。私だってムリしてテンション上げてますよ。」
フェレア「そりゃそうよねぇ。」

~♪(BGM変更、トキワシティの音楽)

 テニア「で、今回から始まったこのラジオなんですが。」
フェレア「ん?何かあるの?」
 テニア「前番組が存在してましてですね。」
フェレア「へー、そうなの?」
 テニア「フェレアさん興味なさすぎですよね……」
フェレア「ふぇー、ふぉんにゃふぉふぉ(モグモグ)にゃひわよ。(モグモグ)」
 テニア「食べながら話さないでください!っていうか収録中に物を食べるな!」
フェレア「いいじゃいのよー、ぶーぶー。」
 テニア「だんだんキャラ変わってってるじゃないですか!」
フェレア「プンプンっ☆」
 テニア「星つかうようなキャラでもないでしょ!」
フェレア「ふぇ☆れあ」
 テニア「意味わかんないしっ!……もういいですよ、勝手に進めますよ。」
フェレア「よろしくー(ニコニコ)」
 テニア「どこまでだっけ?ああ、前番組があったってとこだっけ?」
フェレア「そうよー(ずずず)」
 テニア「だれですか、この人に蕎麦とってあげた人!」
フェレア「ああ、(ずず)前の(ずずず)パーソナリティーの人たちからの(ずずずず)プレゼントよ。
     あとはやくー(ずずず)しないと(ずずず)時間(ずず)ないわよ?(ずずず)」
 テニア「…ホントもういいです。前番組が打ち切りってかプロデューサーさんが代わったんでしたっけ?」
フェレア「ごちそうさま。そうね、それでそのプロデューサーの意向で私たちになったのよね。」
 テニア「そうですそうです。フェレアさん普通にできるじゃないですか。」
フェレア「あら、できないんじゃないのよ?」
 テニア「?ならなんだったんですか?」
フェレア「やらないのよ!!」
 テニア「そこはちゃんとやってくださいよ!」

~♪(再び「目指せ萌えもんマスター」が流れる)

 テニア「っともうこんな時間ですか。」
フェレア「時が経つのは早いものなのよ。うん、うん。」
 テニア「フェレアさんは食べてばっかだったじゃないですかぁ。」
フェレア「あら、食べてばっかじゃないわよ?」
 テニア「ならなんなんですか?」
フェレア「働いてたわよ、クリップボード用意したり。」
 テニア「……ラジオですよ、これ?」
フェレア「………………………」
 テニア「これラジオですからね?!無言はわかりづらいからやめてください!」
フェレア「…まぁいいわよ。とりあえずドンよ!」
 テニア「見えてるのは私たちとスタッフだけですけどね…」
フェレア「第2回に向けての募集要項!」
 テニア「えーと…、感想やご不満の点、何かやってほしいコーナーなんかを書いたお葉書きの募集ですね。」
フェレア「お葉書きはスレでもいいしチャットに直談判しにきてもいいわ!」
 テニア「とにかく作者に伝わればオールオッケー!」
フェレア「あとはゲストの募集ね!」
 テニア「こっちも随時募集中ですっ!」
フェレア「さらにラジオ名も募集します!」
 テニア「心機一転ですからね!なにか言い名前がほしいですね!」

フェレア「それではまた次回まで!お相手は私、オオタチのフェレスと!」
 テニア「サンドパンのテニアでしたっ!」

フェレア・テニア「「シーユー!!」」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。