5スレ>>555-556


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

リュウキ(昨日は散々めにあったな。こんなんでリーグに挑戦できるのだろうか?すごく心配になってきた)
(しかし、センターで飯を食べさせてもらえるとは思わなかった。センターがある所では飯の心配
     はないな。)

   ピンポーン 『センター内で休んでらっしゃるリュウキ様、至急カウンターまでおこしください』

ジョーイ「あの子気がついたらしいわよ。」
リュウキ「わかりました。病室に行ってみます。何号室ですか?」
ジョーイ「103号室よ。あまり刺激することのないように!まだ、病人ですからね。」
リュウキ「わかってますよ。」

リュウキ「103、103っと。」「ここだな。」

     ガチャ

???「おりゃっ!」
リュウキ「ん?」「あぶなっ!」

  俺は間一髪のところで『それ』をかわした。

リュウキ「おはよう。元気そうだな!」
???「キサマ何者だ!」
リュウキ「おいおい、恩人に向かって『枕』投げて『何者』はないだろう。」
???「じゃあお前が?」
リュウキ「助けたんだが…」
???「おい!黒くて変な服装した奴ら見なかったか!」
リュウキ「見てない。でも、そんなに怒鳴らなくても…」
???「すっ、すまん」
リュウキ「話は変わるが、種族名はなんてんだ?俺はリュウキ。」
ラルトス「ラルトスだ。」

   その後落ち着いたラルトスはR団やこれまでの経緯を話してくれた。

ラルトス「あいつ、今度あったらゆるさねー!」
リュウキ「なるほど、負けてくやしいと?」
ラルトス「絶っ対今度はまけねぇー!」
リュウキ「よしっ!その心意気気に入った!」「俺が戦い方を見てやる!」
ラルトス「なんだぁ?その上から目線は! 」
リュウキ「これでも格闘家のはしくれ、実践は割合つんできている。」
ラルトス「てめぇ本当に、できんのか?」「怪しいもんだ!」
リュウキ「まぁ、お前の傷が治ったら稽古つけてやるよ。」
ラルトス「はっ 返り討ちにしてやる。」

   翌日 萌えもんセンター近くの広場

ラルトス「テレポートっ ねんり…」
リュウキ「遅いっ!」「でこピンアターク!」
    ピシンッ
ラルトス「うわぁ。」「くそ~!」
    (こいつ本当に強い)
リュウキ「すごいよな~。もう完治して動けるんだからな~萌えもんは。」
ラルトス「おい!関心すんな!簡単に強くなるコツとかないのかよ!」
リュウキ「無い!」
ラルトス「即答かよ!」
リュウキ「ない…が、さっきからきになってるんだが『テレポート』使いすぎじゃないか?」
ラルトス「そうか?」
リュウキ「よしっ 今後『テレポート』禁止。」「自分で動いてかわせ!」
ラルトス「なっなに!?」
リュウキ「お前は、『テレポート』に頼りすぎだ!」「目で相手の動きを見て戦っていれば、自然と相手の
     次の手がわかるようになる!」
ラルトス「本当か~?」

ジョーイ「なんだかんだ言っても、うまくやってるようね。」

     2時間後

ラルトス「はぁ はぁ はぁ」
リュウキ「よし、今日はここまでだ!」
ジョーイ「リュウキ君あの話しました?」
ラルトス「あの話?」
リュウキ「いやまだだけど…」
ジョーイ「今話しちゃえばいいじゃない。」
リュウキ「そうだな。」
ラルトス「ん?」
リュウキ「率直に言う。」「俺の相棒になってくれ。」
ラルトス「え!?おっ俺が?」
リュウキ「お前以外に誰がいる?」「昨日説明したように、俺は萌えもん一人もいない。だから…」
ラルトス(こいつと一緒にいれば、まだまだ強くなれるかもしれない。それに、ここにいてもあの『ロキ』
     ってヤロウに会える可能性はないからな…)
リュウキ「俺の相棒になってくれないか?」
ラルトス「わかった。なってやるよ!ただし、ヤロウだけは見つけて『かり』をかえさせてもらう!」
リュウキ「よしゃ 決まりだな!」「これからよろしく頼む。」
ラルトス「おぅ そっちもな!」
   リュウキはボールを出した。
リュウキ「こいつに入ってくれ。」
ラルトス「おい!ずっとこの狭っ苦しいとこに入っとけってか!?」
リュウキ「いや、ずっとじゃなく『危なくなったとき』と『疲れたとき』ぐらいでいい。」
ラルトス「ならいいぜ!」
リュウキ「これから相棒になるんだからお前の名前がいるな…」
ラルトス「名前か…考えたことがなかったな。」「できればかっこいい名前がいい。」
リュウキ「ん~…そうだな、『イズナ』ってのはどうだ?」
ラルトス「なんかいい響きだな。」「気に入った!」
リュウキ「なら、よろしく『イズナ』。」
 イズナ「よろしく『相棒』。」
リュウキ「『相棒』ってのよしてくれ。照れる。」「呼び捨てでかまわない。」
 イズナ「なら『リュウキ』!」
リュウキ「おぅ!」
   (よしっ これで、一人目だ。ところでどうすればリーグに挑戦できるんだ?)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。