5スレ>>560


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

僕は一介の下っ端ロケット団員!
今日もムウマと一緒に悪さを… あれ、ムウマー?
……朝っぱらからゲーセン入り浸るんじゃねぇぇぇぇぇ!!!




~今日の指令~

畑からサツマイモパクッてこーい。




「…下っ端ってこんな任務ばかりなのかなぁ」
「食料調達も大事な仕事ですよ、マスター!」

そんなわけで、面倒だけど畑の下見に来た。
監視カメラの有無、逃走経路のシミュレートなどなど…
畑ドロ一つでもやることはいっぱいだ。

「あ、マスター! コレ見てください~」

ムウマが壁の貼り紙を指差す。

……『おいも掘り体験』……お一人様300円?

あぁ、もうこれでいいや。





「はぶ姉ぇ一緒に行きましょうよー。ズバットちゃんも~」

早速他の萌えもんたちを誘っている。
チラシを数枚もらってきたのは正解だったようだ。

そしてそのままゲーセンへ……
「行かせるかぁぁぁぁぁッ!!」
参加費300円×2はムウマのゲーセン代を削って出すんだからね!!

「そんなぁ、ひどいですマスタぁ~」

酷いのは君だよ! ほっとくと全額使い切るんだから…





そして当日。
天気にも恵まれ、ムウマと一緒に楽しくおいも掘りを満喫しているところだ。

「うわ、ミミズがいましたよぉ」

「見てくださいマスター! こんなにたくさん繋がってます~!!」

見つけたものを逐一報告してくるムウマがとても可愛い。
カメラの一つも持ってくればよかったかもしれない。

ちなみに他の団員さんと連れの萌えもんもいくらか来ている。
この様子を司令が見たらぶちキレそうだなぁ……
でもまぁ楽しいからいいか。一応任務だし。





そして。

「見てください司令! こんなに採ってきましたぁ~!」

ムウマが楽しそうに報告する。

「うむ、よくやった!」

多分司令の考えているのとは漢字が違うだろうけどね。
「盗った」じゃなく「採った」だし。


「…しかし随分ドロだらけだな。」
「えぇ、逃げるとき盛大に転んでしまって…」

すかさず僕がフォローを入れる。
楽しくイモ掘りしてましたとかバレたらさすがに怒られそうだし。

「それじゃあゲームしてきますっ」
「「その前に風呂入れよ」」

司令と意見が一致した。完璧なタイミングで。





風呂から上がると、既にムウマはテレビの前に座り込んでいた。

「あっ、マスター出てきた! 対戦しましょう対戦!」

ムウマと対戦しても勝ち目ないんだけどなぁ……しょうがない。

「……あぁ~っ! ザンギにガイルはひどいですぅぅぅ」
「だってコレくらいやらないと勝てないし……」
「いいですよぅ、サマソがJKに化けるマスターなんかスーパーウリアッ上でフルボッコです!」

たまにはムウマと、心ゆくまでゲームに付き合ってあげようか…





と思ったが運のつき。

翌朝、そこにはズタズタにされた愚かな僕がいた。
一体何のゲームならムウマに勝てるんだ…
いやまぁ、こんな廃人に勝つ必要はないんだけど。でもマスターとして、ねぇ?

協力プレイでも足を引っ張ってしまう始末。

「マスター、大丈夫ですよ! 多少ヘタでも私がフォローしますからっ!」

ついげきの気の利いた一言でさらにダメージは加速した。

うん、これからはもう少しゲームも練習しよう……
長い一日の終わりに、強くそう思った。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。