5スレ>>565


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

    おつきみ山ふもと萌えもんセンター

リュウキ「で、ここがハナダで今からここをめざす。」
 イズナ「なるほど、山越えしなきゃならんな。」
 いずも「さっき聞いたんだけど、『おつきみ山』に黒服の変な奴らが入って行ったそうよ。」
 イズナ「なにっ!それは本当か!?」
リュウキ「おい!落ち着け!」
 いずも「聞いた話だから確証はないわ。」
 イズナ「あのヤロウ!ぜってぇぶっ飛ばしてやる!」
 いずも「聞こえてないようね。」
リュウキ「やれやれ…」

   同刻 おつきみ山内
 下っ端「ロキ様すみません探してはいるのですが…」
  ロキ「もっと広範囲を捜索しろ!」「言い訳はいらん!」
     (この山に絶対あるはずだ…)

リュウキ「おい、いずもさん勝手に動かないでもらいたい。」
 いずも「なぜかしら?」
 イズナ「あんたがふわふわ飛んでいっちまうから、俺達が探さなきゃならないんだよ!」
リュウキ「お願いですから俺達から離れないでください。」
 いずも「仕方ないわね。」
  今俺達はおつきみ山の中にいる。入って直ぐいずもさんがふわふわ飛んでいってしまって、今まで探して
 いた。そしてようやく今見つけたところだ。
リュウキ&イズナ「「はぁー 疲れた・・・」」
 いずも「そういえば、ここどこかしら?」
リュウキ&イズナ(俺達もみちずれかい!)
リュウキ「さて、この辺で休憩でもするか。」
 イズナ「出口はどうすんだ?」
リュウキ「この状態で闇雲に動いても悪化するだけだ。」「今は落ち着いて状況を把握するんだ。」
 いずも「そのとおりよ。」
リュウキ&イズナ「「あんたが言うな!!」」
 いずも「あらぁ~?」

  ロキ「この辺りだな?」
 下っ端「はい。」
  ロキ「ん?おいお前!どういうことだガキがいるじゃねぇか!」
 下っ端「すっすみません。先ほどまではだれもいなかったんですが…」
  ロキ「ふんっ まぁいい。いなかったことにすればいい。」「殺れ。」
             ・・・・・
 下っ端「はい。」

リュウキ「今から整理するぞ。」「まず、いずもさんを追って入って…」
    リュウキの後に黒い影が…
 イズナ「おい!リュウキ後!」
リュウキ「わかってる。」「俺達が相談してるときに…じゃまするな!!!!!」
     ドン!!!!!
リュウキ「さてと…てめぇなにもんだ?」
 下っ端「・・・」
 イズナ「おい、やりすぎだ。」
リュウキ「あちゃ~参ったな。」「まぁいいや。おい!そこに隠れてるやつ出てこい!」
  ロキ「なぜ見つかった?」
リュウキ「そんだけ殺気だしてんなら誰でもわかるぜ。」
  ロキ「ほぉ~。」「部下に欲しい人材だな。」
 イズナ「て…てめぇは~」
  ロキ「ん?なんだお前は?」
 イズナ「忘れたとは言わせんぞ!22番道路で会っただろうが!」
  ロキ「22番道路?ああ、あのときのラルトスか…生きていたんだな。」
 イズナ「今度はぜってぇ負けねぇかんな!」
 下っ端「ロキ様ありました。」
  ロキ「おっ あったか。もうここに用はない。」「やつを消せ。俺は先に戻る。」
 イズナ「おい!逃げるきか!」
  ロキ「キサマのような弱い萌えもんには興味がない。」「じゃぁな。」
 イズナ「て…」
リュウキ「おいてめぇ! 見下してんじゃねぇよ!こいつは元々弱くねぇ!」
 イズナ「リュウキおまえ…」
  ロキ「なら、ここから生きて出てこれたら今度勝負してやるよ。」
 イズナ「おい!まてぇー!」
 いずも「水を差して悪いけど、囲まれたわよ。」
リュウキ「二人ともボールに入ってくれ。」
 イズナ「いやだ!」 いずも「いやよ!」
リュウキ「おっ おい二人とも…」
 イズナ「はっ こんなおもしれぇことねぇじゃねぇか!」「それも今はブチ切れてんだ!」
 いずも「私もあなたの役に立ちたいの!」
リュウキ「…わかった。俺は60%でいく!二人とも足を引っ張るなよ!」
 イズナ「こっちのセリフだ!」 いずも「わかったわ。」
リュウキ「竜拳流『掌破』×6」(『掌破』しょうは 拳の形をしたエネルギーが飛んでいく技)
 イズナ「ねんりき!」
 いずも「ナイトヘッド!」

    2時間後おつきみ山ハナダ出口
リュウキ「やっと出てこれた。」
   ロープを持ったリュウキが出てきた
 イズナ「こいつらどうすんだ?」
リュウキ「警察に突き出そうと思う。まぁ死なない程度に手加減したから大丈夫だろう。」
 いずも「みてみて!『手』が消えま~す。現れま~す♪」
    R団との戦いでいずもさんは、ゴーストに進化した。『手』が自由に消せたりできるようになった。
   いずもさんいわく「足と体以外は触らせてもいい相手なら触れるようになった」そうだ。
 イズナ「『ロケット団の下っ端30人』そのままほっとくのかと思ってたぜ。」
リュウキ「いや、あのまま置いとくと他の人に迷惑だろ?それにこいつらの目的も知りたかったし。」
    (リュックに登山用のロープを入れておいてよかった。)

     ???基地
  ロキ「このおつきみ山の『つきの石』でニドリーノを進化させられる。」「もっと強くなれニドリーノ!」
  ニド「まかせろ。」
  ロキ「フフフフ…はーはっはっはっ!」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。