5スレ>>571


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

        イワヤマトンネル前
リュウキ「ここを通るのか…」
 サイム「旦那どうしたんで?」
リュウキ「いや、『おつきみ山』でのトラウマが…」
 サイム「まさか旦那暗いのが怖いんですか?」
 イズナ「原因はこいつだ。」
 いずも「ん?」
 サイム「姐さん?」
リュウキ「いずもさんが勝手に飛んでいって、探すのに…」
 サイム「だ、旦那…」

 案の定いずもさん捜索隊を編制することになった

リュウキ「お~い、いずもさ~ん!」
 サイム「あねさ~ん!」
 イズナ「いずも~どこだ~?」
 いずも「はぁ~い。」
リュウキ「やっと見つけた…はぁ」
 いずも「あっちに出口が見えるわよ~」
リュウキ「もう疲れた…」

     シオン萌えもんセンター休憩所
 いずも「久しぶりの故郷だわ~!」
リュウキ「そういえばいずもさんは、シオン出身だったな。」
 いずも「そうよ。実家に帰ってみようかな~?」
 サイム「実家はどこですか?」
 いずも「ポケモンタワーよ♪」
リュウキ「予想はしていてけど少しショックがあるな…」
 いずも「もう!偏見はよくないわよ!」
 サイム「そうですぜ旦那。一方向だけではなく他の方向からも見なくては世間は語れませんぜ!」
リュウキ「すっ すまん。」

      ポケモンタワー
 いずも「あぁ、懐かしい。」
リュウキ「へ~中は思ったより明るいな!」
 いずも「死んでしまった萌えもん達を明るく供養するようにここは造られたの。」
 イズナ「もっと、暗くてジメジメした所を想像していた。」
 いずも「私たちゴースト萌えもんは、ここの管理もしているのよ。」「でも、変ね?他の子達が見えないわ。」
 ???「あんたたち、助けてくれ!」
リュウキ「じいさんどうした!」
 いずも「フジ老人!」
  フジ「おお、いずも元気にしとったか?いなくなって心配しとったぞ。」
 いずも「それよりどうしたの?」
  フジ「いきなりロケット団を名のるやからが来て、ここの萌えもんを捕まえていっている。」「どうか止めてはくれんか?」
 いずも「私の故郷でよくも!」
リュウキ「わかりました。罰当たりどもめ、こうゆうやからは許せん!」

 ???「あいつらは、ここに入って行ったな!許さんでござる!」

リュウキ「竜拳流『竜翔脚』!」 (竜翔脚「りゅうしょうきゃく」…竜のように舞い上がり繰り出す蹴り技)
 いずも「10まんボルトォォォォォ!!!」
 イズナ「おっ いつもより気合入ってんな!かみなりパーンチ!」
 サイム「いくぜ!メガホーン!」
 下っ端「こちら、二階。俺たちでは歯が立たない!至急応援を!」「ぐはぁ!」
リュウキ「ここのやつらは、片付いたな。」「よし!捕らえられた萌えもんを開放しよう。」
 ???「きさまら、その子たちをどうするつもりでござる!」
リュウキ「どうするって、開放するつもりだが?」
 ???「嘘を言うな!拙者にはわかっているぞ!私利私欲のための手駒にするつもりであろう!」
リュウキ「いや、誤解だって。」
 ???「問答無用!チェストーーー!」
 サイム「危ない旦那!『真剣白羽取り』!」
 ???「何をするでござる!」
 イズナ「バーカ周りをよくみてみろ!」
 ???「周り?」「こっ これは…」

 ???「申し訳ない。ここは切腹を…」
リュウキ「まてまてまて、早まるな!」
 ???「こんな拙者を許してくれるでござるか?」
リュウキ「許すも何も、元から誤解なんだから。」
 ???「拙者感動しました。『殿』(との)と呼ばせて頂きたい!」
リュウキ「ま…まぁいいけど。名前…もしくは種族名は?」
 ???「申し送れました。拙者種族名ストライク(♂)、名をムサシと申す。先日ロケット団に爆破された道を武者修行していて巻き込まれた。」
    「それに、悪は許さないでござる!」
リュウキ「それは?」
 ムサシ「これでござるか?これは、家宝の『メタルコート』でござる。」「師匠の父上から肌身離さず持っていろといわれているものでござる。」
リュウキ「いや、そっちじゃなくて武器の『刀』。」
 ムサシ「我が相刀『不知火』(しらぬい)でござる。」
リュウキ「武器使いか…」
 ムサシ「殿どうされた?」
リュウキ「いや、ちょっと興味があってな。」
 ムサシ「ほほぅ、手ほどきして差し上げましょうか?」
リュウキ「また今度頼むよ。」「じゃあ皆に挨拶してくれ。」
 ムサシ「はっ、皆様今日から殿の下臣になったムサシでござる。」
 イズナ「よろしくな!」 いずも「よろしく。」 サイム「俺も新参者だよろしく。」

リュウキ「この階段を登れば最後の部屋だな。」
 いずも「絶対許さないんだから!」
        最上階
 下っ端「きさま何もんだ!」
リュウキ「ただの格闘家だ!」「お前ら、こんな罰当たりをしてただですむと思うなよ!」
 下っ端「上からの命令は、絶対だ!」
リュウキ「まさか、ロキか?」
 下っ端「なぜロキ様の名前を!」
リュウキ「腐れ縁だ!」「さて、おまえら覚悟は出来ているか!」
      30分後
リュウキ「さてと、これで全部開放できたな。」
 いずも「ありがとうリュウキ君。それに皆!」
 イズナ「まぁきにすんな!」 サイム「姐さんきにしないでください。」 ムサシ「困ったときはお互い様でござる。」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。