5スレ>>587


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

   どうなったんだ俺は?何かが聞こえる…

 ???「ねえ、ダーリンまだ起きないよ…」
 ???「おまえのせいだからな!」
 ???「うっ、うわぁぁぁぁぁん!」
 ???「な、泣くことはないだろ!」
 ???「イズナちゃん、言いすぎよ。」
 イズナ「だって、もとはといえば…」
 ???「イズナどの!」
 ???「ふわぁぁぁぁぁぁん!」
 イズナ「チッ わかったわかった。悪かったよ。」
 ???「ひっく」
リュウキ「…何だ?騒がしいな。」
ミュウツー「ダーリン!」
 イズナ「リュウキ!やっと目を覚ましたか!」
 いずも「心配したのよ!」
 ムサシ「殿!心配したでござる!」
 サイム「旦那聞いてくれ!あんたが倒れてイズナは…」
 イズナ「だぁぁぁ!それ以上ゆうんじゃねぇ!」

リュウキ「…なるほど、あの後サカキがロキを警察に連行していき、俺は病院送り。」
 いずも「大変だったんだから!」
リュウキ「俺は、二日間寝ていて今起きた…と。で、なぜミュウツーがここに?」
  ツー「わたしは、あの後萌えもんセンターって所で回復してもらったの。で、昨日目が覚めて急いでダーリンの所に駆けつけたわけ。」
     コンコン
リュウキ「どうぞ。」
 ガルム「あっ起きたようだね。よかった!」
 サカキ「まず、礼を言いたい『ありがとう』そして、すまなかった。」
リュウキ「きにすんなって!いい経験になったよ!」
 サカキ「そう言ってもらえるとさいわいだ。」「では、かかれ。」
 下っ端「「「はっ!」」」
      下っ端がミュウツーを取り囲んだ
  ツー「なにすんのよ!」
 サカキ「すまないが、お前のような危険な存在を外に出すわけにはいかん。」
リュウキ「まってくれ!」
 サカキ「…なんだ?」
リュウキ「俺のところだったら、こいつは危険じゃない!」
  ツー「ダーリン…」
 イズナ「リュウキ、お前まさか…」
リュウキ「だってそおだろ!勝手に創りだされて、あげくは危険だから連れて行く?そんなの納得いかねぇ!」
 サカキ「・・・」
リュウキ「なんとか言えよ!」
 ガルム「この人は信用できます。それに、ミュウツーと対等に戦える!」
 サカキ「わたしも見た。…仕方がないミュウツーを頼むぞ!」「退け!」
 下っ端「「「わかりました。」」」
 サカキ「何か手伝えることがあったら言ってくれ。」
リュウキ「なら、俺が着けていたリストバンドと一緒のものを二個作ってくれ。」
 サカキ「わかった。われらロケット団はお前を出来るだけバックアップをする!それに、もっと良い組織にしていくつもりだ。」
リュウキ「ありがとう。頑張れよ!」
 サカキ「すまん騒がせた。」
 ガルム「じゃ、また!」
      ガチャ ロケット団達は病室から出て行った
 イズナ「で、こいつは?」
リュウキ「五人目の仲間だ!」
  ツー「じゃあ、結婚して!ダーリン!」
リュウキ「あっ…いや、それは…」
 イズナ「だから、なんでそうなるんだ!」
  ツー「あら?ヤキモチ~?」
 イズナ「そんなんじゃねぇ!」
ツー「なによ!」 イズナ「なんだよ!」
     バチッ バチッバチバチッ
 サイム(こ、こえ~)
リュウキ「こら!おまえ…」
     ドサッ
イズナ&ツー「「大丈夫『か』!!」」
 いずも「どうしたの?」
     グーーーーーー
リュウキ「腹減った…」

      病院食堂 (朝)
リュウキ「うごうごぐ、うごごうごごっご?」(そういえば、基地はどうなった?)
 イズナ「くちんなかにものを入れて喋るな!」
 サイム「地下基地は旦那たちの技で半壊、さいわい上のゲームセンターには被害は出なかった。だが、あのままだと危ないから…」
 いずも「サカキさんが、隠ぺい工作してくれて『耐震偽装だった』ってことにしてくれたわ。」
リュウキ「んぐ?」「んーーーー!!」
 イズナ「ほらみろ!」
  ツー「ダーリン、はい水。」
      ゴクッ
リュウキ「プハー!死ぬかと思った…」「サンキュ!」
  ツー「当然のことをしただけよ。」
 サイム「で、これからどうするんだ?」
リュウキ「また、リーグを目指す!」
 イズナ「よっしゃ!」
リュウキ(しかし、よく五人まえも俺食ったな…)
    「で、ミュウツーお前には名前がいるな。」「ん~…そうだな、ヴァリスってのはどうだ?」
  ツー「ダーリンがいいならそれでいいわよ。」
リュウキ「なら今日からヴァリスだ!」

 いずも「で、これからどこにいくの?」
リュウキ「このままタマムシジムに行く予定だ。」
 イズナ「久しぶりのジム戦!わくわくしてきたぜ!」
ヴァリス「あら~?あなたの出番があると思うの?わたし一人で十分よ。」
 イズナ「んだとてめぇ!」
ヴァリス「なに?やるの?」
 イズナ「やってやろうじゃんか!」
ヴァリス「はぁぁぁぁ!」
 イズナ「おぉぉぉぉ!」
ヴァリス&イズナ「「勝b…」」
リュウキ「てめぇらいいかげんにしろ!!!」
     ゴン!! ゴン!!
 イズナ「っ痛!」
ヴァリス「いた~い!ダーリンのいじわる~」
リュウキ「病院内で暴れるな!」
 いずも「リュウキ君もう大丈夫なの?」
リュウキ「伊達に鍛えてないぜ!」
 サイム「でも、明日まで退院できないらしいぜ。」
リュウキ「仕方がない。明日まで皆自由行動!」
 いずも「なら、わたしは一旦シオンに戻るわ。」
 サイム「姐さんお供します。」
リュウキ&イズナ((グジョブ!サイム…))
 ムサシ「拙者は、一人で稽古するでござる。」「まだこの二刀に慣れてないでござるから。」
 イズナ「俺はここに残る。」
ヴァリス「わたしはダーリンの側にいるわ♪」
リュウキ「じゃあ、解散!」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。