5スレ>>589


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 第十五話 待機組

      リュウキの病室
リュウキ「で、ヴァリスに聞きたいことがある。」
ヴァリス「なにダーリン?」
リュウキ「…なぜ俺なんだ?」
ヴァリス「ん~一目惚れってやつ♪」
リュウキ「一目惚れ?」
ヴァリス「わたしが見てきた人間は『研究者』ばかりだった。ロキってやつも同じよ。」
    「でも、でもね、ダーリンは違っていた。」
リュウキ「どう違っていたんだ?」
ヴァリス「言葉では表現しにくいわ。…ん~っと、そう!全てに措いてわたしが知っている人間に当てはまらなかったからよ。」
    「わたしは創られてから、何のために創られたのかを考えていた。『最強になるため?』『人間に利用されるため?』
     『わたしは生きているの?』『もう、死んでしまったの?』…でも、あのときダーリンに出会って全てがどうでも
     よくなった。わたしはこの人間に出会うためにうまれたんだって。」
リュウキ「・・・本当に俺でよかったのか?」
ヴァリス「もう!ダーリンだったからここにわたしがいるのよ!」「今はダーリンと一緒にいるだけで幸せだもの。」
      病室入り口
 イズナ「チッ リュウキに稽古付き合ってもらおうとここに来たがやぼなこと聞いちまったな…」
ヴァリス「そこの無粋なサーナイト!盗み聞きとはいい度胸ね!」
 イズナ「ばれたっ!聞いちまったのは悪かった。だが、無粋とはなんだ!無粋とは!」
ヴァリス「あら~図星だった?」
 イズナ「てめぇ、いわせておけば・・・」「ん?はっ、てめぇの負けだ!」
ヴァリス「どこが負けなの!説明してほしいわ!」
 イズナ「一目瞭然!俺の胸の方がでかい!」
リュウキ「ぶっ」
ヴァリス「な…なによ!お、大きいからっていいきにならないでよ!」
リュウキ「え~大変申しあげにくいんですが、ここは病院内少し静かにしてくれ…」

       受付前
リュウキ「よくこの短時間で二つも作れたな!」
 ガルム「僕たちの科学力をみくびるなよ。あとこれ、がれきの中から部下が見つけた。」
リュウキ「サンキュ!で、今後あの基地はどうするんだ?」
 ガルム「復興させて、萌えもんの保護施設にするつもりだ。ゲームセンターは残して資金源にするらしい。」
リュウキ「それはいいことだ!頑張れよ!」
 ガルム「また何かあったら僕たちを頼ってくれ。」「じゃ!」
リュウキ「おう!」
    (よかった、俺のリストバンド見つかって。無くしたら親父になにされるか・・・)
  患者「おい、あんた見てみろよそこの広場で誰かの萌えもん同士がバトルしてるぜ!」
リュウキ「はい?」(まっ、まさか!)
 イズナ「かみなりパンチ!」
ヴァリス「メガトンパンチ!」
リュウキ(あっ、あいつら!)
ヴァリス「やるわね!」
 イズナ「そっちも!」
ヴァリス「なら、今度は本気でいくわよ!」
 イズナ「くっ、望むところだ!」
ヴァリス&イズナ「「おぉぉぉぉぉぉ…」」
リュウキ「やめんか!!!!」
      ゴン!! ゴン!!
ヴァリス「きゃん」
 イズナ「ぐはっ!」

リュウキ「・・・なるほど俺が病室に戻るのが遅いから稽古をかねたバトルをしていた…と?」
ヴァリス「そうよ。でも、途中から熱が入っちゃって…」
リュウキ「で最後は、どっちも本気になったと言いたいんだな。」
 イズナ「おうよ!」
リュウキ「『おうよ』じゃねぇ!おまえらここどこだかわかってるよな!」
ヴァリス&イズナ「「病院」」
リュウキ「わかってるんなら静かにしろ!他の人に迷惑だ!」
ヴァリス&イズナ「・・・ごめんなさい」「・・・ごめん」
リュウキ「はぁ、まぁいい。イズナ俺に『サイコキネシス』してみろ。」
 イズナ「なぜ?」
リュウキ「いいから。」
 イズナ「なら、はぁ!」
リュウキ「ぐっ、もういい。」
 イズナ「?」
リュウキ「二人ともこれを付けてくれ。」
 イズナ「何だこれ?」
リュウキ「強制ギプスだ。ヴァリスは言わなくてもわかるだろ?」
ヴァリス「わかるわ。」
 イズナ「なんで俺まで?」
リュウキ「さっきのバトルを見ていたらいいかんじに強くなっていたからな。」
 イズナ「じゃあ!」
リュウキ「ああ、そろそろ俺と本気の稽古にうつる!」
 イズナ「よしゃぁ!」
リュウキ「二人ともこれはジム戦と本気で戦うとき以外付けておいてくれ。」
ヴァリス「わかったわ。ダーリンとおそろい♪」
 イズナ「おう!これでもっと強くなる!」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。