5スレ>>592


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

        いずも&サイム
 サイム「姐さん、ここどこですか?」
 いずも「さぁ?まぁ、いつかシオンに着くわ。」
 サイム(いつかって生きている間にしてほしい…)
   俺はいま姐さんとシオンに向けて?移動している。案の定迷ってしまった・・・
 いずも「あら?こんなところに看板?」
 サイム「え~っと、無人発電所って書いてあります。」
 いずも「入ってみましょ♪」
 サイム「えっ!は、はい…」
    (そういえば、無人発電所ってイワヤマトンネルの南にあったような…)

       リュウキ退院日
リュウキ「いずもさんとサイムおっそいな~」
 イズナ「またどこかで迷ってんじゃねえのか?」
 ムサシ「迷う?」
リュウキ「あぁ、ムサシには話してなかったな。いずもさんは『天性の迷子』なんだ。」
ヴァリス「で、どの程度なの?」
リュウキ「と…トラウマが…」
 イズナ「あちゃー、俺から話すよ。シオンからトキワの森で迷う程度。」
ヴァリス&ムサシ「「えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!」」
 ムサシ「迷うというレベルを超えてるでござる!」
ヴァリス「只者じゃないと思っていたけどここまでとわね…」
 イズナ「という訳で、ほっといてジム行こ。ジム。」
リュウキ「…あ、ああ。捜したところであっさり見付かるわけがないしな…」
 ムサシ「殿、話が変わるでござるが…」
リュウキ「なんだ?」
 ムサシ「昨日、修行がてらジムを調べたでござる。」
リュウキ「で、どうだった?」
 ムサシ「草タイプのジムでござった。拙者はまだ修行をしたいので、今回は殿たちだけで行ってくだされ。」
リュウキ「わかった。行ってくる!」

       タマムシジム前
リュウキ「じゃあ二人とも外していいぞ。」
 イズナ「よっしゃー!バトルだ!バトル!」
ヴァリス「あら、血の気がおおいこと…でも、わたし一人で十分よ。」
 イズナ「なに!」
リュウキ「おまえら…」

 エリカ「わたくしが、ここのジムリーダーエリカです。」
リュウキ「挑戦しにきたリュウキだ。よろしく。」
 エリカ「あ、あのう少しいいですか?」
リュウキ「はい。」
 エリカ「うしろで喧嘩なさっているのは、あなたの萌えもんですの?」
リュウキ「…すみません…」
 イズナ「だから、お前はでしゃばりすぎだ!」
ヴァリス「あなただってひとのことが言える立場なの?」
リュウキ「エリカさんちょっと外しますがいいですか?」
 エリカ「ええ、どうぞ。」
リュウキ「おまえらいいかげんにしろ!」
     ゴン!! ゴン!!
 イズナ「っ痛!」
ヴァリス「いた~い。」
リュウキ「ジム戦の前になにやってんだ!」
 エリカ「もういいじゃないですか。ところで、あなたはそのお二人だけで挑みますの?」
リュウキ「はい。」
 エリカ「なら、『ダブルバトル』という戦いをしてみませんか?」
リュウキ「ダブルバトル?」
 エリカ「萌えもんを二人同時に出して2対2で勝負をする方法です。」
 イズナ「面白そうじゃねぇか!」
ヴァリス「いいわよ。」
 エリカ「なら、わたくしは『ウツボット』と『モンジャラ』でいきますわ。」
リュウキ「二人ともいいか?」
ヴァリス「ええ。」 イズナ「ああ。」
リュウキ&エリカ「「バトル!!」」
 エリカ「ウツボット『はっぱカッター』、モンジャラ『メガドレイン』!」
  ウツ「はっぱ カッター!」 モン「はぁぁぁぁ!!」
リュウキ「二人とも協力して『サイk…」
 イズナ「サイコキネシス!」
ヴァリス「メガトン…」「って、きゃぁ!なんでこっちに攻撃すんのよ!」
 イズナ「おまえが前に出てくるから!」
リュウキ「おまえら前!!」
ヴァリス「きゃぁぁ!!」 イズナ「うわぁぁぁ!!」
 エリカ「反撃をする隙を与えないで!『はっぱカッター』と『つるのむち』を交互に連係!」
ウツ&モン「「わかりました!!」」

 イズナ「くそぉぉぉぉ!!」
ヴァリス「わたしが、防戦一方だなんて!」
リュウキ(相手の二人はいいコンビネーションだ。こちらは全く二人の息が合わないどうすれば…)
 イズナ「手も足も出せん!でも、このまま負けるのは絶対いやだ!」
リュウキ(そうか!あとは、どうやって伝えるかだ…二人ともエスパーだったな!)
ヴァリス「一発はこっちが圧倒的なのに!」
 イズナ「ちくしょう!」
 ???(・・・・)
イズナ&ヴァリス「「ん?」」
 ???(俺の声が聞こえるか?聞こえたら軽く頷け…)
 イズナ(リュウキか?いい作戦でもできたのか?)
リュウキ(おっ!成功!いい作戦がある!二人とも気付かれないようにしてくれ。)
ヴァリス(ダーリンなにをすればいいの?)
リュウキ(このまま防戦しながら『サイコキネシス』を限界まで威力を凝縮してくれ。ばれないように!)
イズナ&ヴァリス((わかった))
 エリカ「そろそろ止めです!二人とも『ハードプラント』!」
ウツ&モン「「わかった!!」」
 イズナ「まだかっリュウキ!」
リュウキ「まだ!!」
 エリカ「もうなにをしても無駄よ!」
ウツ&モン「「ハード…」」
リュウキ「いまだ!二人とも手をつなげ!」
ヴァリス&イズナ「「なっ!!」」
リュウキ「いいから!」
 イズナ「チッ!しかたねぇ!」
    ギュ
リュウキ(そのまま奴らの真後ろに『テレポート』!)
 イズナ「わかった!」
     シュン!
 エリカ「えっ!!」
リュウキ「二人とも全開『サイコキネシス』!!」
 イズナ「ツイン!」
ヴァリス「サイコ!」
イズナ&ヴァリス「「キネシス!!!!」」
ウツ&モン「「きゃぁぁぁ!!!」」
 エリカ「ウツボット!モンジャラ!」
 イズナ「逆転しょぉぉぉぉぉぉり!!!」
ヴァリス「五月蝿いわね、わたしがいるのだから当然よ!と・う・ぜ・ん!」
リュウキ「二人ともお疲れさん!」
 イズナ「おう!」
ヴァリス「ダ~リン!」
リュウキ「うわ!」
 イズナ「こら!抱きつくんじゃねぇー!」
 エリカ「うふふ…楽しい方々。レインボーバッチです。」
リュウキ「いいんですか?」
 エリカ「はい。」
リュウキ「ありがとうございます!次はヤマブキに行くか!」
 エリカ「次はヤマブキの『ナツメ』さんですか?」
リュウキ「はい。」
 エリカ「ヤマブキジムはエスパータイプの萌えもんですわ。それに、ナツメさん自身超能力が使えるそうですわ。」
リュウキ「なぜ俺に?」
 エリカ「なんとなくですわ。」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。