5スレ>>624


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ラティアス「・・・・・・」
暗い夜空。一体の萌えもんが息を切らしながら、傷ついた羽で、ふよふよと飛んでいた。
ラティアス「・・・兄・・・さん・・・」
だが、ついに彼女は力尽き、気を失ってしまった。彼女の体は地面に向かって急降下していく。

タケ「母さん、飯まだ?」
トキワタウンの一角、1人の寝そべった少年が台所に立つ母に話しかける。
母「んー、もう少しかかるわね」
母は食材を刻みながら、そう答える。
母「そうだ。タケ、悪いけどマサラタウンのオーキド博士のところまで回覧板届けに行ってくれない?」
タケ「えー、何で俺が。めんどくさい」
母「帰ってくる頃にはご飯もできてるわよ。行ってきて」
タケ「ちぇっ」
タケは重たい腰を上げ、回覧板を手にトキワタウンを後にしたのだった。

彼の名はタケ。トキワタウンに住む、ごく普通の少年。性格は面倒くさがり。
タケ「あ~あ・・・なんで俺がこんなことを・・・」
ぶつぶつとぐちをこぼしながら、タケはマサラタウンに向かっていった。
タケ「・・・最近、つまんないことばかりだよな。いつもと変わんないことばっかりで」
ふと星空を見上げ、タケはつぶやく。
タケ「何か、面白いこととか無いもんかな・・・そう、冒険とか・・・」
その時だった。
タケの見上げていた星空に、ひときわ大きな流れ星が見えた。
タケ「流れ星・・・?」
タケがその奇妙な流れ星を見ていると、流れ星は徐々に大きくなっていく。
それを見て、タケは察した。
タケ「な、何か落ちてくる!?」
タケは、すぐさまその場を離れた。そして
ずずーーん!!
つい先程までタケのいた場所に、何かが墜落した。
タケ「い・・・一体、何が・・・?」
衝撃で発生した煙が晴れると、そこにはまるでクレーターのような大きな穴ができていた。
タケはおそるおそるその穴の中をのぞいてみた。
タケ「これは・・・」
その穴の中には、1人の萌えもんがいた。

-これが、タケとラティアスの出会いの始まりだった-
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。