5スレ>>718


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 家に戻ってきてから数日が経った。
 そろそろ旅に戻ろうと思うのだが、母さんがあの手この手でひき止めようとするので、中々踏ん切りがついていない。
 今日は生憎の雨で、仕事に出た母さん以外、つまり僕とニーナはやることも特になくて暇を持て余していた。
 ……外に行ければやることあるのになぁ。
 会うべき人がいる。それは友達であったり、萌えもんであったり、様々だ。
 だが外に出られない以上、家で時間を潰す他なく、ごろごろだらだらと過ごしていたら、あっという間にお昼を過ぎていた。
 そして、時計が三時を示そうと言う時だった。

「マスター、提案があります」

 ニーナが暇つぶしの案を持ちかけてきた。





 二十分後、準備が完了した。
 ニーナは部屋に、僕はエプロンを装備して、中身のない鍋をかき混ぜていた。
 ……勿論病んでなどいない。
 そしてそのまま三時半になるのを待つ。
 その時刻になると、ニーナの部屋から目覚ましの音が鳴り出した。
 目覚ましは十秒と経たずに鎮められた模様。
 だが、
 ……起きるかな?
 廊下をこちらへ向かってくる足音はしない。
 二分ほど待ったが、やってくる様子がないことを確認して、僕はニーナのいる部屋へと向かった。
 部屋の前、数度ドアをノックして、

「ニーナ、おきてるー?」

 ……へんじはない。ただのおねぼうさんのようだ。
 はいるよー、と言いつつ部屋に入ると、見事な蓑虫が転がっていた。
 布団から出ているのは、ニーナの片耳だけというのが笑いを誘う。
 蓑虫を軽くゆすりながら、

「おきてよニーナ。おきないと遅刻するよ」
「うー……あと少しだけ……」
「いっつもそうやって遅刻ギリギリで起きるからダメ! ほらおきておきて」

 布団を引き剥がす。
 下からは、ぎゅっと身を縮めた、乱れたパジャマを纏った「中身」が。

「もうご飯できてるから、準備できたらすぐ来てね」
「はーい……」

 ニーナが欠伸を交えつつ返事をしたのを確認して、僕は居間へと戻った。
 五分と経たぬうちに、ニーナが居間に姿をあらわした。
 上から、寝癖、ワイシャツ、下着、生足という軽装備。
 その姿にドキリとするが、何とか堪えて、

「ごはん並べてあるよ。食べたら洗面所、その間にアイロンかけるから」
「ありがとう……」

 ふらふらーっとテーブルにつくニーナ。
 ぱぱっとお皿を片付けて、

「ごちそうさまでした」

 手を合わせて、ふらふらしたまま洗面所へ向かった。
 僕は出しただけのお皿を軽く水洗し、食器乾燥機に突っ込んだ。
 すぐさまスーツのアイロン掛けに着手する。
 ささーっとアイロンを走らせていると、

「おはようございます」
「ん、おはよう」

 目を覚ましたらしいニーナが再び居間に。
 ……あの格好には慣れないなぁ。

「はい、上下」
「ありがとうございます」
「部屋で着てね?」
「脱ぐものはないので問題ありません」

 そういう問題ではありません。
 背中を押して、部屋に押し込む。
 時計を見れば、もういい時間になっていた。

「着替えたー?」
「はい。今出ます」

 出てきた。

「どうですか?」
「う、うん……」

 なんというか、こう……。

「微妙な反応ですね」
「あ、えと……」

 あまりにも似合いすぎて言葉が出なかった。
 男物の、濃紺でシャドーストライプのスラックスに、同色のジャケットをびしっと決めて、ネクタイをした姿は、凛々しさを感じさせる。
 そしてそれは、しっかりもののニーナにはとてもよく似合っていた。

「ここ、ちゃんとしとかないと」

 少し気になっていたネクタイのズレをととのえてあげる。

「うん、凄く似合ってるよ。大丈夫」
「あ、はい。ありがとうございます」

 そんな格好で、決まっている状態からのふいの笑みは、心を抉り取るような一撃だった。
 玄関まで移動してから、脇に置いていた鞄を手渡して、

「一日頑張ってきてね、いってらっしゃい」
「はい。いってきます。……」

 そこで、順調な流れはぴたと停止した。
 ニーナは僕のほうを見たまま、物足りないというように眉をひそめて、

「……」

 目を閉じた。
 ……。
 この状況だ。おそらく何を求めているかはおおよそ予想が付いた。
 が、乗らない。
 流そう。
 そのためには茶化す必要があった。
 ……!
 昨日目に入ったテレビの流れが使えるかもしれない。
 深呼吸をして、

「ひ、暇を持て余した!」
「私たちの」
「「遊び」」

 まさに言葉通りだったわけなのだけども。





「僕より僕のスーツが似合うだなんて酷いよ。うん」
「そんなこと言われてもですね……それに、マスターのエプロン姿かわいいじゃないですか」
「うーれーしーくーなーいーよー」
「ではこれから私以上にスーツが似合うようになればいいんですよ、マスター」
「そんなこといわれてもなぁ」
「私、マスターのスーツ姿、期待してますよ」

 ウィンクしながらそんなこと言われたら、何も言えないやろー!
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。