5スレ>>811-2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「まったく、あいつにも困ったものだ……」
「あはは。ほんとにね、ヒスイさん」

 台所で即席ラーメンをすする影2つ。
 ジュプトルとピカチュウだ。

「なんでカップめんたべてるの、2人とも」
「いや、人数分作れなくてな。コガネには悪いと思ったが、こいつの性格はお前の方が知ってるだろう」

 そこにもう1人、イーブイが現れた。

「そうだね。バカだもん、コガネ」
「うぐ、ひどいなサラ。せめてお人好しと言ってよ」

 この抗議に対し、ヒスイとサラは。

「おなじだよね」
「おなじだな」

 こう返して、コガネの顔を見事に膨らませた。




 ~るぎゃーとほーおー・てーるおぶからー……のうらで~




「アイツ、ほんとに女誑しだよな」
「ハハハ……」

 彼らのマスターが伝説の萌えもん2人に翻弄される様をみて、彼はそう言った。
 ヒスイの言葉に、貴方がいいますかと言いたくなったのがコガネ。
 何も言わずに体育座りしているのがサラだ。

「全く、あいつは女心ってのがわからないらしいな」

 その姿勢からわかるように、ふだんはおとなしいサラなのだが、
 これにはなぜか突っ込んできた。

「ヒスイにはわかるの?」
「すこしはな。あの状況じゃ、そうだな……『比べられないよ』くらい言ってもらいたいもんだろう」

 挙句サラリと返すものだから、深々とため息をつく。
 ヒスイはなぜそんなものが出るのか、とでも言わんばかりの顔になる。

「(サクラがかわいそう……)」
「(だよね……)」

 それは、この場にはいない、ある人物を慮ってのものだった。

「なんだ、言いたいことがあるならはっきり言え」
「「なんでもないよ」」

 声を揃えてごまかすあたり、この2人は非常に相性がいい。
 そして、それになぜか腹を立てるヒスイ。

「……いくぞ、サラ」
「?」

 立ち上がり、やたらと細い腕をとって歩こうとする。
 が、次の瞬間。

「きゃー、ようじょゆうかーい」

 などという言葉が飛び出るものだから、誰もが驚く。

「な!? お、俺はそんなつもりなど!」
「いやヒスイさん、それむしろ肯定してるよ!」

 大慌てで否定するも口ごもる。それは確かにコガネの言うとおり、図星であると言っているようなものだった。

「へー、ヒスイってやっぱりロリコンで、しかもわたしをらちかんきんするつもりだったんだー」

 重ねての言葉にさらに大慌て。コガネも焦った。
 実はロリコンという言葉は、この一行の男性全てが言われてもおかしくない言葉だったりする。

「……やだ、そんな、コガネもロリコンだったの……?」

 ひどく傷ついた様な声に、さらに焦った彼は。

「や、ちが! 僕は、その、サラの外見で好きになったわけじゃなくて、
 なんといか、眼、かな。サラの目を見たときに、惚れたんだよ。
 一目ぼれ、ってうまいこと、いったよ……ね…………」

 一種のノロケだろうか。とりあえず、恥ずかしい台詞を言い放っていた。
 自分でも何を言っているのか気づいたようで、最後はしりすぼみになっていた。

「……俺だって、サラがロリだから好きになったわけじゃない!」

 気まずい沈黙、それを破ったのはヒスイの叫び。

「ロリコン、というのも認めるつもりはないが、そのあたりは語るだけ無駄だろうから割愛する。
 だがな……俺だって、外見だけでここまでこいつに惚れやしねぇよ」

 格好いい、けれどなにかが違っている主張。おもに前半が。
 なにもいい返せずに黙っていると、続きがくる。

「俺はな、サラのことはよく知ってる。サラの方は俺のことを知らなくてもな。
 こいつのいいところも、悪いところも全部知ってる。笑った顔も、怒った顔も、泣いた顔も」

 1つ1つを思い出すように、目を閉じたまま語ったヒスイ。
 その目を開いて、こう言った。

「──その、全部に惹かれたんだ」

 見つめられるサラ。2人分の視線を受けながら、彼女は。

「その、今後ともよろしく」

 ・・・・・・・・・・・・。

「「(どうしてあれで友情の方のLikeだと勘違いできるんだこの子はーーー!?)」」

 どこぞの誰かと同じく、あっさりフラグを叩き折っていた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。