5スレ>>900-1


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

+++

  ご主人様に花束を

         +++



「何見てるんだ?」
「あ、ご主人様」

 ベランダで見掛けたハクリューは、なにやらぼーっと遠くを見つめているようだった。

「夕日か」
「夕日です」

 大地の終わりと空の果て。
 彼女の見つめる先は、地平線近くまで日が落ちて、燃えるようなオレンジ色に染まっている。

「私、夕焼けって好きなんですよね」
「うん?」
「炎揺らめく真っ赤な夕日が照らし出すオレンジの空、その反対にはもう夜が顔を覗かせていて、
 狭間を深くも鮮やかに彩る紫。夕と夜の境界、黄昏時」

 歌うように話す彼女から紡がれた声は、暖かくて優しい、というのもありきたりだけれど、
 何か心に染み渡るような、そんな響きを感じさせた。

「“昼は忙しさに楽しみを忘れ、夜は次の昼の忙しさに備え、ならばその境目にせめて想い馳せる”……なんて」
「誰の言葉?」
「そんな本を読んだことがありまして。
 私は貴方といて楽しくなかったことなどありませんし、貴方との時間を忘れたことなどありませんけど、
 夕暮れってなんか、特別綺麗に映えて、神秘的で、ね」

 そう言って、彼女はふっと微笑んだ。

「……嬉しいことを言ってくれるなあ」
「嬉しいと思ってくれたことが、私も嬉しいです」
「なんだ、お前今日はちょっとおかしくないか。いやに大胆だな」
「そうですか? いつもの私ですよ」
「そう、か?」

 ああ、そうか。そういえば。いや、今更そういえばと言うまでも無く、
 彼女はいつだって俺の傍にいて、支えてくれていた。

「そうでしょ?」
「そう、かな。……そう、だな」

 こんな俺の傍で、どんな時だって。
 すれ違うこともあれば、ケンカすることだってあったけれど、
 仲直りをして、絆を一つ一つ深めていって、
 彼女は俺を、愛してくれていた。
 けれど――

 ――俺は、どうなんだろう。

 俺は、彼女と出会って。彼女と共に歩んで。……彼女に恋して。そして彼女に何をしてあげられただろうか。
 こんなに嬉しいことを言ってくれる彼女に、それに見合う幸せを、あげられているのだろうか。

「なあ」
「はい?」
「お前、俺のもえもんで幸せか?」
「はい」
「……即答か」
「もちろんですよ。急にそんなこと、どうしたんですか?」

 どうしたんだろう、と俺も思う。
 何故今までこういうことを聞かなかったんだろう、とも。
 ずっと、不安だったはずなのに。俺は彼女と歩んでいいものか、彼女を縛ってはいないかと。

「ほら、お前ってなんでも一人で抱え込むからさ。悩みとか、不安とか一人で抱えてさ、
 不満とか、不幸とか、抱え込まなくてもいいものまで抱え込んでるんじゃないかなって。
 というか、うん、なんだろう」

 自分でも纏まっていない思考を話してるためか、非常に曖昧な言葉が口を出て詰まってしまう。
 それを聞きながら、それでも彼女は穏やかな顔で言ってくれる。

「不満なんて抱えてませんよ。不幸なんてあり得ません」
「そう、か……。いや、そうかじゃなくて」
「じゃなくて?」

 違うな、そういうことじゃない。それももちろんあるんだけれど。
 俺が一番不安なのは――



「――俺、ちゃんとお前を愛せてるのかなあ」



 それは恐らく、俺の心の奥底にあった罪悪感。
 彼女は俺に幸せをくれるけれど、その対価を彼女は求めない。
 彼女は不器用だから。甘えることが苦手だから。
 いつも俺が苦労をかけては付き合ってくれるだけで、
 彼女の望みは満たされているのだろうか。
 まあ、そんなことを考えている俺こそ不器用なのだろうけれど……。

 なんて思いを巡らす刹那の静寂。こちらを見る彼女は心底驚いたように目を丸めていて、

「ぷっ。あは、あははははは!!」

 横に顔を背けて急に吹き出した。
 ――かと思えばさらに、勢いそのまま大声で笑い始めやがった。

「な、なんだよ!」
「す、すみま――ふふ、すみません」

 彼女はしばらく笑いを堪えて目元に涙を溜めていたが、それも治まってくればふうと一息ついて、人差し指でチョンと涙を拭う。
 そしてくるっと、彼女は俺の方に向いて、言った。

「“花束には花束を”……愛は注いだ分だけ、返ってくるものです」
「……それは誰の言葉?」
「私です、あはは。
 貴方からいただいた愛は、等身大ながらも精一杯の愛で、お応えしてますよ」

 そうはにかんだ彼女の笑顔が、可愛くて、

「謙虚な私ですけど、貴方を想う気持ちだけは、誰にも負けませんからね!」

 えへへ、と誇った彼女が本当に、本当に可愛くて、
 抱きしめたい。今すぐに抱きしめたいけども。必死でその衝動は抑えて、

「――謙虚とか、自分で言うなよ……」

 やっとの思いでそう言って、さらりと綺麗な空色髪の頭を撫でてやった。
 撫でてやりながら、こうして見つめ合う時間が、なんとも心地いい。

「あーもう、嬉しくなっちゃったなあ!
 よっしゃ! お兄ちゃん、今日はお前のためになんでもしてやろう!」
「えー、そんなこと言っちゃっていいんですかー?」
「たまにはこんなこともいいさ。ほら、なんだって欲しいもの買ってやるぞ」

 ふふ、それじゃあ――。と彼女は一拍置いて、

「――キス、してください」

 と、
 止めに満面の笑みまで残して。

「……はは、やっぱおかしいよお前」
「私だって、嬉しいんですよ。ご主人様のために何でもしてあげたいけど、今日は特別」

 俺の最後で弱々しい抵抗にはまったく動じず、まあ動じられたことなんてないのだけれど。
 彼女は目を閉じて、くっと顎を上げて、

「甘えてあげる」

 我慢できるわけなどなく、もう抑える必要もなく、
 そしてしっかりと唇を重ねた。

 重ねて、ぎゅっと、抱きしめた。





~~~

 やーっす、零です。
 夕暮れのはくりぅさんです。私の突っ込める限りの甘々を突っ込んでみました。
 はくりぅさんはホントに可愛い。まったくどうかしてるぜっ。
 なんて、ちょっとした短編でした。はくりぅが可愛いから。
 それでは、読んでくださった方に感謝をしつつ、実はもう一本同時投下なのでまた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。