5スレ>>932


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

トキワシティに戻った時は、昼になっていた。
回復するのにも順番をまって、ようやく皆が回復した頃には、1時を回っていた。
ア「皆回復したしニビまで急ぐぞ。」
ユ「うん。」
サ「だけどトキワの森って迷路になってるから、最悪野宿になるかもしれないわ。」
ア「テント張りは、父さんから習っているし大丈夫行くぞ。」
そして移動中・・・。
ア「ここが、トキワの森か。」
ユ「虫が、たくさんいるからいやだよ。」
ト「ユウ兄さんまさか、虫怖いんですか?」
ユ「怖くないけど、相性が悪いから面倒なんだ。」
ア「そうは言うけどさ。お前まだ草技覚えていないし相手も相手で、虫技使う奴もこ
の時点じゃいないぜ。気楽にしろ。」
ア「そうだね。緊張しすぎたよ。」
ト「まあいざとなったら頂きますので。虫萌えもん。」
続く
次回 「いざニビジム 怒るアキヒロ。」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。