2スレ>>182


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 マスターと私――ニドリーナ(愛称:ニーナ)――はまだ見ぬ萌えもんを捕まえるため、サファリゾーンに来ていた。
 が、
「……はぁ」
 今日何度目かも分からないマスターの溜息が耳をつく。
 普段から、明るいとは決して言うことの出来ない性格のマスターだけど、ここ最近の様子は特におかしかった。
 ジムバッジを見つめては嘆息し、あらぬ方向を眺めては嘆息し、道端の石や花を見ては嘆息し……。
 そんなわけで、溜息の数は増えていく一方だった。
 トレーナーがこんな様子では捕まるものも捕まらない。
 暗くなるばかりの彼を見ているのは耐え難いことだったので、
「マスター、一旦あの休憩所で休みましょう」
 数十メーター先の小屋を指差し、私はそう提案したのだった。



「……きっと、長旅の疲れが溜まっています。目を閉じて横になっていてください」
 休憩所は思ったよりも広く、空いていた。おそらく、他のトレーナーは休むことなく萌えもんを捕まえているのだろう。
 私が言うと、マスターはコクリと一度だけ頷き、自分の腕を枕にして眠り始めた。
 ……やっぱり、疲れてもいるんですね。
 すぐに大人しい寝息を立て始めた彼を見て、静かに微笑を一つ。
「いつだったでしょうか……」
 彼が不器用な笑みをなくしてしまったのは。
 不器用ながらも、私を励まし、元気にしてくれたあの笑みを忘れてしまったのは。
 私は彼と初めて出会った時からのことを一つ一つ、確かめるように思い出していった。
 ……あぁ、あの時から。
 そうだ。彼が笑みを見せなくなったのはあの時からだった。
 そうして、夢とも現とも取れぬ意識の中、私は過去を回想していた。



『一言で述べるならば、「辛勝だった」というに及ぶものはない。
 マスターは衰弱した私を抱えて走っていた。
 三つ目のバッジまではさほど困難はなかったように思われる。
 と言っても、二つ目まではフルメンバーで戦っていたのだが――。
 三つ目からは私一人でジムを攻略するようになった……何が理由なのかは知らないのだけれど。
 そして、四つ目、タマムシシティのジムリーダー、エリカとの戦い――
 最初のうちは優勢だった。
 こちらが力で押し切るのに対し、相手は補助的な技ばかりだったからだ。
 いよいよ最後の一体、そうなった時に問題が発生した。
 戦っていた私からすれば、最後の一体だけが異常にレベルが高かったように錯覚した。
 それほどまでに、補助技の効果が効いてきていたのだった。
 だが、こちらとて、並の覚悟でやってきていたわけではない。
 マスターのサポートを受けながら、私は辛うじて敵を倒すことに成功した。』



 その後からだった。
 マスターがどこか魂の抜けたような状態になってしまったのは。
 私が何度呼びかけても反応せず、ただぼんやりとバッジを見つめては表情を暗くする。
 ようやく反応したかと思えば、私の話を耳から耳へと聞き流す。
 数日のうちは体調でも悪いのだろうと思っていた。
 一週間過ぎるころになって私はマスターの症状に対して一つの可能性を見出していた。
 かつて、マスターはこんなようなことを言っていた。
「元気で騒がしいよりは、落ち着いていて静かな方が好きだ」
 と。そして、
「だからニーナが気に入ってるのかもな」
 このうち前者と、バッジ、タマムシのジムリーダー、マスターの年頃を考慮に入れると、すんなりと答えが姿をあらわした。
 ……恋煩い。
 ズキリと胸に痛みが走った。その理由に思い至る前に私は痛みを無視した。
 出会った時から心に決めていた。彼のやることを全力でサポートすることを。
 彼の行く道を阻む物があれば取り除くことを。
 たとえそれが、自分自身であってもだ。
 この決心は曲げられない。曲げるべきは己の心。
 ……でも。
 マスターがその気持ちにどう決着を付けようとも。
 ……今だけは……。
 そう、今だけは、その時までは。
 せき止めていた感情が決壊する。胸の痛みの代わりに涙が零れた。
「私だけを……」
 そして、そっと、マスターの頭を私の膝に乗せた。


つづく?
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。