1スレ>>51


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


トムは自らの象徴とも言える逸物を私に見せ付けるように、私に見せびらかすように露出した。
突然の事に私は声を出す暇も無かった。いや、ここで落ち着いていられる人等いないだろう。ただただ呆然と、私はトムの逸物を見ていた。

「我慢出来ない」

トムのその青い目が私を見つめる。その双眼は以前から私を見つめていた、あの熱い視線と同様のものだった。
だがしかし、トムの言葉で私は正気に戻り口を開く。

「な、なにを言っているんだ!私には妻と子も……大体君と私は同性じゃないか!」

だが私の言葉も彼の耳には入っていない。それを聞いても尚、彼は私に詰め寄ってくる。

「や、やめ…………」



………………………



……………



……



「面白かったですね」

映画館から出た後、いつもは無表情のフーディンが幾分か表情が柔らかくなっているのに気が付いた。

「そうか。俺はつまらなかった」

フーディンとは対照に、私の顔は多少歪んでいる。産まれ持った造形的な意味では無く感情によって歪んでいるのだ。

「興味深い事ばかりでした。また来ましょうね」

「……」

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。