2スレ>>299


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「どうしたかしら? もえもん図鑑と私を見比べて」
「いや……その……聞きたいことがある」
 何かを決意したような顔で、バウワウを見るトレーナー。
「遠慮しないで、なんでも聞きなさいな」
「……じゃあ聞くが、お前の持つ特性が「あついしぼう」となっているが、実は太っ」
「れいとうビームっ!」
 トレーナーの言葉を遮って、バウワウのれいとうビームがトレーナーに炸裂。
「うふふふふふ、レディに年齢と体重を聞くものではなくてよ?」
「そ、その外見でレディっておまえ」
 氷付けで震えながらも、なんとか言葉を発するトレーナー。
 れいとうビームを受けて、一撃で沈むもえもんもいる中、よく耐えたものだ。
「女って何歳でも「女」なのよ? よく憶えておきなさい」
 そう言ってバウワウは、トレーナーをほおって歩き出す。
「どこへ行くんだ! 助けてー!」
「しばらく、そこで反省してなさい」
 
 太っているかどうか。この謎は永遠に闇の中へ……なんてことはない。
 真実は、特殊な服でもって、特性がわりとしていただけだった。
 れいとうビームを喰らわせたのは、体重がどうとかではなく、
 好きな相手の無神経さに対する乙女心というやつだ。
 
 この後、仲間のもえもんに助けられたトレーナーは、
 ぷくーっと頬を膨らませたバウワウに1時間土下座し続けた。


 バウワウを仲間にして、図鑑を見たときに思ったことです
 あついしぼうって、見えねー! と突っ込みをいれました
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。