2スレ>>532


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

[ 歌姫の旅立ち]


「やってきました、おつきみやま!」
「どうしていまさら、こんなところに」
 おつきみやまの麓に、少女とフシギバナが立っている。少女は元気はつらつとし、フシギバナは少し疲れているように見える。
「シルフカンパニーでは、ロケット団がのさばっているんですよ? 先にあっちをどうにかしないでいいんですか?」
「人間よりも、もえもん! それが私のジャスティス!」
「ということは、ここにいるもえもんに用事があると」
 呆れと納得した表情を両立させるフシギバナ。
「そうなの! 噂でね『おつきみやまには、とても綺麗な声で歌うもえもんがいる』って聞いて、いてもたってもいられなくて!
 ちょうど暇だったから、来てみたわけよ。綺麗な声で歌うもえもん……とっても可愛いんでしょうねぇ」
「暇って、シルフカンパニーはどうするんですか……聞いてませんね」
 少女はうっとりと、まだ見ぬもえもんを想像する。鼻から血が。どうやら姿を知らないもえもんで、興奮できたらしい。どんだけ妄想力が高いのか。
 フシギバナは、流れ出した鼻血をティッシュで拭う。それが様になっているということは、何度も繰り返した行為なんだろう。
  溜息なんてついてると、幸せが逃げるぞフシギバナ。
「さあ、目的のもえもんを探しにしゅっぱ~つ」
 天気は快晴。山の中は、木々に光が遮られて、とても過ごしやすそうだ。散歩にはもってこいの、散歩日和。

「ふと思ったんですけど」
 山に入って、少ししてフシギバナが言う。
「なーに?」
 目的のもえもんを探すため視線は、あちこちへと向けながら少女は聞き返す。
「どうして連れてきたの私だけなんですか? 探すっていうなら、人数は多いほうがいいでしょ?」
「理由は三つ。一つ目は、あまり大人数でくると、相手が驚くかなって思ったのさ。
 んで二つ目、ジム戦で疲れてるあの子たちを、さらに疲れさせるわけにはいかないから。あなたは、今回のエリカ戦はあまり出番がなくて、疲れてないっしょ?」
「それなら、預けている子たちでもよかったんじゃ? あの子たちは全く疲れてませんよ?」
 その二つの理由では、完全には納得できないフシギバナ。
「そこで最後の理由。久しぶりにフシギバナとゆっくり過ごしたかった。
 最近、他の子たちばかり相手してて、フシギバナとのコミュニケーションが足りてなかったと思うわけです。
 フシギバナも皆のリーダーみたいな感じで、忙しかったでしょ? それで、ゆっくりとできてないんじゃないかなって。たまには、お姉さん役から解放してあげたいなぁと」
「そうでしたか……でも一番手のかかる子と一緒だと、ゆっくりできるかどうか」
「はうっ。あはははっ、それは、その……ね?」
 言葉とは逆に、フシギバナは嬉しそうな顔で、言い繕う少女を見ていた。自分のことを考えての行動が、嬉しかったんだろう。大切に想われていると、実感できたから。
「皆の姉役は楽しいですよ、だから特に疲れてはいません。でも、ありがとうございます」
 
 二人は、上機嫌でもえもん探しを続けていた。けれど、いっこうにみつからないので、一度休憩することに。
「みつかりませんね?」
「そだねぇ。歌でも聞こえてきたら、その方向に向かうんだけど」
 フシギバナが作った弁当を食べつつ話す。
 少女も、もえもんたちに手作り弁当を食べてもらいたい、と思って作ったことはあるのだが、鼻血が混ぜるため禁止された。
 その際、愛がたっぷり混ざっているからいいじゃないかと反論したのだが、愛があっても血の混ざったものは、誰でもひく。
「もっと詳しい情報はなかったんですか?」
「んー……」
 少女が思い出そうとしていると、弁当の匂いにつられたか、プリンたちが茂みから姿を現した。
「可愛いっ」
 一秒前の思考を放棄して、目の前のプリンたちに少女は夢中になる。
「マスター……あっ」
 これが少女にとって当たり前の反応だとわかってはいても、呆れることをやめられないフシギバナ。そのとき、何か閃いたらしい。
「あなたたちに、聞きたいことがあるんだけど?」
 思いついたことは、わからないことは聞けばいい、ということだったようだ。
「いーよ。でも、かわりにそれちょうだい?」
 首を傾げてプリンは、食べかけの弁当を指差す。
「ご飯がほしいの? どんどん食べて!」
 少女が自分の弁当を差し出した。もらった食べ物を美味しそうに食べるプリンたち。
「マスター。私と一緒にたべませんか。食べたぶんだけじゃ、足りないでしょう?」
 しばらく、食べる音だけが辺りに響く。
「ごちそうさま」
「ごちそうさまー」
「「「ごちそうさまー」」」
「それじゃ、話を戻して。このあたりに、きれいな歌声のもえもんがいるって聞いたんだけど、あなたたち知らない?」
 片付けながらフシギバナが聞く。
「あの子のことだ」
「あの子のことだね」
「そうだね」
 プリンたちは、頷きあう。
 詳しい情報を求める二人に、プリンたちは知っていることを話す。

 それは、異端視されていたプリンが、人に連れられ山を出て、傷つき帰ってきた話。
 そしてプリンたちは、二人に頼む。あの子の傷を少しでもいいから、癒してあげてほしいと。私たちでは、無理だからと。
 プリンにとって歌うということは、楽しいこと。だから、歌声にも楽しさが込められ、さらに楽しく歌うことができる。
 でもあのプリンは違う。歌には哀しみが込められていた。プリンたちにとってそれは、衝撃だった。同じプリンが、哀しみを歌うようになる。
 そんなことをできるまでに、何があったのかと考えて、気づく。自分たちが、行ったことを。しでかしてしまったことの重さを。
 哀しみの歌は、毎日流れる。そのたびに自分たちの罪を認識させられる。謝ろうにも、少しでも誰かが近づけば逃げてしまう。
 人と旅に出て鍛えられたあの子とは、動きが違いすぎて会うことすらできない。
 だから、会えたら伝えてほしい。いまさらだけど、一緒に歌おう? 仲間外れにして、ごめんなさい、と言っていたと。

 プリンたちに、詳しい場所を教えてもらった二人は、早速そこへ向かう。
 少女は、探していた相手に会えるから喜びに満ちている、というわけではなく、苦い表情だった。
「どうしたんです?」
 いつもとは雰囲気の違う少女に、フシギダネが心配そうに聞く。
「んー……ちょっとね。昔を思い出しちゃった」
 口調は軽いが、表情がそれを裏切る。
「昔……ですか? それは私に会うよりも前?」
「うん。私のこの性格ってね、生まれつきって言っていいほど、前からのものなんだ。
 それで、今と同じようによく暴走してねー。皆から、変だ、おかしい、気持ち悪いって言われて、のけ者にされたものだよ。
 そのときのことを思い出して、ちょっとだけ気分が沈んじゃった」
「笑いながら言うことじゃないと思いますけど。
 暴走を抑えようとか、性格を少しだけでも変えようとかしなかったんですか?」
「そんな器用なことができるんなら、今ここにいないなぁ。それどころか、旅にすら出てないだろうね。
 私が旅に出た主な理由は、こんな狭い町にいるから、のけ者にされるんだ。だから、旅に出れば、自分と同じ人に会える。自分を受け入れてくれる人に会えるっていう理由だし」
「受け入れてくれる人もいなかったんですか?」
「なんだか質問ばかりだよ? まあ、いいけどね。
 受け入れてくれる人は、いた。お父さんとお母さん。でも、当たり前すぎて気づけてなかった。旅に出て、やっと気づいたよ」
「今は、見つかりましたか?」
 そう聞いたフシギバナの声は。緊張し震えていた。自分たちは、少女を受け入れている。それは断言できる。
 だけど、それが届いていないとしたら? 少女が、いまだ哀しみを感じていたとしたら? 私たちでは、力になれていないのかもしれない。それを知るのが、怖い。
「同じ人は、たしかにいた。そして、受け入れてくれる人にも会えた。私の大事な大事な仲間たちにね」
 そういった少女は、付き合いの長いフシギバナでも、初めて見るほどの、親愛の込められた微笑みを浮かべていた。
 その微笑みは、フシギバナの不安を吹き飛ばして、フシギバナの心に、大事な宝物として刻まれた。
「辛気臭い話になっちゃったね。明るく行こう!
 どんな話題がいいかな~……そうだ! 帰ったら一緒にお風呂入ろう。久しぶりに、フシギバナの体の成長具合を」
「いいですよ。一緒に入りましょう」
「あら? えらく素直に。いつもは、もう少し難色示すのに」
「いいことがありましたから。それにしても、悩みなんかなさそうなマスターにも、暗めの過去があったんですね」
「過去に傷を持ついい女と呼んでくれい」
 少女は、手を鉄砲の形にして、あごに持っていき、ふふんと笑う。
「はいはいって、あら? もしかしてこれが?」
 向かう先から聞こえてくる歌。綺麗でいて、哀しい歌。この歌にあてられたのか、鳥や虫は鳴くことをせず、歌声のみが響く。
「綺麗だけど、どこかむかついてくるのは、同属嫌悪ってやつなのかしら」
 歌を聞いた少女の表情に、浮かぶのは不快だという感情。事情を知らなければ、綺麗さとせつなさだけを感じていただろう。
 しかし、事情を知った今、その感情は浮かびにくかった。
「この先にいるんですね。静かに行きましょう」

 ここから先は、一言も話さずに、足音も立てないようにゆっくりと進んでいく。
 やがて木々の隙間から、一人歌うプリンの姿が見えた。
「なにあの子!? なんだかすっごい母性本能湧くんだけど!? ほら鼻血がっ」
 少女が、プリンの微弱なかまってオーラを感じ取った。少女のもえもんへの愛が、感じ取らせたのか? そうだとしたら、どこまで好きなんだと聞いてみたい。
「マスターが鼻血を出しているのは、いつものことでしょう。それと母性と鼻血は全く関係ありません。
 それよりも騒ぐとみつかりますよ」
「了解。さて都合のイイコトに追い風。フシギバナ、ねむりごな」
「ここからじゃ、届いても効果は薄いですよ?」
「それでも動きは鈍るはず、そこをつるのむちで捕まえよう」
 ひそひそと小声で話し、逃げられないように作戦を立てる。そのおかげで、プリンはいまだ二人に気づかず、歌い続けていた。
「いきますっねむりごな」
 フシギバナから出たねむりごなは、風に流されて、プリンのもとへ。一分ほど、ねむりごなを風に流すと、プリンの歌が途切れ始めた。
「ここからだと、これ以上の効果はでません」
「それじゃ、いっきにいくわよ!」
 二人は、茂みから出て作戦を実行する。
 プリンは、なぜだか眠くなっていたところに、突然他人が現れて、驚き固まってしまった。そのおかげでフシギダネは、プリンを簡単に捕まえることができた。
「成功!」 
 プリンは、なんとか逃げようとじたばた暴れる。だがつるのむちは、攻撃を与えない代わりに、プリンをがんじがらめにしてた。
 それは、あとでちゃんと解けるか、フシギバナが心配になるほど。
 逃げられないとわかったプリンは、暴れるのをやめて二人を見る。いや、睨みつけると言ったほうがいいのかもしれない。
「わたしをどうするつもり?」
「うっふっふっふ、どうしようかしら。あーんなことや、こーんなことを」
「動けない相手に、何するつもりですか」
 手をわきわきと動かす少女に、フシギバナがつっこむ。
「どんなことって、撫でて、抱き上げて、頬ずりして、連れ帰って、一緒にお風呂入って、抱き枕」
 即答した。
「いつもと一緒ですか……私はてっきり」
 若干、頬を赤く染めて、目をそらすフシギバナ。
「てっきり?」
「いやっそのですねっ、え~と、あの、もっと過激な……」
 だんだんと声が小さくなっていく。
「?」
 フシギバナが何を言いたいのか、さっぱりわかっていない様子の少女。その手の知識はさっぱりらしい。
 その変な雰囲気を破ったのはプリン。
「連れ帰るって、わたしを仲間にでもするつもり?」
「できれば、したいわねっ」
 少女は、力いっぱい頷いた。
「あなたは、わたしに何を求めているの? 歌? 役立つ戦闘能力? それなら、ほかをあたって」
 ぬくもりという毒に犯されたプリンは、ぬくもりを求めつつも、同じ苦しみをうけることを否定する。
 でも、誰かと共にあることを否定しきれてはいない。それは、歌に無意識のうちに込められた、わずかな期待が証明している。
 そして、前の主がしてくれなかった、してほしかったことを、当たり前のように、やると口にした少女に興味が湧き出していた。
 だから問うたのだ。関心がなければ、口さえもきかなかったはずだ。
「私があなたに求めているもの? そんなの決まっているわ! 可愛さよ!」
 プリンが想像していたものとは、ずれた答えが返された。
「一緒にいて笑ってほしい。可愛い仕草で、萌えさせてほしい。抱きつきたいし、抱きついてほしい。一緒に旅してほしい。ほかにも、いろいろしたいわね!」
 それは欲にまみれた、本能の叫び。隣に立つフシギバナは、呆れている。まあ、ちょっと笑いもしているが。
 少なくとも、綺麗な言葉ではない。なれど、心の底からの言葉だから、本気でそう思って出た言葉ゆえに、届いた。
 どこに? そんなの決まっている。プリンの心にだ。つけられた傷に染み込むように、わずかに残っていた期待にまでだ。
 この人ならば、この人ならば、今度こそ、わたしのほしかったものをくれるんじゃないのか。ふくらみ始めた期待が叫ぶ。
 ふくらむ期待に背を押されて、プリンの口から言葉がこぼれ出る。
「わ、わたしは、歌う道具じゃない」
「うん」
「わたしは、強くもない」
「うん」
「わたしは、あなたに何一つ返すことができない……かも」
「そんなことはないよ。一緒にいてくれるだけで、私は嬉しいもの」
「わ、わたしは……」
「私と、いや違うわね。私“たち”と一緒にいかない?」
 そう言って少女は、手を差し出した。そばに立つフシギバナは喋らない。けれど、瞳が語る。一緒にいこうと。
 緩められたつるのむちから、震える手が出て、少女の手に伸びる。そして重ねられた。
「これからよろしく、プリン」
 プリンは答えない。泣いて答えられないから。でも、首は何度も縦にふられていた。

 仲間のもとへと帰る。
 プリンは、少女に背負われていた。久しぶりに感じるあたたかさを、力いっぱい感じようと、強く抱きつく。
 そんなプリンに、少女が話しかけた。
「ねえ、プリン」
「なに、マスター」
 この呼び方は、フシギダネを真似たもの。
「もっと歌を覚えようか。今の歌も綺麗なんだけど、ちょっと暗いからねぇ」
「覚えたらマスター嬉しい?」
「一緒に歌える歌が増えるのは、嬉しいよ」
 一緒に歌えると聞いて、プリンの笑顔はさらに輝く。
「覚える!」
「それじゃ、何を覚えよっか。JAMなんか、元気があって楽しいんじゃないかな?
 ああっでも、少しだけ、ほんの少しだけ、昭和かれすすきを聞きたいかも」
「それがどんな歌かわかりませんが、なぜかプリンには歌わせては駄目だと思うので、やめてください」
 そんなことを話しながら、三人は仲間の待つ、もえもんセンターに歩いていった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。