2スレ>>585


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

コダックの忘れ者









「ザバザバー」


河を泳ぐ黄色い物体。


「お~い、コダック~」


そしてそれに呼びかける男性。手には袋を持っている。


「ザバザバー」


「聞こえないのか? お~いってば~!」


「ザバザバー」


「ホントに聞こえてないみたいだな……仕方ない」


少年は徐に袋の中から魚を出し、それを振り始める。


「そ~れそ~れ、匂いよ風に乗れ~」


「ザバザ…? ザバザバザバザバー」


そうすると、今まで滅茶苦茶な方向に泳いでいたコダックが、少年のいる岸の方向へ向かってきた。


「おお、来た来た。魚の匂いが分かるなら、声で反応できるような気がするけどなぁ」


「ザバザバー。とうちゃ~く。よいしょっと」


岸に上がったコダックは少年の顔を見て、不思議そうな顔をする。


「……? きみ、だれ?」


今まで何回も会っているのだが、いつもこの反応なのだ。


だが、彼は何も言わずに魚が入った袋を渡す。


「おお、そうだ。きみは……さかなのひとだ。おひさしぶりです、どうもありがとう」


「昨日も一昨日も会ったんだけどねぇ」


「うん、だいじょうぶ。それはおぼえてる」


本当は、何度も名前も名乗っているのが、会う度にこの反応なのだから、もう諦めた。


だけどそれも、目の前で可愛く魚を頬張る姿を見ると……何となく許せてしまう。


やがてその可愛らしい行為も止まる。


「ふう、もうおなかいっぱい」


「そう、それじゃあ残りはここに置いておくから、夜に食べるといい。」


「よるまで、おぼえてるかなぁ」


「それまで、僕が一緒にいるから大丈夫だよ。時間になったら教えてあげる」


二人は昨日も同じ会話をしたのだが。……全く同じ時間に。


「おお、それはたすかる。おれいに、およぎをおしえてあげる」


「いいって。君に教わると、泳いでる間ずっとザバザバ言わなきゃいけなくなりそうだ」


「……わたし、そんなこと、いってるかなぁ?」


「言ってる」


納得がいかなさそうに頭を捻るコダック。


「……まぁ、それはいいや。でもだいじょうぶ、およぎをおしえるのは、とくい。」


そう言って男の手を取るコダック。そのまま河の方へ向かう。


「だから僕は無理なんだって。心臓が悪くて、お医者様にも止められてるんだ」


その言葉に反応して動きを止めるコダック。そのまま彼の方を向いて


「……そうだっけ?」


やっぱり憶えてなかったらしい。


「そうだよ。本当にキミは忘れっぽいなぁ、前にも言ったろ?」


普通のコダックが記憶を失うのは、能力を使った時ぐらい。


だけどこのコダックは、他の者より遥かに忘れっぽく。憶えているのはせいぜい三日前位の事だった。


「むぅ、でもきっと、うまれたときからこうなんだ。しかたない」


「そう、僕も生まれたときからこうなんだよ」


「そうか、それならしかたない」





考え事でもしているのであろう。コダックは彼の周りをペタペタと歩き周る。


「よし、およぐのはやめよう。きょうはおはなしをしよう」


「あれ、いいのかい?」


少年は彼女は泳ぐ事が大好きなのを知っていた。


「わたしのきおくが、たしかならばぁ、きのうはおよいだ。きみはみてた。だからきょうは、おはなししよう」


「…………うん、ありがとう」


なにが"だから"なのかよく分からなかったけれど、純粋に彼女と話できる事が嬉しかったので、すぐに彼は快諾した。



「それじゃあ僕は、君の事が知りたいな」


「むっ、わたしがはなすのか?」


「憶えてる範囲でいいから、教えてよ、君の事」


「むむむ、そうだな。……わたしはさかながすき」


「うん」


「あとは……きみのこともすき」


「……ありがとう」


だったら名前ぐらい憶えてほしいと思ったが、口には出さないでおく。


「う~ん、あとは……」






川の流れのように、緩やかに、時間は過ぎていく。


実は、こうして話すのも初めてではなかった。


だけど彼は、彼女と一緒にいられれば、幸せだったから。


だからこういった事を、何度も繰り返した。



毎日、毎日、同じ時間に、彼女の元へ足を運びながら。




―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





ある日、僕は彼女にある事を告げた。



「明日からしばらく、これそうないんだ」


僕の膝の上で魚を食べていたコダックは、思いがけない言葉に魚を取り落とす。


「そ、そうなの、ざんねんだな。じつに、……うん、じつに、ざんねんだな」


彼女を後ろから抱きしめながら、そのまま話を続ける。


「手術を、しようと思ってね」


「……しゅじゅつ?」


「え~と、つまり……治療だよ。僕の心臓の」


「そうなのか……それなら、しかたないな。しっかりなおしてくるといい」


「ありがとう。…………それにね、この手術が成功したら、君と一緒に泳ぐ事もできるようになるんだ」


その言葉を聞いた瞬間、僕の方を勢いよく振り返るコダック。


「なに? それはほんとうなのか?」


「うん、だからちゃんと待っててね」


「うん、それなら、まっている。……ふふふ、たのしみだなぁ、はやくおよぎたいなぁ」


本当は、分かっていた。


三日も会わなければ、彼女が僕の事を憶えていないであろう事は。


でも、それでもやっぱり、"もしかしたら"という希望を持っていたかったし、


それになにより



「もし、わたしがきみのこと、わすれていたら、ちゃんとおもいださせてね。」


「……どうやって?」


「う~ん、さかなをみせるとか、いままではなしたことをはなすとか、なにかおもいでをいうとか」


「そんなんで思い出すかなぁ」


「むぅ、でも、がんばるよ。きみのことは、おもいだしてみせるさ」



―――――彼女が、こんな事言うもんだから。



「そっか、じゃあ、忘れてたら僕が頑張って思い出させるから、君は頑張って忘れないようにしてね。」


「うん、がんばるよ」


「それじゃあ僕はこれで」


「うん、ふたりでおよぐの、たのしみにしてるから。しゅじゅつ、がんばってね」


「……ありがとう。それじゃあ、またね」


「うん、またね」



結局、僕が頑張って、思い出させる事になるんだろうなぁ。……思い出すかなぁ。


まず、どうやって思い出させるか、それを考えないとなぁ。



そんな事を考えながら帰路に着く。


手術への不安なんて物は、チラリとも出てこなかった。





――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


それから数日後。


比較的大きな河の岸辺にて、足をブラブラさせている黄色い物体。……コダックである。




「まだかなー、おそいなー、……まだかなー」


そして河から出てくる貝。


「ねぇねぇコダックちゃん」


「……きみ、だれ?」


「シェルダーだよ、いい加減憶えてよ!」


「ううむ、みたことあるような、ないような」



表面上怒ってはいるが、彼女はいつもこうなので、別に気にしていない。



「まぁ、いいや。そんな事より、この間から何を待ってるの?」


「……わからない」


「…………へ?」


「なにをまってるのか、わすれちゃった」


「……分からないのに、待ってるの?」


「うん、わたしは、まってなきゃ、いけない……ようなきがする」


「曖昧ねぇ。そんなに楽しそうなのに」


「べつに、たのしくは、ない。たのしみなんだ…………なにがかは、わすれちゃったけど」


「ふーん」



しばしの沈黙が、場を支配する。


まぁその間もコダックは、足をぶらつかせながら「まだかなー」と唸っているのだが。



「私、向こうで遊ぶけど、コダックちゃんもこない?」



「いい、わたしがここにいないと、きっとこまる」



「……誰が?」



「…………わかんない」



「そっ、まぁいいわ、それじゃあね」



何となく、その返事が予想できていたシェルダーは、それだけ言って、また河の中に潜って行った。




「まだかなー、はやくおよぎたいなー、まだかなー」



泳ぎたいなら泳げばいいのに、と心の中で思ったが、そうする気は無かった。


コダックには、その理由は分からないが。




彼女は毎日こうしていた。


毎日毎日、よくわからない誰かを待っていた。





だが、ずっとぼーっと、しているわけにもいかない。


「ああ、おなかすいたなぁ、なにかたべようかなぁ、さかなでも………さかな?」


急にその場で立ち上がり頭を抱え始めるコダック。


「う~ん。なにかおもいだせそうな……う~ん、わからない」



しばらく考えたが、やはり何も思い浮かばなかったらしい。



「でも、ごはんはもうちょっとだけ、まとう。たしか…………もうちょっと、あとだった」



何の事かは、忘れちゃったけど。


心の中でそう呟いて、また足をぶらつかせる。



「まだかなー、…………はやくあいたいなぁ」










一人の少年が、いつもの時間に


おいしそうな魚を、いつもより沢山持って


いつもの場所に到着するまで




あと、30分
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。