3スレ>>87


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カタカタカタカタカタ…
「…ん?なんだ?」
腰につけていたボールがいきなり震え始めた。
俺はそれを取り出し、投げる。
出てきたのは、イーブイ。
「どうしたんだ?腹でも減ったか?」
「………(ふるふるふるふる)」
この子は無口なのかどうか知らんが、なぜかしゃべらない。
まぁそれでコミュニケーションの問題が今まであったかと思えば、それはない。
「じゃぁなんだ?次の街まではまだ結構な距離だぞ?」
「………。」

ぴょーん ぽふっ

イーブイがいきなり飛びついてきたかと思いきや、俺の肩の上に乗っかってきた。

「~♪」
「おいおい何だよ、甘えたかっただけか。」
「……(こくり)」
時々こういうことがあるが、俺はそれで一向に構わない。
「ほんと、あまえんぼうと言うかなんと言うか…かわいいやつだな。」
「あひゃっ♪」
腰の辺りを軽くつついてやると、くすぐったそうに腰を捻らせ逃げる。
だが俺の手はその無邪気な腰を追尾する。
「…むーむー!」
負けじとイーブイは、俺の頬を引っ張ってくる。痛くはないが心地よい。


俺はマサキのコレクションを見てからと言うもの、あまりのインパクトに今も心を奪われ、脳は痺れている。
イーブイ…
七種の萌えもんに進化すると言われているが、そんなことはどうでもいい。
彼女の姿が、あまりにも衝撃的過ぎた。
残念ながら俺の図鑑はもう完成しない――申し訳ないな、博士。


「…ふぅ、そろそろ行くか。」
「……(こくり)」
予定外の小休止ではあったが、有意義な時間であった……

ガタガタガタガタ!!

「うおっ!…なんだなんだ!?」
一斉に腰につけたボールが震え始めた。残り五つのボール…

気づいたときには、5匹のイーブイがボールから現れ、一斉に飛び掛ってきた。

「ずるいのですよご主人たま♪わたしもしてほしいのです。」
「ちょっとー、ぬけがけすんなぁ!アタシが先よぉ!」
「はいはいうるさいですよ。ご主人様は私と遊びたいのよ?」
「ねぇねぇ、ぼ、ボクと遊んでくれるかな?」
「もういいんじゃない?いっそのことまとめてとりゃーだっ!!」
…俺は今、6匹のイーブイと旅をしている途中だった。
「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」
ぼふっ!!
遂には5匹のイーブイに押し倒され、地面に転がった。
「あははー♪楽しぃー♪」
「お、おい、こら!そんなところに乗るな!って!ちょ、お前顔の上にも、もがもが……」
「………(おろおろ)」
体は一つしかない。そんなまとめて相手するのは…
ああ、でもまんざらでもないと思った俺はもう末期だな…
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。