3スレ>>264


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「……まぁいいじゃろう。だがもう一回挑んでこい!
負けて引退など断じて許さん!」

―――――

―――



…ったく、許すのか許さないのかどっちなんだよ。
まぁ間接極められなかっただけましか。片腕ないだけで間接技がこうもかけられなくなるとは。
打撲のほうは……まぁ大したこともなさそうだ。

「ますたー」
「じぃに」
「おこられたの?」
「ないてる?」
「ぼくたちが」
「なぐさめて」
「あげようか?」

部屋の外にいた7匹が聞いてくる。
「……大丈夫、問題ないよ。さ、散歩にいくぞ」


今日はいい天気だしな、せっかくだから街のほうにまでいくのもいいかも―

「ウッヒョオオオオオオオオオオオ!なんというユートピア!ここは桃源郷か!」

……いつぞやで聞いたことのある叫び声。おっかしいなたしか凍死したと聞いて―

「やっぱあんたか……」

「おぉ!いつぞやの交流会の人じゃない―――」

「……?」

「もふもふー!!」

超低空タイブ!目標はガーディ!

「うわぁ!?」

「かぁいい、かぁいいよぅ~」

「「「「「「……(キュピーン」」」」」」

残りの6匹が変態に興味を示した!
6匹が変態に飛びついた!

「うは、これはいいハーレムwwww」

「半分は雄だ……まぁいいけどなんでこんなところに?」

「天国があると聞いて飛んできました」

「そうか、お前らどうする?そいつと遊んでるなら俺は一人で買い物いってくるが」

「んーと」
「そうだね」
「じゃあきょうは」
「このひとと」
「あそんでるよ」
「だからますたー」
「いってらっしゃい」

「了解、帰るときはそいつらは親父に預けといてくれ。
いまケンタロスと素手でやりあってるのがうちの親父だから」

「うは、全員可愛がってやるぜwwww」


聞いちゃいねぇな……まぁまだ仔犬だし変な気もおこさないだろう。
いざとなったらリン姐がどうにかしてくれるさ。


さ~て……せっかくだしあの化け物に挨拶でもしてくるかな。
どのみちまた勝負を挑むことになるしな、確かニビシティから見学用のゲートがあるんだっけ?
そのあとは……またあとで考えよう。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。