3スレ>>338


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

マスター「ぐぼぁ!」

ごすごすごすごすごすごすごすごすごすごすごすごす


ガラガラ「あははははははははは」


痛いイタイイタイ痛い助けて!
なにがなんでどうしてこうなってるんだ!?
これはさすがの俺もきつい。
というかあんた成仏したんじゃなかったのか!


ガラガラ「君は僕の娘に手をだした。そしてあろうことか
     そんなことを尻目に次々と他の萌えもんをねらって
     ・・そんなあなたに天罰よ♪
          この僕、三塚井ガラガラちゃんが成敗してあげる!」

マスター「/(^o^)\」

ガラガラ「今更懺悔しても遅いわよ・・・
     このエスカリボルグMkⅡの錆になりなさい。」

マスター「違う!俺は萌えもんが大好きなだけなんだ!
     分かってくれ。これは運命なんだ・・・
     そして俺には帰るべき場所がある
     俺の事を待ってくれている・・・家族がいるんだ!」

ガラガラ「日本語でお願い」


ドゴァ!


マスター「ぎゃぁ!」

ガラガラ「うふふ、死になさい☆」


-約3時間後-


ガラガラ「えーい☆」


ドゴシャッ!


マスター「げぶぅ!」


ああ、やっと意識がとんでいくぅ~。
ようやくこの痛みから解放されるわけか・・・


ガラガラ「何勘違いしてるんDA?」

マスター「ひょ?」

ガラガラ「まだ僕のバトルフェイズは終了してないZE!」


ばしゃぁ!


マスター「ぐえぁ!げほっ!げほっ!げほっ!」


ぬああ、水が鼻に入った!
頭が痛い頭が痛い!


ガラガラ「気絶なんてさせないんだから☆
     もうちょっとエスカリ(ryの餌食になってなさい!」

マスター「くやしいっ!ビクビクッ」

ガラガラ「あはははははははははははは」


誇ってくれ・・・それがたむけだ・・
どうやら俺の命運もここまでのようだ。
おかーさん、なぜか存在しないおとーさん
先立つ親不孝な息子をお許しください・・・











マスター「という夢を見たんだ」

ギャラドス「氏ねばいいと思う」



糸冬
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。