3スレ>>500


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「さて、ご飯だ」
「そうですねぇ。それでは、よろしくお願いしますぅ」
「何を?」
「い~え~、ご飯を食べさせてもらおうと~。
 この服、腕がだせないですぅ」

 タマタマから進化したら、のんびりとした話し方になったな。
 そんなこと思いながら、ナッシーの後ろに回ってみたら、袖がなかった。
 後ろに組んでるのだろうと思ってたんだけど。なんだこの服?

「脱げばいいじゃん?」
「この下はぁ、下着だけなのでマスターがいいのなら~」
「やめろ……仕方ないなぁ」

 夕飯を持って、ナッシーのそばへと行く。

「……あ、あーん」

 うわっ恥ずかしっ!

「あーん」

 こいつは、恥ずかしくないのか?

「ん~美味しいですぅ」
「いつもと同じ味だと思うけど?」

 あまりに美味しそうに食べるんで、俺も食べてみたけど、いつもと同じ味。
 いや、不味くはないぞ? でも、あんな美味しそうにするほどか?

「好きな人に食べさせてもらえばぁ、嫌いなものでも美味しくなりますよ~」
「なっなななななに言ってやがるっ!?」
「そんなにぃ、照れなくてもいいじゃないですか~」

 そんなストレートに好きだって言われたら、誰だって照れるわっ!

「赤くなって~、かわいいですねぇ」
「明日になったら、その服に袖をつけてもらいに行くぞ」
「え~このままでもいいのにぃ。
 ずっと、マスターに食べさせてもらいたいですぅ」

 くすくす笑うナッシーと顔が赤いままの俺。
 この時間が永遠に続くかと思われたが、

「「「「いい加減にしろっ!」」」」

 仲間のもえもんによって、止められた。
 なぜかもえもんたちに殴られたが、止めてもらえて助かった。
 ん? もしかして、明日の朝も食べさせないといけないのか?
 ナッシーのほうを見れば、仲間に説教されながらも、ちらりと俺を見て笑った。
 明日もさせる気だ。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。