3スレ>>513


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

※このSSには残酷な表現が含まれます、注意してご覧ください。






やぁ、君が図鑑作成を手伝ってくれるトレーナーだね?僕はハカセノ ジョウシュっていう名前なんだ、覚えておいてくれたまえ。
うん、オーキド博士の助手として今回の仕事に望んでいるんだけど、その仕事内容なんだがね……
どうやら新種の萌えもんが見つかったらしいんだ、それで君に捕獲をお願いしたいんだよ。
図鑑記載のためには論文として発表する必要があってね、6匹ほどよろしく頼むよ。



……


やぁ、さすが速かったね、これが新種萌えもんの>>128か……
どれ、それじゃあ計測しようかな。
あ、君も興味あるなら手伝ってみるかい?
なぁに、難しい事はないさ、ささ、一緒にやろうじゃないか!
まずこの6匹の>>128の中から形態的に最も>>128らしいものを選ぶんだよ。
君ならどれだと思うね?

……

なるほど、この3番目に捕まえた>>128だね?
うん、それじゃあ図鑑用の写真とデータはこの個体を使おう、これをホロタイプと言うんだよ。
そして他の5体は個体差のデータとして記載する、これをアイソタイプと言うんだ。
ははっ、君には難しかったかな?
さぁ、それじゃあ>>128を標本にするよ。
え?標本って何かって?
ホルマリン標本とかって聞いたことあるかい?
うん、それだよ。
萌えもんは特定の遺伝子配列によって認識されるからね、使う薬品はホルマリンではなくてアルコールなんだけど……あぁ、ごめんごめん、難しかったか。
この>>128を70~90%のアルコール溶液の中に放り込むのさ。
え?死んじゃわないかって?
うん、そうだね、かわいそうだけど図鑑に載せるためには仕方ないのさ。
だって、生きていたら成長しちゃって、図鑑に載せたデータが本当かどうかって聞かれてもわからなくなるでしょう?
標本として残しておけばいつまでだって同じ個体からデータが取れるんだよ。
あぁ、納得できないって顔だね……でもこれが図鑑作製なんだよ。
さ、そうこうしてる内に>>128が逝ったようだね。
じゃあ取り出して、計測しようか。


……


ええっと、高さは1.50m重さは65kgか……少し太り気味だな……
おや、6匹とも♂……なのか?プッ
これは♂100%なのかな?
今後の研究課題だな。
おや?どうしたんだい?気分でも悪くなったかな?
あ、帰るのかい?ちょっと待ってくれたまえよ、まだ計測が……
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。