3スレ>>597


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「マスター、一つ聞きたいことが」
『何?』
 相変わらず応答はノートかフラッグのマスター。
 その背に負っているのは旅の必需品、食料、そして……
「自転車、使わないのにどうして持ってるんですか?」
 ただでさえマスターは丈夫な体とはいえないのに。
 マスターは首をかしげて、?のフラッグを振った。
『使ってるよ? ニーナの特訓の時とか』
「確かに、ランニングの時追いかけてもらってますが、移動用にどうしてつかわないのかな、と」
 カントー地方だけでも相当に広いのだから。
 私が疑問をぶつけるとマスターは慌て始めた。
『ほ、ほら、自転車一台だし、ニーナがいるから』
 字がクネクネとおどっているので動揺が分かりやすい。
「……」
 あわあわ、という擬音が当てはまりそうな様子のマスターをじっと睨みつける。
 そうするだけでマスターの落ち着きがなくなる。
 弁解するように両手をバタバタさせたり、何かをノートに書いては塗りつぶす。
 ふふ……。
 あんまり遊びすぎるとマスターが可哀相なので、
「でもマスター、私ならボールに入れてくれればいいじゃないですか」
 瞬間、マスターの動作が凍りついた。
 慌てて面白かった顔にも一瞬にして冷静の二文字が戻ってくる。
『……とにかく、自転車は使わない』
 マスターは自分の表情に気づいたのか、無理矢理笑みを浮かべた。
 その顔を見ているだけで、私には黙って頷くという以外の選択肢は消え去ってしまっていた。
 そして訪れる重い空気。
 マスター、と一声かけようとするも、沈黙を破るだけの勇気が私にはなかった。
 だが、世の中には、そんな沈黙を容易くぶち破る人間が居る。
「あら? そこの旅の方、トレーナーで御座いますの?」
 私達の目の前に現れたのはお嬢様。
 この辺りに屋敷はないはずだからちょっとした旅行なのだろう。
『そうだけど……?』
 マスターがノート文字で返答。
「……」
 予想通りにお嬢様は唖然とした表情を見せた。
 マスターの攻撃は終わらない。
 お嬢様の表情に疑問を抱いたマスターが第二の口、フラッグを振り始める。
 その旗に描かれるのは?マーク。
「……まぁいいですわ。トレーナーならばわたくしと勝負なさい」
『……だって。どうする? ニーナ』
 先ほどの沈黙は跡形もなく吹き飛んで、いつもの調子が戻ってくる。
「私達はやせいの萌えもんと戦わないのですし、受けるべきでしょう」
『わかった』
 マスターはお嬢様の方へ向き直って、いつの間に書いたのか、すぐさまノートを見せた。
『その勝負受けて立ちます!』
 お嬢様はノートを見て満足そうに笑みを浮かべた。
「少し準備がありますので、しばらくお待ちになってくださいな」
 そして右手を上げた。
「は、何で御座いましょうお嬢様」
 現れたのは、私の知らない萌えもんだった。


「ま、マスター……私、あの萌えもん見たことがありません。指示を下さい」
『いや、あれは萌えもんじゃなくて執事だよ』
「世の中って不思議ですね。ところで、執事とはどんな方なのですか?」
『彼らは……んーと……主の身の回りとかの面倒を見る人かな』
「成程……。で、ではマスター私もマスターの執事にしてください!」
『い、イキナリ何を言い出すの? 頭でも打った? ニーナ』
「何を言うんですかマスターこそ! 自分の萌えもんに」
『ニーナ、執事、っていうのは……』


 あちらの二人の様子を窺うと、楽しそうに話をしているようだ。
「あの方達とバトルしますから、準備をして頂けますか?」
「了解しました」
 執事はわたくしに一礼をするとすぐさま準備に取り掛かる。
 ……これで準備は整いましたわ。
 わたくしのデビュー戦。
 お父様の言いつけで全国中継されることになっている。
「お嬢様、準備が完了いたしました」
「ご苦労。下がっていてくださいな」
 は、と一言返し、執事は後ろに控えた。
「貴方達、準備の方は整いましたわ。お互い萌えもんは一人、道具は三つまででどうかしら?」
『……ちょっと待って』
 ノート文字で返事をされた。
 どうやら萌えもんのほうと相談をしているらしい。
 仲の良いことだ。
『その条件で大丈夫!』
 再びノート文字。あの方についてる口は飾りなのかしら。
「では行きますわよ! フーディン!」
 もんすたぁボールを投げて萌えもんを出現させる。
「……どうした? 勝負か?」
「えぇ、デビュー戦ですわ。全力で行きなさい!」
「ふ、ようやく実践か。腕が鳴るな……」
 フーディンが私を守るようにして前に立つ。
 アチラ方が出してきたのはニドリーナのようだ。
「お嬢、相手はアイツでいいのかい?」
「えぇ、そのようですわね」
「だが毒タイプだぞ? 間違いではないのか?」
「聞いてみたらどうです?」
「いや、相手が毒タイプを出したことにしようか。お嬢の初戦を飾る為に」
 そして試合は開始された。




長くなりそうなので一応前編です。
最初の二人の対話と、しりとりがやりたかっただけ。
後編は全部バトルです。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。