3スレ>>603


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

テテレテーン
ポニータは レベルが あがった!

ポニータ「やりましたマスター! 新しい技も覚えました!」
マスター「よくやった! で、何を覚えたんだ?」
ポ「『ふみつけ』です!」
マ「よおし、じゃあ早速使ってみよう!」
ポ「はい!…でも、誰を相手に試すんですか?野生のもえもんは近くにいませんけど…」
マ「問題ない。俺に試せ!ハァハァ」
ポ「ええっ!? いいんですか?」
マ「いいから早く!早くお願いします!」
ポ「じゃあ…行きますよ?…えいっ」
マ「ぐふぁっ!まだまだ、もっと強くだ!」
ポ「は、はいっ!えいっえいっ!」
マ「ぐはっ、ハァハァ、その調子だ、もっともっと!」
ポ「でも、あんまり強くしたらマスターが…」
マ「(ああ、迷ってるポニータも可愛いなあ、ポニータ可愛いよポニータ可愛いよポn)」
マ「もう辛抱溜まりませ~ん!」
ポ「えっ、きゃっ」
プテラ「その辺にしとけ!」

プテラの とっしん!
マスターは たおれた!

ポ「ううっ、ぐすっ、プテラさぁん!」
プ「よしよし、恐かっただろう」
ポ「(あそこまでマスターを本気にさせるとは……ポニータ、侮れないわね)」





マ「そうだな…俺が間違ってた。やっぱり踏まれるならお姉系か。よし、早くギャロップに(ry」


ポニータが可愛くてついやった。反省はしてない。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。