3スレ>>634(2)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

※ご注意
主人公のレッドが変態です。
オーキド博士も変態です。
主人公とライバルの名前の表記が変です。
ゼニガメが悲惨です。
夜中に書いたので、テンションが変です。
カオスです。
続きは書くかどうかわかりません。

それでも読んでくださるという、深いお心の持ち主は↓へスクロールしてどうぞ…


































































これはマサラタウンに住む、
一人の少年の冒険の記録である!

少年の名は劣℃、後の萌えもんマスターと呼ばれる少年だ!




☆萌えっこもんすたぁ(HENTAI ver)☆

dai 1話「その少年・危険につき」




ジリリリン!

目覚ましが鳴った。


「させませぬぞ! とうっ」


一人の少年が、ベットからきりもみ回転しながら飛び起き、目覚ましを止める。


「ふむ、今日もいい天気ですな!」


少年の名は劣℃、マサラタウンに住むごく普通の少年である。


「このようないい天気の日は、フレンドリィショップの店員に
お塩を投げつけて差し上げるのが定石。 さあ、レッツ&ゴー!」


劣℃はそのままスキップしつつ一階へと降りてゆく。
そして台所で洗い物をしている母親を見つけると、元気よく挨拶をする。


「マママさん! おこんばんなさい!」

「マが一つ多い…それと、朝はおはようございます、ね」

「了解ですぞ!」


的確なツッコミを入れるママさん。


「…劣℃、今日はどこかに行くの…?」


よく見れば、劣℃の格好は旅支度、ママさんは少し心配そうに劣℃に聞いた。


「はい、少々フレンドリィショップの店員に、お塩を投げつけに行きます!」

「そう…夕飯までには帰ってくるのよ」

「パピヨン!(了承しました)」


母親の了解を得た劣℃は、気分も軽く家を出る。
そして、そのままマサラの草むらに入ろうとする…が、


「おーい! まてぇ、待つんじゃぁー!」

「むむっ その声は、額から閃光を発射して仲間と会話するという、オーキド・ユキナリ氏の声ではないか!」

「わしをどこぞの怪物と一緒にするでない!」


建物の影から、激昂するオーキド博士が現れ、劣℃を引き止める。


「草むらでは野生の萌えもんが飛び出す!」

「オーキド氏が飛び出してくるのですか?」

「だから、わしは怪物ではないと言っておろうが!」


さらにヒートアップするオーキド氏。


「こちらも萌えもんを持っていれば対処できるのじゃが…そうじゃ、ちょっとわしについてきなさい!」


そう言うと、オーキド氏は劣℃の手を掴んで研究所まで引きずっていく。
と、前進するオーキド氏の目の前に一人の少年が現れた。


「…じーさん、何でレッドの奴がここに居るんだよ」

「おお、お前は愚理印! わしの孫にして、劣℃の幼馴染ではないか!」

「いや、そんな説明的なセリフを言われても…ってか、俺の名前はグリーン…」

「お前も来い! 見せたいものがある!」

「おわっ じーさん! ひっぱるな! 痛い、痛いって!」


オーキド氏は問答無用で劣℃と愚理印の手を引いて、研究所の中に連れ込んだ。




二人が連れてこられたのは、大きな長机の前。
机の上には三つのボールと、赤い機械のような物が二つが並んでいる。


「むむっ これは…噂に名高い パワーエサ というやつですな!」

「違うわい! これは萌えもんボール、中に萌えもんが入っておるんじゃ!」


オーキド氏は続ける。


「昔はわしも、一端の萌えもんトレーナーとして慣らしたもの!
夢を追いかけ、全ての萌えもんを図鑑に収めようと躍起になったものじゃ…
しかし、寄る年波には勝てん! そこで、わしはお前達に
萌えもん図鑑の完成を頼みたいんじゃ!」

「ほほう、それは興味深い…」

「俺、話について行けねぇよ…」


オーキド氏の話に、目を輝かす劣℃。
隣の愚理印はげんなりとした顔でため息をついている。


「そこでじゃ、萌えもんを捕まえるにも、弱らせる必要がある、
だから、わしが用意したこの三匹の中から一匹選び、
それをパートナーとして、萌えもんたちと戦い、捕まえるのじゃ!」

「なるほどなるほど…」


オーキド氏の提案に劣℃は、しばしの間、腰をクネクネさせながら考え込んでいたが、
考えがまとまったのか、手を打って答えた。


「分かりました! やりましょう!」

「おお、やってくれるか! では、この三匹から一匹選ぶといい!」


劣℃は三つの萌えもんボールを見比べる。


「ふぅ~む……ヨガ~、ヨガ~、ファイア!」


ヨガのダンスを華麗に踊りつつ、おもむろにその中の一つに手を伸ばした。


「おお、劣℃は炎の萌えもん、ヒトカゲにするんじゃな!」

「…君には失望したよ」


そう言うと、劣℃はヒトカゲを元の場所に戻した。
そして、また別のボールに手を伸ばす。


「おお、劣℃は草の萌えもん、フシギダネにするんじゃな!」

「ふっ 旧タイプが…」


と言うと、やはり元の場所にフシギダネを戻す劣℃。
そして、最後のボールに手を伸ばす。


「おお、劣℃は水の萌えもん、ゼニガメにするんじゃな!」

「パピヨン!(そうです)」


ニックネームをつけますか?

ニアはい
  いいえ


「命名! ゼニガメ、君は今日から『ヤム茶』だ!」


喜ばしげに、初めてのパートナーに命名する劣℃。
ボールの中から


(何かとってもイヤ!)


というゼニガメの叫びが聞こえたような気がしたが、気にしない。
それに続き、愚理印も


「このままここに放っておくのは可哀想だな…」


という理由で、一匹選ぶ。
選んだのはフシギダネである。

…と、ここで劣℃はゼニガメのボールを持ったまま、首をかしげる。


「…はて? このボールはどこに入れればいいのですかな?」

「…ポケットにでも入れればいいだろ」


呆れたように愚理印が答えた。


「むむ、それは名案!」


愚理印に助言をしてもらった劣℃は、嬉々として貰ったゼニガメをポケットに入れた。



……股間のポケットに。



(イヤーーーーーー!!!?)


劣℃の股間から、この世の終わりを見たような、ゼニガメの悲鳴が響き渡る。


「ちょっ おまっ!」


愚理印は慌てて劣℃のズボンを下ろした。


「あぁん(はぁと)」


頬を赤らめる劣℃。
同時に、ボールが転がり落ち、光と共にゼニガメが出現する。
その顔は蒼白で、まるで地獄から生還したような者のように生気が無かった。


「お前、何考えてんだよ!」


そう問う愚理印に対して、劣℃は白い歯をキラリと光らせ一言、


「Nice Boat…!」

「意味分かんねぇから!」

「フフリ、愚理印もまだまだですな!」


勝ち誇ったような笑みを浮かべる劣℃。

…愚理印は何故か無性に腹が立った!


「…おい、レッド…俺と勝負しろ」

「むむっ いきなり交際の申し込みとは、愚理印も大胆な!」


プッツゥ~ン


「ゆけ! フシギダネ! レッドをコテンパンにしろ!」


愚理印少年(10歳)切れる。


「おぉ、早速萌えもんバトルとは、愚理印の奴も中々分かってきたようじゃのう…うむうむ」


隣で孫の成長に感動の涙を流すオーキド氏。


「ああぁぁぁ!! うぜぇー! みんな消えちまえー!」


フシギダネに命令して、そこら中の物を破壊させる愚理印。
その様子を見た劣℃は、ライバルの凶行を止めるべく、立ち上がった!


「愚理印! 止めなさい、私が相手になりますぞ!
…さあ、ヤム茶! 貴方の力を見せてあげるのです!」

「……ぞぉ~さん……ぞぉ~さん……お~はなが……ながいのね……」


ゼニガメは放心していて動けない!

劣℃の手持ちには戦える萌えもんがいない!

劣℃は目の前が真っ暗になった!


「や、止めるんじゃ、愚理印! わしの研究がぁ~!!」

「あ~ははは! こんな研究、全部ぶっ壊してやる!」

「……そぉ~よ……かあ~さんも……ながいのよ~……」





その日、マサラは腐海に沈んだ。











…つ、つづく?
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。