3スレ>>646


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

負けた...いやもうなんていうの? 完璧に敗北?
ハナダシティのジムリーダーのカスミは腹を抱えながら高笑いして、私を見下している。
そんなに爆笑しなくてもいいじゃない!確かに結果は散々だったけどさぁ!?

「私に勝つなんて、10年早いわ!オーッホッホッホ!」
クッソおおおおお!言うに事欠いて10年早いだと?10を引いたら、おまいは何歳だと!このガキンチョが!

「...出直してくるわ。」
私は大人の対応をして、帰ろうとする。

「ええ!いつでもいらっしゃいな!結果は目に見えてますけどね?」
くうううううう!コノガキ!マジで引っぱたきますよ?

「...クッ」
私はカスミの高笑いを背にして、全滅した萌えモン達を治療するため、ポケモンセンターへ向かった。

対戦内容もうあり得ないぐらい散々な結果。
ヒトデマンは楽々退散させたけど、その後のスターミーがだ。これが化け物。
このスターミーに、私の萌えモンは6タテで一蹴されてしまった...。
出した瞬間に先手打たれて倒されちゃうんだもん...なにアレ?
このジム、萌えモントレーナーの、まだ登竜門じゃないの?壁高すぎだよ!
くぅうううう!あのカギンチョめええ!!

「ご主人様~」
ん?私を呼ぶ声がする。

「ハッ!愛しのピカチュウ~。もう大丈夫なのん?」
私はピカチュウの声を聞き、目の前のピカチュウを抱きしめる。

「うん、ボクはもう大丈夫だよ。」

「他の子達は?」

「まだ治療中だよ。ボクが一番早く直ったの」

「そっか。じゃあ、皆が直るまで待ってよっか。」
ポケモンセンターの中にある。自販機に向かい新しいジュースを2本買う。
さっき飲んでいたジュースは...あまりの悔しさのせいか握り潰してしまった。

「ご主人様...」
「うん?なあに?」
ピカチュウは顔を下に向け表情が曇る。

「さっきの...簡単に負けちゃって、ごめんなさい。」
服の裾を掴み、小さな体を震わせている。、

「ううん、まだ私達には早すぎたんだよ。」
ピカチュウも悔しいんだね、私が慰めてあげなくてはと頭を撫でながら抱きしめる。

「次、がんばろうね?」

「うん...」
くうううううう!!可愛いなぁもう!...しかし私のピカチュウを泣かせるとは!
あのカスミめ...本当に許さないんだから。カスミへの怒りが再熱しピカチュウへの抱擁が強くなる。
あ、やば。私まで泣きたくなってるし。くううううう!!! 

グシャ!!!
あ、やば。また缶ジュースを握りつぶしてしまった。もったいない...

「ご、ご主人様...?」

い、いかん。怒りの般若顔の私をピカチュウには見せられん。
泣き真似をし、さらに強くピカチュウを抱きしめる。
「つ、次は!次は勝とうね!ピカチュウーーーーー!!」

「はい!ご主人様。」
くううう、本当に何とかしないとね。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。