3スレ>>673(2)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『ただの日常』


 どこかの草原で、トレーナー同士のもえもんバトルが終った。
 勝ったほうは、負けたほうから賞金をもらい、バトルに勝利をもたらしたもえもんへと近づいていく。
「お疲れさん、よくやったお前たち」
 そう言って、レアコイルの頭を撫でていく。
「うん」「私たち」「がんばった!」
 撫でられて嬉しそうなレアコイルは、一つの文章を順に喋っていく。
 この喋り方に始めは戸惑ったトレーナーだが、一緒に過ごし始めて一年以上経った今では、
 慣れて当たり前のこととして受け入れている。
「マスター」「お話が」「あるの」
「なんだ?」
「いまの戦いで」「レベルが」「上がった」「でんじほうっていう」「新しい技」「覚えられる」
「そうなのか……でんじほう」
 トレーナーは、下ろしていたリュックをごそごそと漁り、一冊の本を取り出す。
 表紙には、もえもん技辞典と書かれている。
「えっと、でんじほうでんじほうっと……あった」
 みつけたでんじほうのページを読んでいく。
「威力は強いけど、命中が不安だな。それとPPも少ない。
 ロックオン覚えておけばよかったか?」
「後悔」「先に」「たたず~」
「わかってるよ。
 んーちょっとおしいけど、覚えなくていっか」
「「「いいの~?」」」
 レアコイルは、首をかしげてトレーナーに聞く。
 それに頷いて返すトレーナー。
「それじゃ」「ポイッ」「するね~」
 レアコイルは、実際に何かを捨てる仕草で、でんじほうを覚えることをやめた。
「スパークに威力不足を感じたら、10まんボルト覚えればいいしな。
 スロットの景品で、たしか取れたはずだよな?」
 記憶に自信がなく、レアコイルに聞いてみる。
「あった」「でもマスター」「スロット」「「「へた」」」
「やかまし!」
「きゃー」「マスターが」「怒ったー♪」
 レアコイルは、楽しそうに三方向へと逃げていく。
「まったく」
 リュックに技辞典を戻して、背負う。
 そして、レアコイルを呼ぶ。
「出発するぞー」
 遠くに逃げたわけじゃないので、レアコイルたちはすぐに戻ってくる。
「これから」「どこに」「行くのー?」
「こっからだとタマムシシティが近いから、タマムシシティだな」
「マスター」「ミックスオレ」「飲みたーい」
 きゃっきゃと騒ぎ出すレアコイルに、苦笑しながら頷いてトレーナーは歩き出した。
 レアコイルは、それぞれトレーナーの肩や頭につかまって、ついていく。
 どこにでもある、もえもんとトレーナーの日常。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。