3スレ>>714


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  時は12月の25日、クリスマス。
 ふたご島とグレン島の間にある無人島に、たくさんのもえもんと一人の少女が、楽しそうに騒いでいる。
 地面には何枚もシートが広げられ、その上にはジュースやお菓子、トランプなどの遊び道具が置かれている。
 そこから少しだけ離れた所には、手製のカマドがいくつか。鍋と鉄板とフライパンが火にかけられて、料理が作られている。
 そのカマドの一つのそばで、フシギバナと少女が話をしている。

「マスター、皆楽しそうですね」
「うん、皆楽しんでくれて、クリスマスパーティ開いたかいがあったよ」

 二人は、仲間たちを見渡す。
 少女の鼻には、ティッシュが詰められている。もえもんたちの笑顔にあてられたのか、いつものように鼻血を出したらしい。

「十月ごろから、お金を節約してると思ったら、こんなこと考えていたとは。
 好きなお菓子や可愛い小物を買わなくなっているから、変だなぁと思っていたんですけど」

 料理する手は、止めずにフシギバナは喋る。
 少女は、それを見てるだけ。相変わらず料理を作ることは、禁止されている。

「食費や道具のお金を削るわけにはいかないからね。
 そんなことしたら、もえもんバトルになったとき、あなたたちに負担かけることになるから。
 それで、どこを削るか考えて、私の分が減ったというわけ。
 それだけじゃ足りないから、バトルの賞金の一部もこっちに回してたけど」
「クリスマスって家族で過ごす人もいるって聞きましたけど、マスターは家に帰らなくてよかったのですか?」

 料理を一品完成させて、話題も変える。
 盛り付けは、少女も手伝った。

「皆と過ごしたかったからね。家でパーティ開くと、皆一緒っていうわけにはいかないし、うちそこまで広くない。
 正月に一度帰るって、連絡は入れてあるよ」
「皆と一緒に過ごすためにですか。それで、皆を連れてここまで来たんですねぇ。
 突然、連れて歩ける以上の仲間を出して、出発だー! とか言うから驚いたんですよ?」

 フシギバナは、次の料理を作り始める。
 プリンと何人かの楽しそうな歌声が流れてくる。
 今でも技としての「歌」は使えないプリンだが、ああやって楽しそうに歌えてるんだから、
 それでじゅうぶんじゃないかと少女は思っている。

「驚いてくれたんなら、成功だ。
 ちなみに、この島を使うにあたって、カツラさんに許可はもらってあるから安心してね」

 少女は、事前にカツラに許可をもらってあると告げる。
 誰かの迷惑にならない場所で、広い場所を探していた少女は、以前グレン島に行く途中でみつけた無人島のことを思い出した。
 それで、グレン島で一番偉そうなカツラに、使用許可をもらいにいったのだ。
 ここらの島は、国の管理している島で、カツラのものではないのだが、一時的に使うくらいならば問題ないだろうと言われていた。

「ほんとにこういうことには、行動が早いです」
「いや~それほどでも」

 褒められていると受け取った少女は、照れる。
 フシギバナは、若干の呆れを混ぜながらも褒めていたから、的外れな反応ではない。

「それにしても、仲間が増えました」

 各々で、好きに過ごしている仲間たちを見ながらフシギバナは言う。
 遊んでいる者や、各々の技や技同士を組み合わせて、宴会芸としている者もいる。
 例えば、ギャロップがひのこを空に打ち上げて花火としている。
 ジュゴンがれいとうビームで氷を作り出し、ストライクがそれを彫像に削っている。
 ピカチュウがかげぶんしんを使い、その中の実体当てクイズをしている。

「始めは、あなたと二人で始めた旅だったのに、今では六十人。
 可愛い子に囲まれて私は、幸せだよ。旅に出てよかった」

 心底、幸せそうな少女。手を頬に当て、目も潤んで、鼻に詰めたティッシュも赤く染まって、本当に幸せそうだ。

「いろんな出会いがありましたし、いろんな出来事もありました」
「旅に出た始めのころは、もえもんリーグに参加するなんて考えてもなかったしね」
「まあカンナさんに、門前払いくらいましたが」
「さすがに皆Lv50以下だと、無理だった。
 一人くらいは、なんとかなると思ってんだけどな。さすが四天王強かった。リベンジはできたから、少し満足だけど」
「でも、次のシバさんで負けました」
「カンナさんに勝ったときみたいに、鍛えてから挑戦すればいいよ。ゆっくりいこう、焦ったっていいことないない」
 
 負けたことをあまり悔しく思っていない少女は、少し落ち込んだフシギバナを撫でて励ます。
 チャンピオンになることが目的ではないから、少女は落ち込まないのだろう。
 少女の目的は、もえもんとの出会い。その目的が順調に進んでいるのは、ここにいるもえもんたちを見ればわかる。
 ちなみに、旅の間で一番落ち込んだのは、もえもんたちの悪戯で嫌いと言われたときだ。
 そのときの落ち込み具合は、少女だけに世界の終わりが来たかのように、すごかったらしい。
 このときの様子から、もえもんたちは、少女に対して安易に嫌いとは言わないように心に誓った。

「そうですね、ゆっくりといきましょう」

 マスターが気にしていないのだから、自分がいつまでも落ち込んでいられないと、気分を変える。

「出会いといえば、すごい出会いもあったね」
「ファイアーさんとフリーザーさんですか?」
「そうそう、なんていったって伝説だよ? 出会えたことすら奇跡!
 拝み倒しただけで、仲間になってもらえたのは、すごいと思わない?」
「拝み倒したおかげじゃなくて、別の理由があったと思いますけど?」

 出血多量で死なれたら困るからとか、ぽや~としているうちに捕まったとか。
 話題の二人は、今何をしてるかというと。
 ファイアーは、オニスズメが作っている料理をつまみ食いしたせいで、正座させられて説教を受けている。
 拝み倒して仲間になってもらったのは、間違いない。
 でも土下座しているときに、流れ出た鼻血が徐々に床に広がっていって、出血多量死を恐れて承諾したのも事実。
 フリーザーは、プリンたちちびっ子に混ざって、楽しそうに歌っている。
 初めて会ったときは、見下されているように見えたフリーザー。でも実際は、のんびりとした性格で、しょっちゅうぽやーっとしている。
 初めて会ったときも、少女たちに気づかず、思考がどこか遠いところへ行っているだけだった。
 そのおかげで、モンスターボールを一回投げただけで、捕まえることができた。
 ボールから出して、改めて仲間になってもらおうと説得したときも、どこか軽い返事で承諾された。
 こんな二人だから、伝説の威厳はあまり感じられない。
 サンダーもどこかずれてそうだと思っているのは、フシギバナだけではないはずだ。

「フシギバナ? 手が止まってるよ」
「あっはい!」

 少女に呼ばれて、慌てて作業する手を動かす。
 少し手が止まっていただけなので、料理は駄目になっていない。
 そこに、プリンたちがやってきた。

「マスター!」
「どしたの? 料理はまだできないから、遊んでていいよ?」

 しゃがんで、駆け寄ってきたちびっ子たちに目線を合わせる。

「ちがうの! 料理じゃないの! 今日サンタさんくるんだよね?
 マスターが話してくれた、真っ赤な服のおひげおじさん」

 きらきらと期待に目を輝かせてちびっ子たちは、少女を見ている。
 その中にフリーザーも混ざっているのは、なんというか少し違和感を感じないでもない。
 ちびっ子たちとフリーザーの可愛さに、鼻の奥が熱くなるのを感じる少女。
 少女はなんとか鼻血を耐えて、残念な知らせをちびっ子たちにする。

「それなんだけどね、残念なことにサンタさん忙しくてこれないんだって。
 世界中の子供たちにプレゼントを配らないといけないから、無理もないんだけど」
「えー」

 不満そうな声や残念そうな声、泣きそうな声が上がる。
 それを聞いて、少女は慌てて付け加える。

「でもプレゼントは、受け取っておいたから! 
 ね? だから泣かないでー!」
 
 慌ててなだめ始める少女。それが功を奏したのか、泣き出すようなことはなかった。
 事前にサンタをどうしようかと悩み、忙しくてこれないということにしようと決めていた。
 メタモンに頼んでサンタに変身してもらうという考えもあったが、メタモンもサンタを楽しみにしている側だったので、
 この案は使えなかった。
 
「サンタさんからもらったプレゼントは、パーティの終わりに渡すから、遊んでてね?」
「わかったー」

 サンタからのプレゼントはもらえるとわかって、なんとか納得したちびっ子たち。
 少女の言うことを聞いて、シートのほうへと戻っていく。

「ふーなんとかごまかせた」
「お疲れ様ですマスター」
「あの子達の可愛い顔が見れたから、これくらいどうってことないわ。
 それにしても、お父さんに感謝しないとね」
「お父さんですか?」
「うん。去年、サンタの正体がお父さんだってわかって、すごくがっかりしたの。
 でもそのおかげで今年は、あの子たちにサンタがいないかもっていうことを、知られないように事前策を練れた。
 サンタがいるって思ってたら、私は今年もあの子達側にいたわ」

 もしそうだとしたら、すっごく苦労することになったんだろうなぁと思うフシギバナ。
 そうしているうちに、料理が全品完成して、パーティを本格的に始める準備が整う。
 フシギバナが、ぱんぱんと手を叩いて、皆の注目を集める。

「これからクリスマスパーティを本格的に始めます。
 私たちのマスターで、このパーティを企画してくれたマスターから、開始の挨拶をもらいたいと思います。
 静かに聞いてください」

 フシギバナに集まっていた注目が、少女へと移る。
 少女は緊張することなく、挨拶のため口を開く。
 緊張していないかわりに、六十人の可愛い子たちを一度に見れて、デレっと相好を崩したが、もえもんたちは、
 いつものことだとスルー。
 表情を引き締めて、挨拶を始める。

「こういった挨拶はしたことないから、短くいこう。
 私の仲間になってくれてありがとう。私を受け入れてくれてありがとう。
 不甲斐ないマスターだけど、これからもよろしく!
 それじゃ、今日は楽しもう!」

 少女の挨拶にわあぁーっと大きな拍手が起きて、もえもんたちから「こちらこそ、よろしく!」と返事が返ってきた。
 パーティは、盛り上がる。
 お酒が入っているわけでもないのに、テンションは天井知らずに上がっていった。
 楽しそうな笑い声は、夜更けまで辺りに響いていた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。