3スレ>>732(2)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ズンチャッ♪ ズンチャッ♪」


ふりふり


「……」

「アッフン♪ アッフン♪」


ふ~りふりふり


「…………」

「あぴゅんっ♪ あぴゅんっ♪」


ふりっ ふりっ ふりりりっ


「…ご主人様! お尻を振りながら歩かないでください!」

「ほえ?」




☆萌えっこもんすたぁ(HENTAI ver)☆

dai 2話「1番道路の罠」




「何を言うのです、来るべき戦いの時のために、こうして体を鍛えているのではないですか!」

「鍛えるならもっと他の方法もあるでしょ! 大体、戦うのは私達萌えもんじゃないですか!」


激しくぶつかり合う意見と意見、一方はかの少年・劣℃。
もう一方の相手は、彼のパートナーであるゼニガメだ。


「さすがにご主人様の変態行為にも慣れてきましたけど、これ以上意味の無い行動で私の心身を蝕まないでください!」

「むぅ、ヤム茶も物分りが悪いですなぁ…」

「そんな物分りの良さなんていりません! それと私をヤム茶と呼ぶのは止めてください!」

「アウチ……ママン、ヤム茶が反抗期に入ってしまったようです…」

「いい加減にしてくださいー!!」


さすがのゼニガメも、主人の相変わらずな対応に堪忍袋の尾が切れてしまったらしい。


「もう私、野生に戻ります!」

「ああ、行かないでヤム茶! ほら、メッ○ール買ってあげるから!」

「いりませんっっ!!」


頭から怒りの湯気を立ち上らせながら、いずこかへと去ろうとするゼニガメ。
それを必死にすがり付きながら引きとめ、メッコー○を差し出す主人。

奇妙な光景であった。

と、そこに


ガサガサッ


あっ 野生のコラッタが飛び出してきた!


「きゃっ ご、ご主人様! 野生の萌えもんです!」

「むむっ なんと!」


コラッタのしっぽをふる攻撃!

ゼニガメの防御力が下がった!


「やぁっ 防御力がさがっちゃった…」

「なんの! こちらも反撃ですぞ!」


劣℃のおしりをふる攻撃!

コラッタは恐怖におののいている!


「ちょっと、ご主人様! 何やってるんですか!」

「フフリ、早速鍛え上げたこの技を使うことが出来ましたな! さあ、まだまだ行きますぞ!」


劣℃のはさむ攻撃!

コラッタは気絶した!


「ご主人様が戦ってどうするんですかー! っていうか、どこではさんでるんですか!?」

「もぉ~、ヤム茶は注文が多いですなぁ」


ぶつぶつと文句を言いながら、萌えもんボールを投げる劣℃。
完全にキマッてしまったコラッタは、抵抗することなく簡単に捕まった。


「フリーザ、ゲットだぜ!」

「それはコラッタです!」






コラッタを捕まえて、ルンルン気分で先を行く劣℃。
ゼニガメも渋々ながらその後を追う。

何故、ゼニガメは劣℃の元を去るのを止めたのか? それは単純な答えである、


(このまま放っておいて、何か問題起こした後で私の主人だったってばれたら、それこそ一生の恥だもんね…)


実に淡白な思考であった。


ガサガサッ


「むっ また何か現れましたぞ!」


あっ 野生のニドラン♂が飛び出してきた!


「フフフ…あなたも私の奥義の餌食となるのです! さあ、食らいなさい!」

「だから、何で自分で戦おうとするんですかー!」


劣℃のおしりをふる攻撃!


「もー! その技止めてください!」

「フォーーーウ!!(某ハードゲイのように激しく腰を振りつつ)」


しかし、ニドラン♂には効いていない!


「な、なんと! 私の奥義が効かないとは!」


ショックを受ける劣℃を横目に、ニドラン♂は、にこやかな笑顔浮かべてこう言った。


「…いいのかい? 俺はノンケでも構わないで食っちまう萌えもんなんだぜ?」

「「え」」


ニドラン♂のつのでつく攻撃!


「「アーーーーーーッ!!!」」



劣℃は目の前が真っ白になった!

ゼニガメは巻き添えを食った!




ニドラン♂を捕まえた!







「……そ、それでは、まず体力を回復しましょう」

「ふといのが…ふといのがくるの…」

「すごく…大きいです…」


その後、放心する1人と1匹に、萌えもんセンターのジョーイさんはとても手を焼いたという。



「腹ん中がパンパンだぜ」


ニドラン♂はとても元気だった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。