1スレ>>184


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キュウコン「はーい、キュウコンラジオ第二回よ。今回のゲストは……えーっと?」
マスター「あ、俺だ俺!」
キュウコン「それではまた次回!」
マスター「えぇっ!?」


キュウコン「はーい、キュウコンラジオ第三回!前回は御見苦しい所をお送りしちゃって
申し訳なかったわね」
キモリ「じ、自由すぎる……」
キュウコン「あ、まだ紹介してないんだから出てきちゃダメでしょ」
キモリ「あ、ごめんなさい」
キュウコン「それよりキモリちゃんって私と頭文字一緒なのよね。どう略したものか……」
キモリ「それは……『モ』にするとか?」
キュウコン(以下キ)「じゃあ間をとって『リ』ね!」
キモリ(以下リ)「全然間とってないですよそれ」

キ「さて今回の相談は何かしら?」
リ「マスターの暴走を止める方法がないかなと思いまして……」
キ「あら、そんなあの人が好きなんじゃないの?」
リ「な! な、何を言って……」
キ「だってホラ、>>160(キモリさんの憂鬱の事)で言ってるじゃない。満面の笑顔で」
リ「ちょっとそれ反則でしょ!!」
キ「で、相談の件だけど。ぶっちゃけそれが分かったら苦労はしないわね」
リ「ぶっちゃけすぎです」
キ「まあ首輪でも作っておけばいいんじゃないかしら?」
リ「どっちがトレーナーかわかんないですねそれ……」
キ「それもまた愛の形」
リ「いやそのりくつはおかしい」

キ「あ、いいこと思いついたわ。キモリちゃんが告白すればいいのよ」
リ「ブフッ!! ちょ、な、何言ってんですか!! しかも今私がお茶飲んでるとこを
狙って言ったでしょ!!」
キ「Exactry(その通りでございます)」
リ「何でダービー!?」

キ「まあいいじゃない。何気にライバル多いんだからもたもたしてると取られるわよ」
リ「う……い、いや、で、でも……っていうか相談の内容すり変わってますよ!」
キ「それではまた次回~! 今回のゲストはキモリさんでした~」
リ「強引に終わらせた!!」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。