3スレ>>871


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

旅にでて一週間ほどたった。
普通に進めば、セキチクについててもいいころだ。
だけど、俺はまだ12番道路をいったりきたりしている。
12番道路は釣りの名所と言われ、水萌えもんを仲間にするのにはもってこいの場所だ。
最初は船で行こうとクチバに向かったのだが、グレンへの船は出てないと言われ、それからずっとここで釣りをしているわけだ。

「……釣れん」
《きょうもつれないの?》
「ああ、今日も駄目そうだ」
さすがにこの会話も慣れてきた。できたらしゃべってもらいたいところだが。
それにしても釣れない。
あのクチバの釣り親父に騙されたか。何もないよりましだが。

……釣れねぇ。釣りは忍耐力だって誰かが言ってたな。
さすがにキレそうだ。
何か向こうの方が騒がしいな。バトルでもしてんのかな?
「見に行ってみるか?」
カラカラはうなずく。
「んじゃ、いくか」
俺たちはその人だかりの方に向かっていった。

人だかりはやっぱりバトルだった。
話を聞くと、最近毎日ここでバトルをしているらしい。しかも、毎日同じような結果だとか。
片方はスターミー。もう片方は…見たことない萌えもんだな。
水タイプみたいだけど、十万ボルトとか電気タイプの技を使えるのか。
でもスターミーに当ってないんだよなぁ。
全部‘かげぶんしん’でかわされてるんだよな。
当ればいいとこいくと思うんだけど…。あ、倒れた。
「そこまで!スターミーの勝ち!」
審判をやってた人が叫ぶ。
「今日も同じだったか」「でも惜しかったわよねぇ」
人々が感想を言いながら立ち去っていく。
「今日も俺の勝ちだったな。ずっと同じ戦い方じゃいつまでも勝てないぜ。じゃあな!」
そう言って駆け出していくスターミーのトレーナー。あっちはクチバだから萌えもんセンターにでもいくのだろうか。
俺もその場を離れようとしたとき、急にものすごい怒声が聞こえた。
「お前のせいで今日も負けたじゃねえかよ!!お前なんかもういらねえ!!そのままくたばっちまえ!!」
瀕死の萌えもんに怒鳴りつけるトレーナー。萌えもんはぐったりしてほとんど聞こえていないだろう。
しばらくしてその場を去ろうとするトレーナー。
「置いてっていいのか?」
俺はそのトレーナーに聞いた。
「いいんだよ!あんな弱いやつ!」
予想通りの答えだった。目を見ても嘘なんかついてない事がわかる。
「じゃああの娘引き取っていいか?」
「勝手にしろよ!ほらよ!そんな弱いや…」
モンスターボールを渡される。それと同時にその萌えもんのもとに走る。何か言っているが気にしない。
萌えもんをボールの中にいれ、また走る。
近くのセンターまで全力で走る。

「…どうですか?」
「大丈夫ですよ。体の方はすっかり元気になりました」
ほっ、と肩をなでおろす。
「でも心の方は……」
「大丈夫です。それはこちらでなんとかしますよ」
そういってから萌えもんのとこまで案内してもらう。
「ところで、そろそろ頭から降りてくれないか?」
走るときに乗せたのが気に入ったのか、ずっとそのままだったカラカラに話しかける。
《やだ》
あっさりと却下される。

(あたし、なんでこんなところに?)
気がついたら、ベッドの上にいた。
混乱している頭の中を必死に整理する。
(えっと、バトルに負けて、起き上がれなくなって、それから……)
だめだ、その後が思い出せない。
(あれ、そういえばご主人様はどこ?)
そう思い、体を起こす。
すると、センターの人と知らない人が部屋にはいってきた。
「よう、起きたか」
知らない人に話しかけられる。
「私のご主人様はどこ?」
私はその人に問いかけた。

「私のご主人様はどこ?」
まあ、当然の質問だよな。
さてどうしたものか。
「まあちょっと待て、その前におまえの名前は?」
「えっ?ランターン…」
「オッケー、じゃあランターン、この辺じゃあ見かけないけど七島辺りからきたのか?」
「前はジョウトにいたの」
それから何回か質問を繰り返す。こっちのことも教えながら。
「じゃあ本題に入るか。なんでここにいるか…はわかんないよな。ここで目が覚める前のこと覚えてるか?」
「えっと、バトルに負けて、起き上がれなくなって、それから……」

だめだ。やっぱり思い出せない。
でもこの人どこかであった気がする……。それも最近の気が…。
「それからが思い出せないの」
「そっか、思い出したら教えてくれ。あとご主人様探しに行こうとするなよ。今日一日はここにいろ。」
そう言って、その人は部屋から立ち去ろうとする。
その人の頭に乗ってた萌えもんがこっちにくる。手に持ってるメモ帳を見せる。
《からだだいじょうぶ?》
そう書かれている。この娘しゃべれないのかな?
私は「大丈夫だよ」と答えた。

急にカラカラが頭から飛び降りる。
ランターンと話がしたいのかな?
「ここにいるか?」
カラカラに訊ねる。
《うん》
ずいぶん返事早いな。
「じゃ、逃げないように見張っとけよ」
そう言って部屋からでる。
「どうなんですか?」
ジョーイさんに訊ねられる。
「たぶん、覚えてますよ。何があったかは」
「えっ!?」
「あれは多分思い出せないんじゃなくて、思いだしたくないんだと思います」
「そんなことあるんですか!?」
「人間でもあるじゃないですか。昔虐待を受けてて…ってやつ。それとおんなじですよ、一時的なものですけど」
絶句するジョーイさん。そりゃそうだ。
はっきり言って俺はかなりキレている。本当なら今すぐにでもあのトレーナーをぶん殴りたい。
でもその前にやるべきことがある。殴るのはそれからだ。
「あの…」
その場を去ろうとしたときジョーイさんにたずねられる。
「何でそこまでわかるんですか?あのランターンのこと」
「昔、似たような症状の子にあったことがあるんですよ。だからそういう方向の勉強もしてたんですよ」
「なるほどそれで…」
「じゃあ、あいつらにジュースでも買ってきますね」

「おーい、ジュース買ってき…ってなんだよ」
部屋に入るとベッド上で眠る二人の姿。
しょうがないか、話の続きは明日にしよう。
俺は二人に布団をかけて、部屋のソファーで眠った。


                                              ~続く~
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。