3スレ>>898


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  ‐温かい雪と氷の欠片‐ ①

 世の中には、萌えもんマスターを目指して頑張る多くのトレーナーたちがいる。
 彼らは己のパートナーと共に戦い傷つき、そして成長していくのだ。
 ナナシマ地方、4の島に住むヒロキも、そんな萌えもんトレーナーの一人だった。

「いけっ、ユキワラシ! こなゆき!」

「えーい、こなゆきびゅうー!」

 ヒロキのパートナーであるユキワラシの攻撃が、相手のデリバードへと放たれる。
 だが……

「……ほいっと」

 いとも簡単に、こちらの攻撃がかわされてしまう。

「ふふん、そんな攻撃じゃあたらないよ~」

「う~……」

 デリバードが余裕綽々といったようすで言ってのけると、ユキワラシが頬を膨らませ唸り声を上げる。
 そんなユキワラシを尻目に、デリバードは手に持った袋から何かを取り出した。

「はい、プレゼント」

 取り出したソレを、無造作にユキワラシのほうへと放り投げる。
 それを見たユキワラシは、何の疑いも持たずにそれを受け取りに行った。

「わーぃ♪」

「あ……危ない、ユキワラシ!」

 ヒロキが声を上げるが、すでに手遅れ……

「レッツ・ショーターイム!」

 デリバードが指を鳴らすと同時に、

「きゃあっ!?」

「うわぁっ!!」

 ユキワラシが受け取ったプレゼントが、大爆発を起こしたのだった……
   ・
   ・
   ・
「もーぅ、いくらプレゼントって言ったからって、戦ってる相手のをそう簡単に受け取っちゃダメじゃないのさ」

 戦いの後、デリバードは黒焦げになったままのユキワラシに延々と説教を受けていた。
 実のところ、このデリバードは野生ではあるが、ヒロキがまだ小さい頃からの長い付き合いだったりする。
 今では、ヒロキが立派な萌えもんトレーナーになれるために、先ほどのようにバトルの稽古をつけてくれているのだ。

「いいかい? 世の中にはアタイよりもよっぽど狡賢い連中もいるんだ。
 そんな調子じゃ、いいように弄ばれちまうよ?」

「うぅ……ひろきー……」

 ユキワラシがこちらに救いを求める視線を投げかけてくる。
 とはいえ、ヒロキも助けるわけにはいかない。彼自身、デリバードから罰を受けている真っ最中なのだ。

「ヒロキも、ポケモンへの指示をもっとちゃんとやってやらなきゃ。
 トレーナー同士のバトルってのはね、結局は駆け引きなんだよ」

「う、それは……」

「それだけじゃない。アンタはユキワラシに甘すぎるんだ。
 トレーナーってのは、時として厳しさも必要だよ?」

「……はい、返す言葉もありません……分かったので、とりあえずこの氷をどけてください」

 今、ヒロキは正座の体勢で、太ももの上に数段の氷が積み上げられている。
 言い忘れていたが今ヒロキたちがいる場所は、4の島にある洞窟、いてだきの洞窟のなか。
 ただでさえ温暖な気候にしては珍しく極端に気温の低い場所だ。
 今のヒロキの状態では、どんどん体温が奪われていってしまう。

「もうちょっと待ちな。このコへの説教が終わったら、どけてやるからさ」

「は、はは……それまで生きてりゃいいんだがな……」

 ヒロキが乾いた笑いを浮かべた。
 ……結局。
 氷をどかしてもらえたのは、その更に数十分後のことだった。

「ほ、本気で死ぬかと思った……!!」

 暖炉の前で、ヒロキは毛布に包まっていた。まだ体のあちこちが痺れている感覚がする。

「ひろきー……だいじょうぶ?」

 心底心配した様子で、隣に座っているユキワラシが覗き込んでくる。
 ヒロキはそんな彼女の顔を見ると、笑って頭を撫でてやった。
 それだけで、ユキワラシの表情がこれ以上ないほどに幸せそうなものに変わる。

「ああ、なんとかな」

 しかし同時にヒロキは、帰り際にデリバードが言い残した言葉を思い出していた。

『最近、洞窟によからぬ輩が紛れ込んできたんだ。いいかい、アタイと一緒じゃない時は、絶対に洞窟に近づくんじゃないよ』

 よからぬ輩。それが何なのかヒロキが尋ねても、結局彼女は答えてはくれなかった。
 ただその時の様子から、それだけの相手だということは、容易に想像できる。

「…………」

 傍らのユキワラシを見る。
 もし自分たちだけでソレに遭遇した時、己自身はそれにうまく対応できるのだろうか。
 ヒロキにとってユキワラシは、妹のようなものだ。
 そんな彼女が、必要以上に傷つく姿は、あまり見たくない。

「おいで、ユキワラシ」

「ふぇ? わぷっ」

 衝動に駆られ、ユキワラシの体を抱きしめる。
 小柄な彼女の体は、いとも簡単にヒロキの体に収まった。
 最初こそとまどっていたユキワラシだったが、じきに鼻をヒロキの体にこすりつけてきた。

(甘い、か……確かに、そうかもなあ……)

 デリバードの言葉を思い出し苦笑しつつ、ヒロキはユキワラシの頭を撫で続けていた。





 後日……

「ぶえっくしょーい!!」

 冷え切った体でユキワラシを抱きしめていたヒロキは、当然のごとく風邪をひいていた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。