1スレ>>310


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「前回に引き続き、ストライクに何が必要か考えてみました」

「不埒なことをすれば、斬るぞ?」

「うん、大丈夫、だから、人の首に鎌を押し当てるのやめなさい」

「・・・よかろう」

「最初は、女の子らしくアクセサリーでも付けようかと思ったんですが・・」

「あくせさりー?かんざしか?」

「古風すぎだ。まぁ、どうせやるなら、派手なほうがいいと思いまして」

「話がおかしくなっている気がするのだが」

「気のせいだ。とにかく、こんなものを準備してみました。」

つ『メイド服』

「冥土服・・・恐ろしい名前だ」

「うん、絶対突っ込まないからな?服装を変えてみるってのは、
 結構効果があるんじゃないかなっと思うので、早速着てください。」

「・・・こんな、ひらひらした物を」

「折角準備したんだけどなー」

「くっ、分かった、着ればいいのだろう、着れば。ほれ、向こうを向いていろ。」

「ういー」

・・・・・・

「着たぞ・・」

「おぉ、似合う似合う。可愛いじゃないか」

「うるさい、黙っていろ」

「いや、本当に似合ってるから」

「・・ほ、本当か?」

「うん、本当」

「な、ならよい」

「じゃ、次のステップに行きましょう」

「はっ!?聞いてないぞ!?」

「言ってないからね。さて、『お帰りなさいませ、ご主人様』って言ってみようか。
 あ、もちろん、可愛くな?」

「な、主殿!そのような「あれれー?できないのかなぁー?」

「・・・やればいいのだろう!!やれば!!」

「じゃあ、張り切っていきましょー」

「くっ・・・ぉ、お、お帰りなさいませ、ご主人様♪」

「・・・・・・・・・・・・」

「な、なんだ、何とか言え」

「・・・・・・・ぃ」

「は?なんだと?」

「お持ち帰りぃぃぃぃぃいいいいいい!!!!!!」

「ぎゃーやっぱりぃぃぃ!!!!」

30分後、トキワの森で逆さ吊りにされているマスターが発見されました。 byロコン

追伸

「もう、ますたーはうわきばっかりでしょうがないひとですね」

「うん、ロコンさん、しみじみ言ってなくていいから助けてくれないかな?」

「い・や・で・す♪というか、おしおきです♪」

「え、ちょっと、なんで、笑顔なのに目だけ笑ってないのかな?怖いんだけどなー?」

「ていっ♪」

「あぁぁ!!??どくどくはらめぇぇぇぇぇぇ!!!」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。