1スレ>>272


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「昨日はよく頑張ったから、今日は一日自由行動だ」
「「「「「やったー!」」」」」

昨日、皆は本当に頑張った。まさか、俺がもえもんリーグマスターになるなんて思ってもみなかった。
今日は特別に一日休みにしてのんびりしてもらおう。
しばらくして…

「ご主人様?」
「ん?」
不意に呼び止められてその方を向くとリザードンがいた。
「隣…座っても良いですか?」
「うん、勿論」
「では…」
リザードンが隣に座った。
しばらくの沈黙の後に、リザードンが沈黙を破る。
「こうして二人きりになるの、久しぶりですね」
「ああ、凄く久しぶりだな…あれはまだヒトカゲの頃か」
「あの時は、まさかここまで強くなるとは思ってもみなかったです」
「そうだなぁ…これも皆の…特にリザードンのお陰たよ」
「ご主人様…」

リザードンは心の中で葛藤していた。

どうしよう、このままの関係の方が良いのかもしれない…
そのほうが、ご主人様に迷惑をかけないでしょう
でも…この気持ちを押さえることは出来ない…この感情を嘘にしたくない!
それに決めてたじゃない!
もし、ご主人様がリーグマスターになったら、この想いをつたえようって

…よし!



「ご主人様!」
「ん?どうした?」

「私、ご主人様に言いたかった事があるんです!」

「私、ご主人様の事が…!」






後書き
やっつけで書いた感があってすみません!超駄文です。叩くなり指摘するなりなんなりと
最初、どのポk…もえもんで書くか迷った挙げ句、リザードンにしました。
本家の初代、初プレイ時の私の相棒です。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。