4スレ>>74


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 俺は駆け出しにもなってないトレーナー。
 今日、オーキド博士にもえもんをもらって、ようやく駆け出しになるんだ。
 名前は……これ単発の話だから、言わなくても問題ないよね。
 アニメの主人公みたいに、わくわくで眠るのが遅かったけど、遅刻はしない。
 だって、絶対パートナーにしたいもえもんがいるから!
 それは、ヒトカゲ! 
 初心者トレーナーの手引書で、御三家として紹介されていた記事を見たときに、一目ぼれ。
 その日から、ヒトカゲと一緒に旅して、仲良くなって、それから……と妄想が広がり続けた。
 どこでも妄想に浸っていたおかげで、回りから変な目で見られたけど、ヒトカゲが可愛いから仕方ないんだ。
 回りは、わけわからんこと言うなって言ってたけど、ヒトカゲの可愛さがわからんとはけしからん。
 つい、言語にできてない奇声で、ヒトカゲの可愛さを表現しただけじゃないか。
 
「ヒトカゲください!」
 オーキド研究所に入るなり、願望や欲望、期待、妄想ごちゃ混ぜにして、大声出したら、大勢の注目集めた。
 なんでこんなに人数集まってんだ?
「あ~君、落ち着きなさい」
 白衣着た人が近寄ってくる。若いからたぶん博士の助手なんだと思う。
「落ち着いてなんかいられませんよ! 今日という日をどれだけ楽しみにしてたかっ!」
「うん、それはとてもよくわかる。たぶん、この中で一番気合が入ってるだろうね。
 でも、説明の始まる時間までまだあるから、それまで待っててくれないか」
 また待つのか……。仕方ないか、ここで我侭言ってヒトカゲをパートナーにできないなんて事態にならないようにしないと。
「わかりました」
「うん、あと三十分くらいだから、それまで大人しくね。
 それと、これを渡しとくよ」
 渡されたのは、15と書かれた紙。なんだろ?
 それにしても三十分かぁ、待ち遠しい。
 壁際に寄りかかって座る。暇だな~。
 時計を睨みながら待つ。ゆっくりと秒針が進み、時間が経つにつれて、十五人くらいだった人数が倍になっていった。
 もしかして、この場にいる全員がトレーナーになるのか?
 手引書には、同時期に旅立つのは、一人から三人くらいだって書いてあったぞ?

「はいはい、ちゅうもーく!」
 さっきの助手さんが、手を叩いて全員の注目を集める。
「オーキド博士から、説明があります。きちんと聞いてないと、困ったことになりますから、聞き逃しのないように」
「はじめまして、私がオーキドじゃ。
 これより、ここにいる全員にこれから一緒に旅に出るパートナーを渡そうと思う」
 待ってました! いよいよヒトカゲが嫁にくるのか!
 でもオーキド博士は、もえもんボール持ってないし、それらしきものはこの部屋のどこにもない。
 かわりに助手さんが、穴のあいた箱を持ってる。あとホワイトボードに、三十人のもえもんの名前が書かれている。
「ほんらいならば、ここで御三家とよばれる三人を連れてくるのじゃが、この場を見てもわかるように君たちは人数が多い。
 例年をはるかに超す人数じゃ。君たちの世代は、生まれた子が多いし、トレーナーになりたい子も多いみたいじゃな。
 そこで私たちは、あちこち走り回り、新米トレーナーのパートナーになってくれるもえもんを探し回った。御三家では、たりないからの。
 そのかいあってか、人数分のパートナーは用意できとる。パートナーがいないという事態にはならないから、心配せんでよい」
 なんだか嫌な予感がしてきた。
「パートナー選びじゃが、自由に選ぶ方法じゃと時間がかかるし、ほかの人と希望が被るかもしれん。
 そこで、こちらでくじを用意した。そのくじをひいて出たもえもんを、パートナーとしてほしい。
 こういった方法は、あまりよくないとわかっておるのじゃが、何せ君たちは人数が多いからの。例外的処置だと思ってほしい。
 パートナーと性格的に合わない場合は、きちんと考慮するから、申し出てほしい」
 くじ? それじゃ俺のヒトカゲが、ほかの誰かのパートナーになる可能性があるってこと?
 ちょっそりゃないぜ、とっつぁん。今日という日をどれだけ楽しみしてきたか。
 予想外のことが起きて、ほかにも何かを言っているオーキド博士の言葉を聞き逃す。
「それでは、渡された紙に書かれている数字順に、くじをひいてくれ」
 俺の嘆きなんか関係なく、くじびきが始まった。

 我が嫁ヒトカゲを迎え入れるには、三十分の一の確率を引き当てる必要がある。
 ん? いや、そうじゃないか。俺より前の人が、ヒトカゲを当てない可能性と、残ったもえもんの中から引き当てる確率だから……いくつだ?
 まあいいや、問題は俺のくじ運が悪いってことだ。
 以前から末吉、五等以上のくじを引き当てたことがない! 
 いやいや、今日この日のために、運を貯めてきたと考えるんだ! レッツポジティブシンキング!
 あとは祈れ! 前の人たちがヒトカゲ当てないように、自分が引き当てるように。
 祈りが神様に届いたのか、誰もヒトカゲを引き当てることなく、順番がきた。
 ただ、伝説もえもんのサンダーがいたような気がするのは、気のせいか? 祈るのに集中してて、よく見てなかったけど。
「紙をください。はい、15番で間違いないですね。では、どうぞ」
 箱を差し出される。
 今まで生きてきた中で、一番緊張する。震えそうな手を、箱にいれる。かさりと箱の中のくじに、指が触れる。
 ど、どれがヒトカゲなのか!
 迷う……迷う……迷う……くっどれもヒトカゲの気がしてきた。
「早くしてほしいんだが?」
 ま、待ってほしい。
 迷いすぎたのか、心の中で変な声が聞こた。
(お前のヒトカゲへの愛は、その程度なのかっ。嫁とまで言うのなら、確率くらい軽く乗り越えて、引き当てて見せろ!)
(お前は誰だ!)
(私のことなど、どうでもいい。今ここで重要なのは、お前の愛がヒトカゲに届くかどうかだ)
(俺の愛は本物だ!)
 俺の愛をなめるな! 感じるんだヒトカゲを、俺を待っているヒトカゲを。
 もしかしてこれか? 引いたくじはほのかの温かい。ほのおタイプだからか?
「これでお願いします」
 震える手で、ひいたくじを渡す。
「はい、えっと」
 心臓がすごい音をたててる。
 なぜだか、世界の動きがスローに。
 口の中はからからで、手は汗だく。
「……ヒトカゲですね」
「モウイチドオネガイシマス」
 聞き間違いじゃないよね!?
「ヒトカゲです」
「ぃやったああああぁぁっ!」
「お、おめでとう」
 俺のあまりの喜びように、助手さんは盛大にひく。
(おめでとう、これでお前の愛は本物だと証明された)
「ありがとうございます!」
 助手さんと誰か二人に、力いっぱい礼を言う。
「あちらで、ヒトカゲの入ったもえもんボールを受け取ってください」
 指示に従って、ボールと育て方などが書かれた冊子をもらう。
(よかったな)
(ああっ本当に!)
(これで私の役目は終った。お前があまりに迷いすぎて、うまれた人格は消える)
(お前、俺なの!?)
(そうだ。迷うお前に適当なこと言って、選択させるために生まれたのだ。
 人によっては、電波を受信したとも言う)
 さらりとおかしなことを言って、そいつは消えていった。
 えっと、のせられただけ? もしかしてヒトカゲ引き当てたの偶然?
 ま、まあいいよね。ヒトカゲがパートナーになるんだし。

「出てこいっ」
 研究所から出て、さっそくヒトカゲを出す。
 現れたのは、当然のごとくヒトカゲ。
 夢じゃないっ夢じゃないんだっ!
「ご主人様?」
 涙を流して、感動に打ち震える俺に、こわごわとヒトカゲが話しかけてくる。
「なんだいっ? 式場がどこがいいかは、ヒトカゲの意見も聞くよ!」
「式場?」
「ああっその前にご両親に挨拶に行かないと!」
「挨拶?」
 果てしなく暴走する俺に、ヒトカゲのひのこが炸裂するのは、十分後のことだ。
 この日から、ヒトカゲと俺のラブラブな日々が始まった。
 のちのヒトカゲの証言によると、すぐ暴走する俺に対しての突っ込みの日々だったらしいが。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。