4スレ>>110


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「うん、味付けはこれくらいでいいか」
「助けてマスター!」
 昼食の準備をしていた少年のもとに、相棒の助けを呼ぶ声が聞こえてくる。
「チコリータ!」
 声の聞こえてきたほうへ、少年は走る。
 小枝や雑草を払いのけて、藪を突っ切ると、澄んだ泉が見えた。
 その中央で、チコリータがバチャバチャと音を立てて、なんとか浮き上がろうとしている。
「マスター!」
「なんでいきなり溺れてんだ!?」
 そう突っ込みながらも、少年は泉に入っていこうとする。
 だが、それを邪魔するかのように、泉が眩しい光を放つ。
 少年は、光に目が眩んで、思わず足を止めた。その間に、チコリータは泉の中に沈んでしまった。
「チコリータ!」
 今ならまだ間に合うと、泉の中に入ろうとする少年。
 そのとき、再び泉に変化が起きる。ぶくぶくと泉の底から、気泡が湧き上がり、それに合わせるように、影が徐々に水面へと上がってくる。
 現れたのは、緊急の用事で出かけた泉の女神に、代理を頼まれたルギア。
「おぬしが落としたのは、こちらのベイリーフか、それともこちらのベイリーフ・ルイ・アームストロング少佐?」
 ルギアの両脇にベイリーフたちが並ぶ。
 ベイリーフの笑みには癒されるが、少佐のポージングはできるだけ直視したくない。
「両方とも違います」
「正直者には、両方差し上げましょう」
「いらん! 特に、少佐はっ。
 チコリータを返してくれ」
「私も正直、少佐と一緒にいるのがつらい。これ以上筋肉見たくない。
 チコリータ返すし、ベイリーフもつけるから、一緒に連れて行ってくれ」
「押し付ける気か!? 俺だっているかっこんな筋肉だるま!
 というか同種族三人も連れてどうしろと!?」
「お前が連れていかないと、私はもうしばらく一緒にいるはめになるんだぞ!」
「ずっとじゃないんだから、我慢してろよ!」
 しばらく二人の言い合いが続く。
 さんざんな言われようだが、少佐は気にすることなく、ポーズを取り続けている。
 ステータス画面で性格を見たら、寛容とか大物とか書かれているに違いない。もしかすると、ずぶといかもしれないが。
「とにかく」
 ルギアはそう言いながら、チコリータを泉から引っ張り出す。
「渡したからな」
 少年にチコリータを押し付けて、ルギアは泉の中に帰っていった。
 ベイリーフ二人は、水面に立ったままだ。
「置いてくなー! 持って帰れー!」
 水面に怒鳴っても、何の反応もない。ただ水面がゆらゆらと揺れるだけ。
 ちゃぽんと音のがした方向を見ると、蛙が出てきたところだった。
「チコリータ、昼ご飯たべよーかぁ」
「そ、そうですね」
 チコリータを抱いたまま、少年はベイリーフたちとは目を合わさず歩き出す。
 抱かれて後ろが確認できるチコリータは、ついてくるベイリーフたちが見えていた。
「マスター」
「ん? 昼は、スープとサンドイッチだぞ」
「そうじゃなくて」
「それじゃ、次はどこへ向かうか? そうだな……」
「そうでもなくて」
「それじゃ」
「マスター、気づいてるでしょ?」
 がさごそと、一人が歩くには多すぎる音がするから、気づかないほうがおかしい。
 それでも無視したいのだろう。少年はかたくなに、後ろを見ない。
 そのまま、もといた場所に戻ってきた。
 準備していた昼食を二人分並べる。
「いただきます」
「い、ただきます」
 目の前に座っている、ベイリーフたちをまるでいないかのように少年は振舞う。
 チコリータは、いいのかなと思っているが、どうしようもないので昼ご飯を食べることにした。
「少年よ」
 少佐が呼びかける。
 少年は、もぐもぐとサンドイッチをほおばる。
「少年よ」
 再度、呼びかけるが、少年はスープを飲む。
「聞こえてないのだろうか?」
「確実に聞こえてるだろ。ただ頑固なだけ」
「どうすべきか」
「こいつが、現実を認めるしかないだろ?
 マスター登録もされてるんだし」
 なにか噴出す音がした。
 そっちを見ると、少年がベイリーフたちを見ていた。
「マスター登録って……まじだ!? なんで!?」
 慌てて開いたもえもん図鑑の所有もえもん画面に、ベイリーフたちが追加されているのを見て少年が驚いている。
「あいつは、神と呼ばれるもえもんだからな。それくらいは朝飯前だ」
 少佐も肯定するように頷いている。
「んな理不尽な!」
「あははは、諦めろ」
「これから、兄妹ともどもよろしく頼む、主よ」
「お前ら家族かよ!?」
 比較的どうでもいいところに突っ込む。本題から目をそらしたいのか。
「即捨てる!」
 なぜか、腰に二つ増えてついていたもえもんボールを、森に投げ捨てる。
 ぽーんと藪に放り込まれたボールは、誰かが投げ返したように少年の前に落ちてきた。
 もう一回違う方向に投げても返ってくる。
「なんでだー!」
「あいつがそうなるように仕込んでた」
「私たちを大事にしてほしいと、願いを込められたのだ」
「願いじゃなくて、呪いだろぉっ!」
 そんな少年を妹ベイリーフは笑いながら、見ている。
「おもしろい奴だ、私は気に入った! 兄貴は?」
「私は、良く育てれたチコリータを見たときから、気に入っているが?」
「さすが兄貴。そんなわけで、これからよろしく」
 さすがに諦めたのか、少年は地面に両手両膝をつけて落ち込む。
 そこに少佐が、止めを刺した。
「我々は、レギュラーメンバーからも外せないので、注意してほしい」
 パソコンに放り込んでおくという希望もなくなって、地面に倒れこむしかなくなった少年。
 そんな少年をほおって、ベイリーフたちは、チコリータに昼食を出してもらっていた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。