4スレ>>125


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「納得いったり、いかなかったりだな」

 やることがなくて、暇つぶしにもえもん図鑑をいじくっていたトレーナー。
 暇は潰れたようだが、表情ははれやかではない。
 それを見て、仲間たちはなにがあったのかと、話しかけてくる。

「どうしたのさマスター」
「暇つぶしに、お前たちのステータスを見てたんだが、性格の部分で納得いったりいかなかったり」
「ふーん、例えば?」
「ルンパッパのようきは、ぴったりだな。これは納得いく」
「あいつら一族は、ようきとのうてんき以外似合いそうにないな。
 おしなしいルンパッパなんか、いないんじゃないか?」

 今も楽しそうに歌い踊るルンパッパを見て、全員が同じことを思った。
 大人しくできるルンパッパを見つけたら、世界的な発見じゃなかろうか。

「ナゾノクサのさみしがりや。これも納得いく。
 よく、くっついてくるし、いまだに一人じゃ寝られないし」
「それはマスターが、甘やかすからだろ。
 だからいまだに、一人寝もできないんだ」
「一人で寝ろって言ったときの、あの寂しそうな顔を見たら、誰だってしょうがないなって思うさ」

 それを繰り返して、ますます離れたがらなくなっていることに気づくのは、いつの日か。

「次はキュウコン、お前のすなお。お前のどこがすなおだ?」
「えー私すなおだろ? こうやって飾らずに反応返してるし」
「すなおって、もっとこう、おだやかで癖のない感じだと思う」
「わたしのすなおは、そこらのすなおとは、方向性が違うんだ」
「それって、すなおとは違うんじゃ?」

 思わずといった感じで、ナゾノクサが突っ込んだ。
 だが、小さな声だったので、気づかれることはなかった。

「最後に、ゴーストのおくびょう。性格はぴったりと思うけど」
「けど? どうしたんだ?」
「ゴーストって、訳すと幽霊だろ?
 どちらかっていうと、怖がられるほうだ。それなのに怖がりって、納得いかなくね?」
「それは、そうだな」
「そうですね」
「私もそう思うよ~♪」

 ゴースト以外全員一致で、意見がそろった。
 全員の視線が、ゴーストに集まる。

「理由を聞きたいです?」

 トレーナーたちが頷くと、ゴーストはためらうように口を開く。

「だって、首のない半透明なもえもんとか、宙に浮く血まみれの犬とか、昔の姿の人とか、うじゃうじゃ見えるですよ!?
 仕方ないでしょ!」
「そっか、そういったものが見えるんなら仕方ないって、見えてんの!?」
「いまもそこらへんに」
 
 大きな悲鳴が上がり、ゴースト以外全員が一箇所に集まって、抱きついている。

「冗談です」
「本当に!?」

 皆を代表して、真剣な表情のトレーナーが聞く。

「はいです」
「や、やっぱり図鑑に載ってる性格は、いまいち信用できないな。
 からかい好きとか、もっとたくさんの性格を入れときべきだろ」

 いっきに寒くなったもえもんたちは、トレーナーの言葉に頷いた。
 ちなみに、見えるのか、いないのか、どちらを冗談と言ったのかは、ゴーストだけの秘密。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。