4スレ>>212


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ドードリオ、ちょうど良かった。聞きたいことがあるんだ」
 トレーナーが、そばを通りがかったドードリオを呼び止める。
「なに?」
「その両手って何?」
 簡潔に聞くが、簡潔すぎてドードリオには。いまいち伝わっていない。
 不思議そうな顔をするドードリオを見て、トレーナーはもっと詳しく説明する。
「ドードーのときには、その両手のやつ持ってなかっただろ?
 それで、その使用法? 利用法? がよくわからなくてな」
 ああ、と納得した表情を見せるドードリオ。
「これはミトン」
「ミトン……ミトンって鍋つかみのことだよな?」
「うん」
「……」
「……」
 トーレナーは、じっとドードリオの目を見る。
 それに耐え切れなかったか、ドードリオはついっと目をそらして呟く。
「……冗談」
「ほんとは?」
「進化に必要らしくて、進化前にタマムシデパートで買ってきた」
「そんなのも売ってるんだあそこ」
「セットで三千円」
「安いのか、高いのか微妙だ」
 なんと言っていいのかわからない表情をするトレーナーを見て、ドードリオは、
「……二段ボケ」
 と言ってみたり。
「っておい!」
 思わず裏手突っ込み。
「お前の性格って真面目なはずだよな?」
「真面目だって、たまにはボケたいときもある」
「で、本当は?」
「トライアタックに必要」
「ああ、たしかにトライアタック使うとき、顔と両手から出してたなってまてい!
 ドードーのときは、それなくても使えてただろ! レアコイルだって、それなくて使ってるよ!」
 納得しかけて、進化前や仲間のことを思い出し、また冗談だとわかる。
 いい加減にせえよと、目は笑ってない、いい笑顔なトレーナー。
 ドードリオもえへらと笑い、そして逃げ出した。
 特性「にげあし」なだけあって、見事な逃走だ。
 それに追いすがるトレーナーも、いい脚を持っている。
 実のところ、ドードリオ自身もよくわかってなくて、誤魔化していただけ。
 それをトレーナーが知るのは、もう少しだけ時間がかかる。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。