4スレ>>216


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 並ぶ、ずいぶんと古ぼけた石碑。
 そのひとつひとつに一本の花を手向け、線香をひとつひとつ置いていく。
 はじめは両手いっぱいに持っていたはずの花束は、最早最後の一本を残すだけとなってしまった。
 毎回、我ながら酔狂で在ると思わざるを得ないが、かといってこの行事を止める事は無かった。
 此処は、彼女がかつて過ごした日々に想いを馳せられる、たった一つの場所だから。

 ――最後の石碑の前に立つ。
 ほんの少しだけ彼女の顔に影が差したが、それは一瞬のうちに掻き消え、笑顔を浮かべた彼は、他の石碑と同じように花を置いた。

 塔を出た彼女は振り返る。
 聳え立つこの塔は、今までいくつの魂を天へと還してきたのだろう?
 果たして、彼女が花を手向けた石碑の主たちは、無事に天へと還っていったのだろうか?



 空は、曇天。
 塔の先端は、遥かに遠く、霞んで見えない。



 塔から出て、センターへと向かう彼女に声をかける者がいた。

 「終わりましたか?」

 白髪の混ざり始めた初老の女性は、慰霊の塔の管理者、フジの名を継ぐ者だと彼女は知っている。
 静かに近づく気配に、振り返らず言った。

 「ええ」
 「毎度のこと、お疲れ様です」

 並んで歩く。
 そして歩くと彼女と女性は、まるで祖母と孫がつれたって歩いているように見えた。
 やがて前方にセンターが見えてくると、初老の女性は立ち止まり、彼女は歩き続ける。
 その距離が数歩離れた時、初老の女性は口を開いた。

 「後悔、していますか」

 ――距離が止まる。

 「あの頃に戻りたいとは、思いませんか」

 その問いに、彼女は心の機微に鋭い初老の女性に気づかれないくらい、わずか口の端を綻ばせた。
 変わらない。
 それは自分の中でずっと思い続けてきたけど、それでいてずっと否定し続けてきたことだから。

 「いいえ」

 ――変わらない。
 それはフジの名を継ぐ者たちが、彼女に一度は必ず言う言葉だったから。

 「覚悟はしていました」

 ――そして、今なお変わらない。返答の内容も、彼女の意思も。

 「いえ、今もしています。彼女とともに生きると決めた時から、ずっと」
 「……そうですか」

 初老の女性は、それから口を開こうとはしなかった。
 距離が再び動き出し、しかし再び止まることは無かった。




 そう、覚悟はしていたのだ。
 彼女と――ファイヤーと、同じ時間を生きる、そう決めた時から、ずっと。




 「ミズホ」

 センターの中から、炎を纏う彼女が現れ、小走りに近寄り抱きついてきた。
 ミズホはそんな彼女を抱き返し、肩を掴んで目をあわせられるくらい軽く離す。

 「もういいの?」
 「ええ」

 にっこりと微笑みかけて、今度は強く抱きしめる。
 ファイヤーは少しもぞもぞと動いたけれど、心地よい笑みを浮かべながら身体をゆだねた。
 他のもえもんは全てパソコンに預けてあるので、二人だけの空間だ。

 あの頃と変わらない紫苑の町、あの頃と変わらない自分たち。
 それだけのことだけど、だからこそ新しい仲間たちとは一線を画しておきたかった。
 今日この日、この場所は、輝かしかったあの頃の面影を色濃く残す日だから。

 どれだけの時間抱き合っていただろうか。どちらからでもなく自然と離れる二人。

 「さて、そろそろ行こうか。何時挑戦者が現れるとも限らないからね」

 そう言い、少し歩きながらファイヤーに目配せをした。しかし彼女は俯いたまま。
 少しだけ不安そうな曇った表情で。

 「ねぇ、ミズホ?」

 言葉も、同じように曇り空。

 「本当に後悔してないの?」

 距離は止まらない。

 「どうして?」
 「今日のミズホはいつもより無理してるから」
 「そう? そうでもないよ」
 「してる。だって……」

 ――今日は、フシギバナちゃんの命日でしょ?
 そう彼女が言い留めたのが、パートナーとして以上の繋がりを持つミズホには容易に感じ取れた。
 容易に感じ取れたけれど、あえてミズホは聞く。

 「だって、何?」
 「……」
 「黙ってちゃわからないよ? だって、何?」
 「……ずるいよ、わかってるくせに」

 そう、分かっている。自分も、彼女も。どちらの想いも。
 答えが出たことを理解して、ミズホは答えた。

 「後悔は――してるよ」

 答えた言葉の裏、ファイヤーが哀しむのが手に取るように分かる。
 しかしこの言葉はかっこつけでも何でもない――本心からの言葉だった。
 曇天を仰ぎ、遠き日を省見る。

 自分たち以外のものが老いて行く、朽ちて行く、また死んでいく姿を、あまりにも多く見てきた。
 自分たち以外のものが自分たちに向けた、その多種多様な感情の波を、よく見てきた。
 それらは、彼女と同じ時間を歩み始めたばかりのミズホには、到底耐え難いものであった。

 されど、耐えてきた。
 否、耐えるしか道はなかったのだ。狂わないために、ただ狂わないためだけに。
 見知った顔の死を重ねるたび、慣れた。
 向けられる感情は、やがてそこから好奇心が消えることで、風化していった。
 慣れるたび、風化するたび、自分の中から感情が薄れていく事が分かった。
 何でも耐えられると思った。本気でそう思っていたのだ。

 だが――。

 「だけど、戻りたいとは、思わない」

 後ろを向いて、まっすぐに見つめる。

 「思っては、いけないんだ」

 この言葉は、最後に逝った彼女への誓い。
 この言葉は、くじけそうになった、自分への戒め。
 そして――ファイヤーに対する、変わらぬ愛のために。

 「だから――立ち止まってはいけないんだ」

 距離が動き出す。ゆっくりと、やがて二倍の速度で。
 再び抱きしめあう二人。つながった想いだけでは見えないものを確かめるため、しっかりと。



 「……それじゃ、そろそろ行こうか。頼める?」
 「うんっ……任せて、ミズホ!」

 そして、火の鳥が飛び立つ。
 向かう先はセキエイ高原――セキエイリーグ。








 カントー地方のマサラタウンに住んでいた少女は、旅の果て訪れた灯火山で、運命的な出会いを果たす。
 やがてチャンピオンとなった少女は、チャンピオンで在り続けた。
 数百年間、王座に陣取り続けた彼女を、人は尊敬と畏怖をこめて「火の鳥の申し子」と呼んだ。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。