紹介文の一例


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

紹介文の書きかた、書く事に困った方などは、以下の例文を参考にしていただけるとよいかと思われます。



例1【推薦人:ぺる】

ペルシアン   ♀  一人称「私」 
萌えもん学園3年  所属:生徒会会計所属 バレーボール部所属

役職:会計 成績はトップクラス、運動能力も抜群な文武両道。
一人称は「私」得意教科は数学、英語、体育。唯一苦手な教科は国語、それも古典、漢文。
さらに漢字に若干弱い。性格は人懐っこく誰にでも軽いノリで話しかけるなれなれしい正確だが、
自分のことに話題が向くと不得意で、プライドの高さは時に冗談も通じなくなる時がある。
後輩からの信頼も厚いほうだが、敵も作りやすい性格なのは仕方の無い事実。
特に同じ(自分でそれを誇示することはあまり無いが)、
資産家のお嬢様であるカイオーガ嬢をライバル視するきらいがある。
部活はバレー部に所属。その驚異のジャンプ力を駆使し、顧問からも一目置かれる存在。
キャプテン(未設定)やエース(未設定)と時折…特に試合前練習では口論になることも多い。
男子からの受けはよいほうであるが、あまりにもタチの悪そうな男どもにまで絡まれるので、
異性に対するイメージは割と硬い方。自分の色恋沙汰でなければよく男子の恋路をからかっている。
卒業後の進路に関しては既に私立の大学に決まっており、自分のやりたいことを見据えているようだが、
心のうちでは自分の道が本当に正しいのかどうか、わずかに心の濁りを拭いきれない部分もある。

ペルシアンから見た役員達の印象について

会長 サンダー
基本的には仲がよく、会長の意向には逆らわない。副会長との意見の違いにより頭脳が混乱した場合、
最初に自体を仲裁しに入るのも彼女の役割である。

副会長 ハピナス
からかったりは決してしない。彼女の本質をよく理解している。本人が熱くなると、彼女の仲裁にも
耳をかさずに、しまいには彼女の武力行使(?)によって毎回痛い目を見る。

書紀 ポニータ
いじりのターゲット。気持ちが沈んでいるときには互いに励ましあったりもする良好な関係。
彼女の恋のネゴシエーター的な役割であるのではないかという噂もちらほらと…

庶務 シャワーズ
いじりのターゲットその2。ポニータ嬢が恋的な絡みとしたら、こちらは性的な絡みが多い。
ペルシアンが彼女の乳を羨ましがったり、羨ましがったり、羨ましがったり……

庶務 スターミー
いじり仲間(?)時折ペルシアンの絡みに便乗したりする。あるいはペルシアンをいじろうと
虎視眈々と狙っている。その逆もしかり。お互い隙を見せないようにわずかながら警戒。


ペルシアンから見た先生達の印象について

担任:国語:ピジョット
仲がいいらしい。進路相談で涙を晒した事もある。
1年から2年の前半までは特にこれといった交流も無かったが、進路や自分の国語の成績の相談をすることに
よって、教師への信頼を徐々に覚えはじめた、彼女にとって恩師と呼べる存在に将来なるであろう事は確実。
現在ではすっかり友達感覚。度がすぎて頭を叩かれることもあるようだが。

                                  【ぺる】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。